Warning: Declaration of KtaiService_Other::in_network($allow_search_engine = false) should be compatible with KtaiServices::in_network($networks = NULL, $allow_search_engine = false) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php on line 2459

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_search() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_where() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_fields() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_request() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php:2459) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 3312
サイエンス, メモ, | 東大島に暮らすWEBディレクターブログ ~ 東大島から情報発信中! ~

カテゴリー: サイエンス, メモ,

110億円規模のアルコール飲用に関する大規模研究が中止、アルコール飲料業界からの資金提供問題で

110億円規模のアルコール飲用に関する大規模研究が中止、アルコール飲料業界からの資金提供問題で

アメリカ国立衛生研究所(NIH)では1億ドル(約110億円)もの大金を投じて、アルコールを毎日飲み続けたらどうなるのかという臨床試験が行われていました。しかし、研究者に対してアルコール飲料業界が資金の便宜を図ったという報道がされたことで、NIHは内部調査を実施。そして、不適切な事実が明らかになったとして、研究を中止すると発表しました。

続きを読む…

大昔に世界中の男性が大量死していた理由が遺伝子の研究で明らかにされる

大昔に世界中の男性が大量死していた理由が遺伝子の研究で明らかにされる

約5000年前~約7000万年前の間にアジア、ヨーロッパ、アフリカに住む男性の大半が死亡している時代があり、女性17人に対して男性が1人しかいなかったことがわかっています。「なぜ、このような状況に陥ってしまったのか?」という疑問に多くの研究者を悩ませることになりましたが、スタンフォード大学で遺伝学の教授を務めるマルクス・フェルドマン氏らの研究で理由が明らかにされました。

続きを読む…

液体を噴出するスプレーボトルはどのようにして内部の流体を噴出するのか?

液体を噴出するスプレーボトルはどのようにして内部の流体を噴出するのか?

スプレーボトルとは電気や圧縮空気といった動力を必要とせずに、レバーを引くことでボトル内にためた液体をノズルから噴出するボトルのこと。そんなスプレーボトルを解体して調べた仕組みを、エンジニアのアレックス・エリスさんが自身のブログで解説しています。

続きを読む…

イースター島の滅亡事例をもとに「惑星文明の滅亡モデル」が作られる

イースター島の滅亡事例をもとに「惑星文明の滅亡モデル」が作られる

太平洋上に浮かぶイースター島は巨大な石像のモアイ像があることで有名であり、環境破壊から資源の枯渇が引き起こされ、19世紀半ばに文明が滅亡したことが知られています。 そんなイースター島文明の滅亡事例をもとに「文明の滅亡モデル」を作り出した天体物理学者は、「地球外惑星に住んでいた宇宙人は気候変動によってすでに滅亡している可能性がある」と語っています。

続きを読む…

突如「天才」としての能力が開花することがあるのはなぜなのか?

突如「天才」としての能力が開花することがあるのはなぜなのか?

一般に「天才」と呼ばれるような人たちは、生まれつき持っているものが違うのではないかと思われがちです。ところが、頭部への外傷がもとで突如「天才」としての能力が開花する事例がいくつか確認されており、「脳の損傷が原因で天才が誕生することもある」といわれています。

続きを読む…

トランプ大統領の握手から垣間見える人間が無意識に展開する「パーソナルスペース」とは?

トランプ大統領の握手から垣間見える人間が無意識に展開する「パーソナルスペース」とは?

人は誰しも、他人とコミュニケーションを取る時のちょうどいい距離感となる「パーソナルスペース」を無意識に持っています。パーソナルスペースの概念は心理学の世界で50年以上前に提唱され、膨大な心理学実験と最新の脳科学研究が進んだことでさまざまなことがわかってきたと、トランプ大統領の握手の例を交えてプリンストン大学の心理学・脳科学教授を務めるマイケル・グラツィアーノ氏が解説しています。

続きを読む…

教科書から「進化論」が消えようとしている、原因は「聖書に矛盾するから」

教科書から「進化論」が消えようとしている、原因は「聖書に矛盾するから」

アメリカ・アリゾナ州で教育指針が見直されて、教科書から「進化論」に関する記述が消えようとしています。原因には、進化論に矛盾する聖書の存在があるようです。

続きを読む…

高額すぎる購読料を嫌ってエルゼビアなどとの論文購読契約を打ち切る大学が続出

高額すぎる購読料を嫌ってエルゼビアなどとの論文購読契約を打ち切る大学が続出

ヨーロッパを中心に、大学図書館などで出版社との科学誌購読契約の見直し交渉が行われています。これは近年高騰する科学誌の購読料を嫌い、大学図書館などの大口顧客がエルゼビアなどの大手出版社に購読料の大幅減を迫り交渉を続けているもので、ドイツでは200近い研究機関がエルゼビアとの契約更新を全面的に取りやめるなど、やり取りは激しくなってきています。出版社に購読料の引き下げを求める運動は、だれでも論文にアクセスできる「オープンアクセス(OA)」を求める動きとなりヨーロッパを中心に勢いを増しています。

続きを読む…

仕切りのない「オープンオフィス」がもたらす不快感を軽減するにはどうすればいいのか?

仕切りのない「オープンオフィス」がもたらす不快感を軽減するにはどうすればいいのか?

オフィス内を仕切る壁を取り払い、自分の席からオフィス全体が一望できる作りの「オープンオフィス」は、従業員に開放的な印象を与える近代的なオフィスのスタイルとして注目されてきました。一方で、「オープンオフィスは気が散る」「生産性が低下する」といった不満を訴える従業員も存在し、近年では「どうやってオープンオフィスの不快感を軽減するのか?」という研究が行われるほどになっています。

続きを読む…

テスラが主張する「オートパイロットは一般の車よりも3.7倍安全」という主張をデータサイエンティストが詳細に分析

テスラが主張する「オートパイロットは一般の車よりも3.7倍安全」という主張をデータサイエンティストが詳細に分析

ドライバーに替わって自動車を走らせてくれる自動運転機能「オートパイロット」の使用中に事故を起こしてドライバーが死亡した事件を受け、テスラはこの機能によって死亡事故が起こる確率は低く、一般の自動車における統計データ「8600万マイルあたり1回(約1億4000万kmあたり1回)」に比べて3.7倍安全であると主張しています。しかしこのデータに関しては批判的な見方を示す専門家も存在しており、データサイエンティストのブリンダ・A・トーマス博士はテスラが公表しているデータを詳細に調査して分析するエントリをMediumに投稿しています。

続きを読む…

脳をブーストさせ知能を高める5つの方法

脳をブーストさせ知能を高める5つの方法

身体のエネルギーをどのように配分するかを決めるのは「脳」ですが、脳は筋肉などの他の器官に比べて優先的に脳自身にエネルギーを分けようとすることが確認されています。このような「自己中心的な脳」のおかげで人類は大きく進化したという説がある中で、より一層、脳を活性化させて知能を高める方法が科学者によって提案されています。

続きを読む…

ビル・ゲイツ氏がトランプ大統領の科学アドバイザーの座を断る、「私の時間のいい使い道ではない」

ビル・ゲイツ氏がトランプ大統領の科学アドバイザーの座を断る、「私の時間のいい使い道ではない」

ビル・ゲイツ氏がトランプ大統領とホワイトハウスで2018年3月に会談したことが、STATのインタビューで明らかになりました。その中でゲイツ氏はトランプ大統領の科学アドバイザーになるかどうかを尋ねられ、断ったとのことです。

続きを読む…

気候変動により「気候の分かれ目」とされていたラインがどんどん東へと移動している

気候変動により「気候の分かれ目」とされていたラインがどんどん東へと移動している

北アメリカ大陸の中西部には、南北へ広がる広大な台地上の平原「グレートプレーンズ」があります。グレートプレーンズの東端と長年言われ続けてきたのが、ちょうどアメリカ合衆国を東西に分断するように引かれた「西経100度」のラインであり、乾燥したアメリカ西部と湿ったアメリカ東部を区別する、「気候の分かれ目」とされてきました。「気候の分かれ目」とされてきました。近年盛んな気候変動により、この「気候の分かれ目」が東へと移動していると報じられています。

続きを読む…

太陽光発電の大規模展開に立ちはだかる壁「ダックカーブ現象」とは?

太陽光発電の大規模展開に立ちはだかる壁「ダックカーブ現象」とは?

再生可能エネルギーである太陽光を利用した太陽光発電は、近年の研究で次第に発電コストも低下してきており、環境に負荷を与えにくい発電方法として注目を集めています。そんな太陽光発電ですが、大規模展開に伴って「ダックカーブ現象」という問題が発生することがわかっており、研究者たちはあの手この手でダックカーブ現象を解決しようと模索しています。

続きを読む…

成績の悪い学生は日常の睡眠サイクルと講義の時間割がズレているという調査結果

成績の悪い学生は日常の睡眠サイクルと講義の時間割がズレているという調査結果

朝や日中の授業中は眠くて真面目に勉強ができないのに、家に帰って夜になると急に元気が出てくる、という人は少なくないはず。そんな人たちの実感を裏付ける、「睡眠サイクルのズレと学校の時間割のズレが、成績の低迷に関連している」という調査結果が発表されています。

続きを読む…