Warning: Declaration of KtaiService_Other::in_network($allow_search_engine = false) should be compatible with KtaiServices::in_network($networks = NULL, $allow_search_engine = false) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php on line 2459

Warning: Use of undefined constant NICHEPATCH_CHECKTIMESTAMP_HOUR_DEFAULT - assumed 'NICHEPATCH_CHECKTIMESTAMP_HOUR_DEFAULT' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/niche-patch/patch.php on line 14

Warning: Use of undefined constant NICHEPATCH_MENUORDER_POST_COLUMN - assumed 'NICHEPATCH_MENUORDER_POST_COLUMN' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/niche-patch/patch.php on line 15

Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 44

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_search() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_where() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_fields() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_request() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php:2459) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 3312
サイエンス, 生き物, | 東大島に暮らすWEBディレクターブログ ~ 東大島から情報発信中! ~

カテゴリー: サイエンス, 生き物,

死後4時間経過した豚の脳機能を回復させることに研究者が成功

死後4時間経過した豚の脳機能を回復させることに研究者が成功

人間を含めた哺乳類の脳は、血流が止まったり酸素レベルが低下したりすることに対して弱く、酸素と血液の供給が途絶えると意識や脳の電気的活動は数秒で消滅、細胞活動も数秒から数分で終了します。しかし、エール大学の研究者が、死後4時間が経過した豚の脳において、止まったはずの細胞活動が再開した様子を観察したことを報告しています。

続きを読む…

あごひげには犬の体毛よりも多くの微生物が存在している

あごひげには犬の体毛よりも多くの微生物が存在している

近年ではおしゃれとして「あごひげ」を伸ばす人も多く、中にはあごから耳のそばまで長いひげを生やしている人も少なくありません。そんなあごひげと犬の体毛を比較した結果、伸ばしたあごひげには犬の体毛よりも多くの微生物が存在することが明らかになっています。

続きを読む…

なぜ最先端の科学の現場で加速器の中にフェレットが入れられていたのか?

なぜ最先端の科学の現場で加速器の中にフェレットが入れられていたのか?

イリノイ州バタヴィアにあるフェルミ国立加速器研究所(FNAL)は、超伝導磁石を用いた大型の陽子・反陽子衝突型加速器テバトロンを有する施設です。トップクォークの検出に成功したことでも有名な同研究所は、ロバート・ラスバン・ウィルソン初代所長が企画・建設を担当し、1967年から現在に至るまで素粒子物理学などに関する研究を続けています。設立当初、FNALではハイテクトラブルを解決するために非常にローテクな解決策が用いられており、その中心にはなぜか「フェリシア」という名前のフェレットがいたことが明らかになっています。

続きを読む…

アメリカ国防高等研究計画局が水中レーダー開発のため「エビ」に注目している

アメリカ国防高等研究計画局が水中レーダー開発のため「エビ」に注目している

アメリカ国防高等研究計画局(DARPA)が取り組んでいるプロジェクト「持続型水生生物センサー(PALS)プログラム」は、生物学を利用して海上の監視機能を強化しようというもの。このPALSシステムでは、海に住む「ハタ」「スズキ」といった魚類に加え、「エビ」が国防のために働きます。

続きを読む…

アリゲーターガーは獲物にかみつく時に「吸引」することで獲物を逃がさない

アリゲーターガーは獲物にかみつく時に「吸引」することで獲物を逃がさない

アメリカやメキシコの淡水に生息するアリゲーターガーは野生下で全長2mにまで成長する巨大な淡水魚であり、日本でも鑑賞目的で飼育されていた個体が放流され、一部が外来種として生息しています。アリゲーターガーの名前の由来ともなっているワニのような口やアゴは、獲物に力強くかみつくだけでなく、かみつく際に強い吸引力を発生させていることが明らかとなりました。

続きを読む…

巨大な単細胞生物「海ぶどう」の全ゲノム解読に沖縄の研究者が初めて成功

巨大な単細胞生物「海ぶどう」の全ゲノム解読に沖縄の研究者が初めて成功

沖縄料理で有名な「海ぶどう」は長さ10~20cmにもなる緑藻の一種ですが、実は、沢山の核を含むたった1個の細胞でできている「生物の体作りという観点からとても不思議な生物」とのこと。沖縄科学技術大学院大学(OIST)が、この海ぶどうの全ゲノム解読に成功し、イギリスの科学誌DNA Researchで論文を発表しています。

続きを読む…

警察犬のクローンを量産する計画が中国でスタート

警察犬のクローンを量産する計画が中国でスタート

中国・雲南省の科学者が「Sherlock Holmes of police dogs(警察犬のシャーロック・ホームズ)」と呼ばれる犬のクローンを作り出すプログラムを開始しました。研究者はクローン犬を量産することで、警察犬を訓練する時間とコストの削減を目指すとのことです。

続きを読む…

血を吸った蚊が死ぬようになる薬品「イベルメクチン」はマラリアを20%も減らす

血を吸った蚊が死ぬようになる薬品「イベルメクチン」はマラリアを20%も減らす

コロラド州立大学のチームが率いる研究によると、「イベルメクチン」を使用した薬を服用した人の血液は蚊にとっての致命的な毒となり、蚊が媒介して年間50万人以上もの犠牲者を出しているというマラリアを20%も抑制できたとのこと。イベルメクチンの摂取による人への致命的な副作用はほぼ見られず、マラリア対策に大きな効力を発揮することになるかもしれません。

続きを読む…

動物に「意識」はあるのか?

動物に「意識」はあるのか?

動物に意識が存在するのかどうかという問題に関する議論は、動物が持つ知能や外界に対する反応が明らかになるにつれて増しています。The AtlanticのライターであるRoss Andersen氏が動物の意識について、生き物を傷つけない教義を厳守するインドの宗教、ジャイナ教についての思索を交えながら考察しています。

続きを読む…

「VR体験をネズミにさせること」が科学にとってなぜ重要なのか?

「VR体験をネズミにさせること」が科学にとってなぜ重要なのか?

バーチャル・リアリティ(VR)技術は近年になって大きく発展し、かつてない映像体験をもたらすとしてゲーム業界やポルノ業界が大きく注目しています。しかし、科学の発展においてもVRは非常に大きな意味を持つとして、「VR体験をネズミにさせること」の重要性が説かれています。

続きを読む…

人間の食べ物の味を覚えたクマは冬眠期間が短くなって老化が早まる可能性がある

人間の食べ物の味を覚えたクマは冬眠期間が短くなって老化が早まる可能性がある

アメリカ全土に生息するアメリカグマはおよそ5~7カ月もの間、食事や排せつを一切行わずに巣穴の中で冬眠を行います。クマは冬眠時期が近付くと木の実などを食べて脂肪を蓄えますが、近年は人里に降りてきてゴミ捨て場をあさるクマも現れて問題となっています。ジャンクフードやお菓子など、砂糖やトウモロコシをたくさん含む加工食品の味を覚えたクマは冬眠期間が短くなり、さらには老化が加速しているかもしれないという研究結果が発表されています。

続きを読む…

「ハリウッドのセレブが恐竜の化石を買いあさるために古生物研究が進まない」と学者が規制を要求

「ハリウッドのセレブが恐竜の化石を買いあさるために古生物研究が進まない」と学者が規制を要求

大昔の生き物の姿がそのまま地層の中に残る化石は、太古の時代を今に伝えるアイテムとして多くの人に人気があります。特に恐竜の化石の市場価格は、ハリウッドスターをはじめとする裕福な民間の収集家による需要増加につれて年々高騰しているといわれています。そんな状況に対し、古生物を研究する学者が「恐竜の化石を一般に売買することを世界的に中止するべきだ」と規制を要求していると報じられています。

続きを読む…

睡眠が阻害されるとDNAのダメージが修復されずに死の危険さえあるとする研究結果

睡眠が阻害されるとDNAのダメージが修復されずに死の危険さえあるとする研究結果

眠りには健康上の多くのメリットが存在するといわれていますが、「生き物はなぜ眠るのか?」という謎は、いまだ解明されていない状態です。そんな中、新たな研究で、魚の脳細胞では日中にダメージを受けたDNAが蓄積され、その修復作業は睡眠中にしか行われないことが示されました。研究者は、生き物が眠りを必要とする理由の1つは、この「ダメージの修復」にあるのではないかとみています。

続きを読む…

「後悔への恐怖」を乗り越えて人生の新しい一歩を踏み出す方法とは?

「後悔への恐怖」を乗り越えて人生の新しい一歩を踏み出す方法とは?

後悔をするということは、人間が過去の失敗から学び、同じ過ちを繰り返さないために脳が獲得した重要な学習プロセスです。しかし、後悔することを恐れるあまり、時に非合理的な判断をしてしまったり、判断を先延ばしにしてずるずると現状維持を続けてしまったりします。そんな「後悔への恐怖」に打ち勝つにはどうすればいいのか、ランカスター大学で経済学を教えるEyal Winter教授はScienceAlertへの寄稿の中で、行動経済学の観点から次のように分析しています。

続きを読む…

一切眠らずに生きていける動物は存在するのか?ハエやクラゲも眠ることが明らかに

一切眠らずに生きていける動物は存在するのか?ハエやクラゲも眠ることが明らかに

ヒトを含む多くの生き物は一時的に脳や体の活動を休止する「睡眠」を必要とします。人類は古代ギリシャの時代から睡眠の研究を行っていますが、睡眠のメカニズムと意義は現代も完全には明らかになっていません。それでも、さまざまな実験から「動物は長期にわたって睡眠不足に陥ると健康が悪化し、最悪死に至ることもある」ことがわかっています。そんな動物と睡眠の関係を探る研究について、科学系メディアのLive Scienceがまとめています。

続きを読む…