Warning: Declaration of KtaiService_Other::in_network($allow_search_engine = false) should be compatible with KtaiServices::in_network($networks = NULL, $allow_search_engine = false) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php on line 2459

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_search() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_where() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_fields() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_request() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php:2459) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 3312
サイエンス, 生き物, | 東大島に暮らすWEBディレクターブログ ~ 東大島から情報発信中! ~

カテゴリー: サイエンス, 生き物,

ゾウがガンになりにくい仕組みが科学的に明らかに

ゾウがガンになりにくい仕組みが科学的に明らかに

ゾウはガンになりにくいことが知られており、科学者たちはその仕組みを解き明かそうと長年研究を続けてきました。シカゴ大学の研究者たちによる最新の論文によると、ゾウは死んだ遺伝子を復活させて「ガン細胞を殺す」というタスクを割り当てることで、腫瘍を破壊するという驚がくのメカニズムを有していることが明らかになっています。

続きを読む…

「一度死んだペット」のクローンを作成するクローン犬ビジネスの最先端

「一度死んだペット」のクローンを作成するクローン犬ビジネスの最先端

韓国の研究所では複数の医者が、資産家や著名人のために「一度死んだペット」のクローンを作成しています。そんなクローンビジネスが盛んな「クローン犬」に関する最先端の情報について、海外メディアのVanity Fairがビジネスの中心にいる外科医のファン・ウソク氏へのインタビューと合わせてまとめています。

続きを読む…

なぜ犬はおしっこを済ませたあとに地面を蹴るのか?

なぜ犬はおしっこを済ませたあとに地面を蹴るのか?

犬はおしっこをしたあとに地面を蹴るような仕草をとることがあるのですが、これが一体どのような意味を持っているのかについて、科学系ニュースメディアのLive Scienceが記しています。

続きを読む…

シベリアの永久凍土の中で4万年も凍りついていた虫が息を吹き返す

シベリアの永久凍土の中で4万年も凍りついていた虫が息を吹き返す

シベリアの氷の大地で長い時間にわたって凍りついてきた線虫の一種が、実に4万2000年ぶりに息を吹き返して活動を再開していることが明らかにされました。

続きを読む…

犬の嗅覚を利用して肺がんを早期に発見する「電子鼻」が開発できるかもしれない

犬の嗅覚を利用して肺がんを早期に発見する「電子鼻」が開発できるかもしれない

犬の嗅覚は非常に鋭敏であることが知られており、専門的な訓練を受けた犬は税関で麻薬探知犬や爆発物探知犬として働いたり、犯罪捜査や行方不明者の捜索に協力する警察犬として活躍したりしています。そんな犬は「肺がんの臭いを嗅ぎ分ける」ことが明らかになっており、そんな犬の嗅覚を利用して「肺がんを発見する装置」が開発できるかもしれないと報じられています。

続きを読む…

遺伝子編集によってしわや抜け毛を解消し老化を止めることができるかもしれない

遺伝子編集によってしわや抜け毛を解消し老化を止めることができるかもしれない

年を取るとともにどうしても体は衰えてしまうもので、特に顔や体にしわが増え、髪の毛を中心に体毛が少しずつ減っていくなど、老化現象は目に見えて表れます。「いかにして老化を抑えるか」は古来より人類が抱えたテーマでもありますが、遺伝子を編集することでこうした老化現象を解消できるかもしれないという研究結果が報告されています。

続きを読む…

動物の進化は人間が作り上げた「都市」によっても影響を受けている

動物の進化は人間が作り上げた「都市」によっても影響を受けている

チャールズ・ダーウィンが記した「種の起源」の中では、生物は自然選択によって常に環境に適応するように変化し、種が分岐して多様な種が生じるとされています。この書籍が書かれたのは1800年代半ばのことですが、それから150年以上が過ぎた現代では、生き物の中には都会のビルの中の環境に即した種へと進化を遂げてきているものも存在しています。

続きを読む…

脳は積極的に「記憶を失おうとしている」ことが判明

脳は積極的に「記憶を失おうとしている」ことが判明

「そういえば先週の休みは何したんだっけ」「おとといの夕ご飯は何を食べたんだっけ」と考えてみると、意外にもなかなか思い出せなくて驚くことがあります。「記憶がなくならずに、いつまでも残っていれば便利なのに」と思うこともありますが、近年の研究から「脳は積極的に記憶を忘れようとしている」という可能性が浮上しています。

続きを読む…

絶滅寸前まで追い込まれたチョウが研究者たちの必死の努力によって復活し自然に増え続けている

絶滅寸前まで追い込まれたチョウが研究者たちの必死の努力によって復活し自然に増え続けている

かつて絶滅が危惧されていた貴重なチョウが、科学者による保全運動によって、活動開始から2年で自然公園内で自然繁殖できるぐらいにまで個体数を取り戻しました。地元メディアがその詳細を報じています。

続きを読む…

犬は飼い主の不安を感じ取って飼い主の苦痛を解消するために行動する

犬は飼い主の不安を感じ取って飼い主の苦痛を解消するために行動する

犬は古くから人間と共に暮らしてきた動物であり、世界中で多くの人々が犬を飼っています。人間の精神的な支えになっていることもある犬は、「飼い主の苦痛を解消したい」と感じて飼い主を助ける行動を取ることがわかりました。

続きを読む…

「光で音を聞く」人工内耳が誕生するかもしれない

「光で音を聞く」人工内耳が誕生するかもしれない

人工内耳は音を電気信号に変換することで脳に音を届ける技術です。しかし、雑音の多い環境で人と会話するのは難しく、まだまだ技術的な課題が多いとされています。そんな中、ゲッティンゲン大学病院のマーカス・イェシュケ氏らの研究チームは既存の人工内耳デバイスの課題を解決するため、光を使った人工内耳技術を開発しました。

続きを読む…

人間のせいで野生動物がより夜行性になってきている

人間のせいで野生動物がより夜行性になってきている

人間の活動領域が増えることで、野生動物の生活が脅かされることは多く、世界の陸地の75%で人間の影響が及んでいるという研究もあります。人間が生活圏を広げるとともに、多くの哺乳類は「夜行性」の傾向を強めていることが分かり、生態系への影響も懸念されています。

続きを読む…

伝染病を媒介する蚊の生殖能力を奪うことで個体数を80%以上まで減少させる実験に成功

伝染病を媒介する蚊の生殖能力を奪うことで個体数を80%以上まで減少させる実験に成功

オーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO)は、デング熱・ジカ熱・チクングニア熱などの媒介者として知られるネッタイシマカのオスの生殖能力を人為的に喪失させ放出する実験を行い、実験地区内の個体数が80%以上も減らすことに成功したと報告しています。

続きを読む…

「世界最古の色」という明るいピンクが発見される、地球の歴史の謎を解く手がかりに

「世界最古の色」という明るいピンクが発見される、地球の歴史の謎を解く手がかりに

アフリカ、サハラ砂漠の地下深くから採取した岩石から、オーストラリア国立大学のNur Gueneli氏らの研究チームが、約11億年前の「世界最古の色素」を抽出しました。この色素は明るいピンク色をしているそうです。

続きを読む…

人は切断された四肢を再生する能力を覚醒させることができる、という可能性がウーパールーパーの研究から示されつつある

人は切断された四肢を再生する能力を覚醒させることができる、という可能性がウーパールーパーの研究から示されつつある

メキシコサンショウウオ(ウーパールーパー)はペットとして愛されたりから揚げの材料にされたりでおなじみです。ウーパールーパーは四肢を切断しても元通りに再生するという驚異の再生能力を持っていることから、研究対象としても扱われています。ウーパールーパーの研究を進めることで体の一部を失った人の治療はもちろんのこと、ガン治療にも大きな影響を与える可能性があるとみられています。人間の再生能力を覚醒させるかもしれないウーパールーパー研究の現状について、サイエンス系メディアのQuanta Magazineがまとめています。

続きを読む…