カテゴリー: サイエンス,

呼吸を意志的に操作することで脳を変えることができると脳神経学者が電極を脳にさして観察

呼吸を意志的に操作することで脳を変えることができると脳神経学者が電極を脳にさして観察

呼吸は基本的に脳幹によって自動的に制御され心拍や眠りに影響を与えますが、人間は意識的に呼吸を変えることが可能です。「自発的に呼吸のペースを変える」という能力を持たない動物も多い中で、なぜ人間が意志で呼吸を変えられるのかは2017年時点では不明のまま。人間の呼吸法と脳の関わりについてはこれまでも研究が進められてきましたが、新たに行われた研究では、脳スキャンではなく「脳に直接的にアクセスして変化を観察する」という方法が取られました。

続きを読む…

核融合発電の最大の障壁「ヘリウムバブルによる金属脆化」を解決する構造が初めて発見される

核融合発電の最大の障壁「ヘリウムバブルによる金属脆化」を解決する構造が初めて発見される

次世代のエネルギー源として研究が進められている核融合の技術をまた一歩前に進める発見がもたらされています。アメリカのテキサスA&M大学が中心になって行われた研究からは、核融合発電技術の大きな障害になっていた金属素材が脆(もろ)くなってしまう問題「ヘリウムバブルによる金属脆化」に対する高い耐性を持つ構造が発見されました。

続きを読む…

2018年は大地震が多発すると地質学者が警告、その理由とは?

2018年は大地震が多発すると地質学者が警告、その理由とは?

「2018年に大地震が多発する」明確な理由があることが、地質学者の研究論文で発表されました。その原因は「地球の自転速度の減少」だそうです。

続きを読む…

「世界初の人体頭部移植に成功」とイタリア人医師が中国で主張、しかし疑念の声は消えず

「世界初の人体頭部移植に成功」とイタリア人医師が中国で主張、しかし疑念の声は消えず

かねてより人間の頭部を手術で別の体に移植するプロジェクトを進め、賛否両論で議論を巻き起こしてきたイタリア人医師のSergio Canavero氏が、中国において世界初の頭部移植に成功したと発表しました。

続きを読む…

地球で生命が生まれたのと同じ環境が土星の衛星「エンケラドゥス」に存在すると最新研究で発表

地球で生命が生まれたのと同じ環境が土星の衛星「エンケラドゥス」に存在すると最新研究で発表

二酸化炭素・メタン・水素が存在し、生命体生存の条件がそろっていると報告されていた土星の衛星・エンケラドゥスの深海に熱水噴出孔が存在すると研究者らが発表しました。地球上の生命は熱水噴出孔で化学反応が起こったことから始まったと言われているため、この研究結果によってエンケラドゥスでも微生物が進化した可能性が大きくなっています。

続きを読む…

ビル・ゲイツが総額113億円をアルツハイマー病の研究に投資

ビル・ゲイツが総額113億円をアルツハイマー病の研究に投資

快感を保つ「次世代コンドーム」の開発や農村部に対する10万羽の鶏の寄付など、研究への投資や慈善活動に力を入れているMicrosoft創業者のビル・ゲイツ氏が、アルツハイマー病の研究促進を目的として新たに民間ファンドへの5000万ドル(約57億円)の投資を含めた総額1億ドル(約113億円)の私財投資を発表しました。

続きを読む…

視覚的な認識能力はIQとは一致しない

視覚的な認識能力はIQとは一致しない

認知にまつわる能力はこれまで知能と関連があると考えられてきましたが、ヴァンダービルト大学心理学科のIsabel Gauthier教授らが視覚的な認識能力を測定するテストを考案して実施したところ、その結果はIQとは一致しないものであることがわかりました。

続きを読む…

脳はアメフトをプレイすることでここまで変わってしまう

脳はアメフトをプレイすることでここまで変わってしまう

殺人事件で逮捕され2017年4月に刑務所内で自殺した元アメリカンフットボール選手の脳を切り開いて調査したところ、行動や意志決定をコントロールする部位を大きく損傷していたことが分かりました。

続きを読む…

中国が地球外生命体と最初に接触したら何が起こるのか?

中国が地球外生命体と最初に接触したら何が起こるのか?

世界最大500メートル電波望遠鏡「FAST」が2016年に中国・貴州省に完成し、中国を拠点とする地球外生命体の探査が本格化しました。2017年時点で地球外生命体が観測されたという報告は上がっていませんが、「中国が地球外生命体とコンタクトを取ったら」というSF小説が、オバマ大統領やFacebookのマーク・ザッカーバーグCEOに絶賛され、話題になっています。世界で最初に中国が地球外生命体と接触したら何が起こるのか?ということが、作者のインタビューによって語られています。

続きを読む…

「どんな言葉を使うか?」からストレスに対する体の隠れた反応が明らかに

「どんな言葉を使うか?」からストレスに対する体の隠れた反応が明らかに

人間が使用する言葉の変化から、「生理的なストレスを明らかにすることができる可能性がある」ということをアメリカ科学アカデミー紀要に掲載された研究結果が明らかにしています。研究では、無作為に収集されたオーディオクリップの中から特定の言葉を追跡することで、ストレスに関連する遺伝子発現の変化を見つけることに成功し、発声パターンを解析することで話者本人によるストレスレベルの評価よりも正確に生理的変化を予測することに成功しています。

続きを読む…

ホーキング博士いわく「地球は今後600年で『火の玉』になるだろう」

ホーキング博士いわく「地球は今後600年で『火の玉』になるだろう」

理論物理学者のスティーヴン・ホーキング博士が北京のイベントで、「2600年までには地球は火の玉になる」という内容を発言しました。

続きを読む…

大気の中にある「見えない川」が干ばつや洪水を引き起こしていることをNASAが解明へ

大気の中にある「見えない川」が干ばつや洪水を引き起こしていることをNASAが解明へ

世界では雨が降らないことで引き起こされる「干ばつ」や、逆に雨が降りすぎることで起こる「洪水」の被害がたびたび起こっていますが、その原因の一つが大気の中を大規模に移動する水蒸気の「川」であることをNASAが明らかにしはじめています。

続きを読む…

患者が薬を自作できるようにする「バイオハッキング」を世界に発信する目的とは?

患者が薬を自作できるようにする「バイオハッキング」を世界に発信する目的とは?

個人や小規模の組織が伝統的な研究機関によらずに生物学や生命科学を学び、研究を行うバイオハッキングのムーブメントが近年大きくなっており、日本でもブームとなったバターコーヒーを提案したデイヴ・アスプリー氏もバイオハッカーを自認しています。そんなバイオハッキングの1つとして、患者が薬を自作できるように情報を発信するのがマイケル・ローファー氏。「製品」ではなく「情報」を発信している以上、アメリカ食品医薬品局(FDA)も取り締まれないというローファー氏の目的は何なのか、医学・健康関係ニュースサイトのSTATがその目的とビジョンに迫っています。

続きを読む…

人間が永遠に生き続けることは数学的に「不可能」

人間が永遠に生き続けることは数学的に「不可能」

この数百年の間に人間の寿命は大きく伸び、「老い」そのものを避けるとう研究も進んでいることから、いつか人間は永遠に生きられるようになるのでは?という考えを抱いている人もいるはず。しかし、アリゾナ大学の研究者らは、最新の研究結果で「数学的・論理的に見て死は避けられない」と伝えています。

続きを読む…

「我々は数十年間、この日を待っていた」、太陽系の外から飛来したと考えられる謎の天体を確認

「我々は数十年間、この日を待っていた」、太陽系の外から飛来したと考えられる謎の天体を確認

太陽系の外からやってきたと思われる謎の天体の存在が確認されました。惑星や彗星が恒星間を移動し太陽系を通過するという可能性は理論としては存在したものの、これまでは確認されたことがありませんでした。地球近傍天体研究センターのポール・チョーダス氏は「我々は数十年間、この日を待っていた」と語っています。

続きを読む…