Warning: Declaration of KtaiService_Other::in_network($allow_search_engine = false) should be compatible with KtaiServices::in_network($networks = NULL, $allow_search_engine = false) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php on line 2459

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_search() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_where() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_fields() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_request() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php:2459) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 3312
サイエンス, 生き物, | 東大島に暮らすWEBディレクターブログ ~ 東大島から情報発信中! ~

カテゴリー: サイエンス, 生き物,

DNA検査企業が犬のDNAを分析して「先祖はカナダ先住民」という検査結果を出してしまう

DNA検査企業が犬のDNAを分析して「先祖はカナダ先住民」という検査結果を出してしまう

DNAを検査して先祖のルーツを分析してくれるDNA検査企業に「ペットの犬のDNA」を分析させたところ、「ルーツの20%はカナダの先住民である」という検査結果が出てしまったと報じられています。

続きを読む…

ミツバチは「ゼロ」の概念を理解できると判明

ミツバチは「ゼロ」の概念を理解できると判明

「0(ゼロ)の発見」は数学の世界だけでなく科学の世界を広げ、人類の発展に大きく寄与した重要な科学的偉業です。人間など限られたごく一部の生物にのみ理解できると考えられてきた「ゼロの概念」について、ミツバチも理解できることが発見されています。

続きを読む…

私たちが見ている光景をペットはどのように見ているのか?

私たちが見ている光景をペットはどのように見ているのか?

人間は他の動物よりも色を識別したり暗い場所で物を見たりすることが不得意だと言われていますが、デューク大学の研究者らはホ乳類・昆虫・魚など約600種の生き物の視力について調査を行い、「鋭敏さ」という点で人間の視力が優れていることを示しました。デューク大学の研究者は、さまざまな動物が取り入れる視覚がどのようなものかを画像で示すソフトウェアを開発しています。

続きを読む…

なぜ清潔に保たれているはずのクリーンルーム内でも微生物が繁殖してしまうのか?

なぜ清潔に保たれているはずのクリーンルーム内でも微生物が繁殖してしまうのか?

異物の混入や細菌による汚染が許されない作業が行われるクリーンルームでは、空気が清浄に保たれ、空間内に持ち込まれる物品に対しても高い清浄度が要求されます。人間も専用のクリーンウェアを身につけなければ入ることができないクリーンルーム内で、「なぜか微生物が発見される」という不思議な現象が以前から確認されており、そのメカニズムを研究者が明らかにしました。

続きを読む…

「タカのミイラ」とされていたものの正体が実は無脳症の胎児のミイラだったことが判明

「タカのミイラ」とされていたものの正体が実は無脳症の胎児のミイラだったことが判明

2100年前にエジプトで作られた「鷹(タカ)のミイラ」とされていたミイラが、実は無脳症で死産してしまった胎児のミイラだったことが超高解像度のCTスキャンを使った調査から明らかになりました。

続きを読む…

人類の火星定住にはいろんな意味での危険が存在、しかしその先には「新しい人類」が生まれる可能性も

人類の火星定住にはいろんな意味での危険が存在、しかしその先には「新しい人類」が生まれる可能性も

かつてはSF小説の中だけの世界と思われていた「火星旅行」または「火星移住」が、いよいよ現実の出来事として検討することが必要な段階に入っています。地球の重力の中で進化を続けてきたヒトなどの生き物が、地球の3分の1ほどの重力しかない火星で長期間にわたって生活して子孫を残すことにはまだまだ未知の部分が多いのですが、仮に火星で新しい命が誕生して成長することになると、その命は地球のものとは少し異なる様子を持つことになる可能性があります。

続きを読む…

虐待など幼少期のストレスは遺伝子レベルで受け継がれてしまう可能性、一方ではそれを断ち切れる光明も

虐待など幼少期のストレスは遺伝子レベルで受け継がれてしまう可能性、一方ではそれを断ち切れる光明も

子どもの頃に受けた虐待などのつらい記憶は、その人に一生涯にわたる影響を残すことがあります。これは主に精神面に大きく現れる影響といえるのですが、実はそのストレスが遺伝子の一部にも影響を与え、本人の次の世代にもその「記憶」が受け継がれてしまう可能性があることが研究によって明らかになってきています。

続きを読む…

窒素固定のために菌と共生してきた植物が過去に何度も関係を解消していたことが明らかに

窒素固定のために菌と共生してきた植物が過去に何度も関係を解消していたことが明らかに

生物が生きる上でアミノ酸の構成要素の「窒素」は不可欠の物質です。しかし、植物は窒素を空気中から直接取り込むことはできないため、空気中の窒素を固定化できる特殊な菌を利用することもあります。窒素固定のために菌と共生してきた植物の遺伝子情報を調べたところ、進化の過程でなども共生関係を解消してきた過去があることが判明しています。

続きを読む…

人間のベッドはチンパンジーの寝床よりも汚い

人間のベッドはチンパンジーの寝床よりも汚い

ノースカロライナ州立大学の研究者が、タンザニアチンパンジーの寝床と人間のベッドで、同じように収集した細菌や有機物を比較するという調査を行ったところ、チンパンジーの寝床は人間のベッドよりも驚くほど清潔に保たれていることを発見しました。

続きを読む…

ネッシーは果たして本当に存在するのか?を科学者がDNA調査することに

ネッシーは果たして本当に存在するのか?を科学者がDNA調査することに

未確認動物の代表ともいえるネッシーは存在する証拠がないといわれつつもいまだファンが多く、25年もの間ネス湖に滞在し続け調査しているハンターが存在するほど。「果たしてネッシーは本当にネス湖に存在する可能性があるのか解明したい」ということで、科学者がDNAシークエンシングを用いて調査を開始することが発表されました。

続きを読む…

「子犬が愛らしく見える」理由は犬の生存戦略の1つである可能性を研究者が指摘

「子犬が愛らしく見える」理由は犬の生存戦略の1つである可能性を研究者が指摘

子犬の外見はとても愛らしく目に映るものです。この子犬の容姿は、犬が進化の過程で人間に世話をしてもらうために獲得した可能性があるということが、アリゾナ州立大学で心理学の教授を務めるクライブ・ウィン氏らの研究によって示されました。

続きを読む…

「タコやイカは地球外生物の影響から生まれた」とする説を科学者グループが発表

「タコやイカは地球外生物の影響から生まれた」とする説を科学者グループが発表

タコやイカなど多くの足(触腕)を持つ頭足類の動物の起源は「宇宙からやって来た」とする説を、複数の科学者による多国籍グループが発表しました。

続きを読む…

カバのうんちが魚を大量死させる原因になることが明らかに

カバのうんちが魚を大量死させる原因になることが明らかに

カバは1日に約40kgの食物を食べ、同じだけの量のうんちを出します。また、カバは10頭以上の群れをなして生活していることから、普段生息している水場にたまるうんちは、とてつもない量になってしまいます。エール大学の生態学者であるクリストファー・ダットン氏らの研究チームは、このカバの大量のうんちが、魚の大量死を引き起こす原因になっていることを明らかにしました。

続きを読む…

「記憶を別の個体に移植すること」が可能であるとアメフラシを使った実験で示される

「記憶を別の個体に移植すること」が可能であるとアメフラシを使った実験で示される

マンガや映画、小説などフィクションに出て来そうな「記憶を別の個体に移植する」という実験に、カリフォルニア大学ロサンゼルス校で生物学の教授を務めるデイヴィッド・グランツマン氏らが成功しました。グランツマン氏らはアメフラシを使った実験で、個体から別の個体へ、記憶を移すことに成功したとのことです。

続きを読む…

アルコールの分解を助けてツラい二日酔いを防止する特効薬が近い将来に登場するかもしれない

アルコールの分解を助けてツラい二日酔いを防止する特効薬が近い将来に登場するかもしれない

調子に乗ってお酒を飲み過ぎてしまい、二日酔いで目が覚めた翌朝には「今すぐこの気持ち悪さを治す薬を……」と今はまだ存在しない薬を切望する気持ちになってしまうものですが、近い将来にそれが実現する可能性が出てきました。カリフォルニア大学バークレー校の科学者による研究チームは、すでに安全が確認されている物質だけを使ったアルコールの「解毒剤」がマウスを使った実験で有効に機能していることを確認しており、近いうちに人間の被験者による臨床実験を始める方針を立てています。

続きを読む…