Warning: Declaration of KtaiService_Other::in_network($allow_search_engine = false) should be compatible with KtaiServices::in_network($networks = NULL, $allow_search_engine = false) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php on line 2459

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_search() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_where() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_fields() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_request() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php:2459) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 3312
ゲーム, メモ, | 東大島に暮らすWEBディレクターブログ ~ 東大島から情報発信中! ~

カテゴリー: ゲーム, メモ,

ゲームの開発者はゲームの中毒性に対して法的責任を追わなければならないのか?

ゲームの開発者はゲームの中毒性に対して法的責任を追わなければならないのか?

2018年6月に世界保健機関(WHO)が、ケガや病気を分類する国際的なガイドライン「疾病及び関連保健問題の国際統計分類」の第11版(ICD-11)で、日常生活に支障が出るほどゲームに夢中になってしまう「ゲーム障害」を新しい病気として追加しました。ゲームに中毒性が認められた場合、ゲームの製作者やアプリの開発者に法的責任が問われるのか、インターネットやゲーム業界の法律的な問題を扱うブログInternet&Social Media Law Blogで弁護士のアリソン・セリック氏が言及しています。

続きを読む…

ゲームの開発者はゲームの中毒性に対して法的責任を追わなければならないのか?

ゲームの開発者はゲームの中毒性に対して法的責任を追わなければならないのか?

2018年6月に世界保健機関(WHO)が、ケガや病気を分類する国際的なガイドライン「疾病及び関連保健問題の国際統計分類」の第11版(ICD-11)で、日常生活に支障が出るほどゲームに夢中になってしまう「ゲーム障害」を新しい病気として追加しました。ゲームに中毒性が認められた場合、ゲームの製作者やアプリの開発者に法的責任が問われるのか、インターネットやゲーム業界の法律的な問題を扱うブログInternet&Social Media Law Blogで弁護士のアリソン・セリック氏が言及しています。

続きを読む…

ゲームの開発者はゲームの中毒性に対して法的責任を追わなければならないのか?

ゲームの開発者はゲームの中毒性に対して法的責任を追わなければならないのか?

2018年6月に世界保健機関(WHO)が、ケガや病気を分類する国際的なガイドライン「疾病及び関連保健問題の国際統計分類」の第11版(ICD-11)で、日常生活に支障が出るほどゲームに夢中になってしまう「ゲーム障害」を新しい病気として追加しました。ゲームに中毒性が認められた場合、ゲームの製作者やアプリの開発者に法的責任が問われるのか、インターネットやゲーム業界の法律的な問題を扱うブログInternet&Social Media Law Blogで弁護士のアリソン・セリック氏が言及しています。

続きを読む…

虚偽の通報で無関係の人がSWATに誤射殺された事件で起訴された関係者に同様の前科が発覚、有罪であれば一生を刑務所で過ごすことに

虚偽の通報で無関係の人がSWATに誤射殺された事件で起訴された関係者に同様の前科が発覚、有罪であれば一生を刑務所で過ごすことに

オンラインゲームでの口論がきっかけとなり、虚偽の通報を行って相手の家を特殊部隊SWATに包囲させるスワッティング(swatting)という悪質ないたずらが行われ、その結果カンザス州ウィチタに住む無関係の25歳青年が射殺されるという事件が起こりました。虚偽の通報を行った男は既に逮捕・起訴されていますが、トラブルに直接関わっていたゲーマーがこの男に虚偽の通報をするよう指示したとして起訴されました。

続きを読む…

パリには懐かしのレトロゲームを売るゲームショップが密集した通りがある

パリには懐かしのレトロゲームを売るゲームショップが密集した通りがある

近年はeスポーツが世界的に大きなムーブメントになるなど、ゲーム愛好家は世界中に存在します。当然ゲームショップも世界中に存在し、おしゃれなイメージの強いパリの町中にも、多くのゲームショップが並んだ通りがあるそうです。ライターのJason Schreierさんがパリで撮った写真には、ヴォルテール大通りのゲームショップで売られているさまざまなゲームやグッズが写っています。

続きを読む…

パリには懐かしのレトロゲームを売るゲームショップが密集した通りがある

パリには懐かしのレトロゲームを売るゲームショップが密集した通りがある

近年はeスポーツが世界的に大きなムーブメントになるなど、ゲーム愛好家は世界中に存在します。当然ゲームショップも世界中に存在し、おしゃれなイメージの強いパリの町中にも、多くのゲームショップが並んだ通りがあるそうです。ライターのJason Schreierさんがパリで撮った写真には、ヴォルテール大通りのゲームショップで売られているさまざまなゲームやグッズが写っています。

続きを読む…

ゲームのやり過ぎからプロゲーマーを目指す男性が彼女に日本刀で斬られる

ゲームのやり過ぎからプロゲーマーを目指す男性が彼女に日本刀で斬られる

アメリカの警察は2018年3月上旬、日本刀でボーイフレンドを斬りつけたとして、殺人未遂容疑でワシントン州に住む30歳の女性を逮捕しました。女性が警察に語った動機には、「あまりにも『PUBG』というゲームに熱中しすぎていたから」というものも含まれています。

続きを読む…

暴力的なゲームの規制を主張するトランプ大統領陣営の主張の数々

暴力的なゲームの規制を主張するトランプ大統領陣営の主張の数々

アメリカで多発する銃乱射事件に反応し、「暴力的なゲームが銃乱射事件を引き起こす」として過激な暴力表現を含むゲームを規制するよう主張しているトランプ大統領が、2018年3月8日に議員やゲーム業界の幹部を招待した会議をホワイトハウスで開催しました。会議の場に参加した専門家の一人、デイブ・グロスマン氏は「強硬なゲーム規制派」として知られる人物です。

続きを読む…

奇行に走るルームメイトを「ゼルダの伝説」のマスターソードで殴った男性が逮捕される

奇行に走るルームメイトを「ゼルダの伝説」のマスターソードで殴った男性が逮捕される

アメリカ・アラスカ州のアンカレッジに住む22歳の男性が、アパートに一緒に住んでいたルームメイトと戦闘になり、ゼルダの伝説シリーズに登場する勇者の剣「マスターソード」のレプリカで殴打するという事件を起こしました。

続きを読む…

ゲーム上の口論を発端に全く関係ない第3者が警察に射殺された事件で偽の通報をした人を逮捕、ただし容疑者はまだ存在する可能性あり

ゲーム上の口論を発端に全く関係ない第3者が警察に射殺された事件で偽の通報をした人を逮捕、ただし容疑者はまだ存在する可能性あり

2017年12月、人気FPSゲーム「Call of Duty(コール オブ デューティ)」のオンライン対戦中に始まった口論を発端に、対戦とは全く関係のない第3者の住所に警察が派遣され、住人が射殺されました。この事件において警察に通報しSWATの出動を要請した男が逮捕・起訴されました。

続きを読む…

「ポケモンGO」登場から148日間で交通事故により最大8000億円の損害が出たという研究結果が発表される

「ポケモンGO」登場から148日間で交通事故により最大8000億円の損害が出たという研究結果が発表される

スマートフォン向けゲーム「Pokémon GO(ポケモンGO)」は、リリースされてから1年以上が経過してもなお根強い人気を誇り、2017年11月24日~26日に鳥取砂丘を舞台として開催された「Pokémon GO Safari Zone in 鳥取砂丘」には3日間で約8万7000人が参加しました。しかし、ポケモンが欲しくて無茶をしてしまう人も少なくなく、ポケモンGO登場から148日間に起きた交通事故による損害は全米で最大8000億円規模にも上るという研究結果が発表されています。

続きを読む…