Warning: Declaration of KtaiService_Other::in_network($allow_search_engine = false) should be compatible with KtaiServices::in_network($networks = NULL, $allow_search_engine = false) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php on line 2459

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_search() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_where() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_fields() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_request() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php:2459) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 3312
サイエンス, 生き物, | 東大島に暮らすWEBディレクターブログ ~ 東大島から情報発信中! ~ - Part 4

カテゴリー: サイエンス, 生き物,

人間の脳は心臓が止まった後も数分はまだ「生きている」ことが確認される

人間の脳は心臓が止まった後も数分はまだ「生きている」ことが確認される

一般的に、人は心臓または脳の活動が停止した時に「死を迎えた」と認識されます。しかし最新の研究では、心臓が止まって脳への血流が止まってからも3分間から5分間は脳の細胞がまだ活動を続けており、実際に「脳の活動が停止した」と言うべき瞬間があることが明らかになってきました。

続きを読む…

ボノボとチンパンジーが使用するジェスチャーは90%以上酷似していることが判明

ボノボとチンパンジーが使用するジェスチャーは90%以上酷似していることが判明

外国の人と話すなど、言葉が通じない相手と会話するときはジェスチャーを駆使しながら、なんとかコミュニケーションを取ろうとするものです。人間に近いとされる類人猿のボノボとチンパンジーも仲間とのコミュニケーションにジェスチャーを多用しています。研究者によると、ボノボとチンパンジーの90%以上のジェスチャーが共通のものであることを発見したとのことで、人類の祖先である種族も同じジェスチャーを使っていた可能性があると指摘されています。

続きを読む…

カラスは毒ガエルの安全な部位だけを選んで上手に食べることが判明

カラスは毒ガエルの安全な部位だけを選んで上手に食べることが判明

鳥類の中には非常に高い知能を持つ種類がおり、オーストラリア北部の猛禽類は山火事に乗じて獲物を捕らえるだけでなく、木の燃えさしを拾って火事を拡大し、獲物をあぶり出すことも判明しています。カラスも道具を使うなど非常に知能の高い鳥として知られていますが、オーストラリア北部のカラスは、「毒を持つ外来種のオオヒキガエルを、毒を防ぎつつ食べる」という高度な技を身につけているそうです。

続きを読む…

深海の微生物を土星の衛星「エンケラドゥス」と同様の環境で繁殖させることに成功

深海の微生物を土星の衛星「エンケラドゥス」と同様の環境で繁殖させることに成功

土星の衛星「エンケラドゥス」には二酸化炭素・メタン・水素が存在し、生命体生存の条件がそろっていると報告されています。エンケラドゥスの深海には地球と同様の環境があり、微生物が進化した可能性があるとされていましたが、ついに研究者たちが「エンケラドゥスと同様の条件で深海の微生物を繁殖させることに成功した」と発表しました。

続きを読む…

グンタイアリは自分たちの体で橋を作るとき2つのシンプルなアルゴリズムに従っている

グンタイアリは自分たちの体で橋を作るとき2つのシンプルなアルゴリズムに従っている

グンタイアリは一般のアリと違って巣を作らず、大量の群れが軍隊のように行進しながら生活することで知られています。グンタイアリは通常では進めないような場所にアリの個体が集まって橋を架け、群れがその上を進むという習性がありますが、グンタイアリが規則正しく橋を架けるアルゴリズムについて、Quanta Magazineがまとめています。

続きを読む…

アジアゾウの性格は3つの要素で決まることが判明

アジアゾウの性格は3つの要素で決まることが判明

フィンランドのトゥルク大学のMartin Seltmann氏らの研究チームによると、ミャンマーで木材の運搬を手伝っている257頭のアジアゾウの性格を分析したところ、「注意力」「社交性」「攻撃性」の3つの要素で示すことができると報告されており、オスとメスにおける差もなかったとのことです。

続きを読む…

「私たちが化石になる方法」について専門家たちがレクチャー

「私たちが化石になる方法」について専門家たちがレクチャー

化石とは、かつて生息していた生物が何らかの理由で地層に閉じ込められ、硬い組織を中心に鉱物化したもの。化石は研究者たちにとって太古の生物の姿を知る手がかりとなり、私たちに恐竜やアンモナイトの存在を教えてくれます。生物が化石となる確率は非常に低いものですが、いつか「化石になりたい」と思った時のために覚えておきたい「死んだ後化石になる方法」について、BBCがまとめています。

続きを読む…

人間と羊のハイブリッドが糖尿病治療や臓器移植にとっての光となるか?

人間と羊のハイブリッドが糖尿病治療や臓器移植にとっての光となるか?

移植手術用の臓器を無限に作り出したり、1型糖尿病の治療法となったりすることが期待されている技術が、人間に移植できる臓器を動物の体内で作るという「キメラ技術(人間と動物のハイブリッド)」です。これに関する研究の最新状況についてTelegraphが記しています。

続きを読む…

汚染物質「マイクロプラスチック」が大西洋・中深海水層の73%の魚の胃に入っていた

汚染物質「マイクロプラスチック」が大西洋・中深海水層の73%の魚の胃に入っていた

微粒なプラスチック粒子「マイクロプラスチック」は海に拡散されることで海洋を汚染し海洋生物たちに影響を与えるものとして懸念されています。中深海水層に生息する魚はこれまでマイクロプラスチックの拡散にあまり関わっていないと考えられていたのですが、新たな研究で、大西洋北西・中深海水層の魚のおよそ4分の3の胃袋からマイクロプラスチックが検出されたことが発表されました。

続きを読む…

汚染物質「マイクロプラスチック」が大西洋・中深海水層の73%の魚の胃に入っていた

汚染物質「マイクロプラスチック」が大西洋・中深海水層の73%の魚の胃に入っていた

微粒なプラスチック粒子「マイクロプラスチック」は海に拡散されることで海洋を汚染し海洋生物たちに影響を与えるものとして懸念されています。中深海水層に生息する魚はこれまでマイクロプラスチックの拡散にあまり関わっていないと考えられていたのですが、新たな研究で、大西洋北西・中深海水層の魚のおよそ4分の3の胃袋からマイクロプラスチックが検出されたことが発表されました。

続きを読む…

カササギは大きな群れで生活するほど知能が向上して繁殖力も高まる

カササギは大きな群れで生活するほど知能が向上して繁殖力も高まる

カササギフエガラスは、大きな群れの中で生活すると脳の力が向上することが最新の研究で明らかになっています。

続きを読む…

自分自身のクローンを作り出して爆発的に増殖していくザリガニ

自分自身のクローンを作り出して爆発的に増殖していくザリガニ

メス1匹しか水槽にいないはずなのに、なぜか大量の卵を産みどんどんと増殖していくザリガニが存在し、過去の研究から「生み出された子どもは母親のクローンである」ということが判明していました。さらに、このザリガニの遺伝子について5年間の調査が行われ、なぜ「クローンで増殖するザリガニが生まれたのか?」という誕生の秘密に迫った研究結果が発表されています。

続きを読む…

自分自身のクローンを作り出して爆発的に増殖していくザリガニ

自分自身のクローンを作り出して爆発的に増殖していくザリガニ

メス1匹しか水槽にいないはずなのに、なぜか大量の卵を産みどんどんと増殖していくザリガニが存在し、過去の研究から「生み出された子どもは母親のクローンである」ということが判明していました。さらに、このザリガニの遺伝子について5年間の調査が行われ、なぜ「クローンで増殖するザリガニが生まれたのか?」という誕生の秘密に迫った研究結果が発表されています。

続きを読む…

「将来的に昆虫が急速に減少する」という可能性が示唆される

「将来的に昆虫が急速に減少する」という可能性が示唆される

ミュンヘン工科大学とゼンケンベルク自然史協会が共同で進めている研究によると、昆虫が近い将来、激減することが予測されており、生態系全体に大きな影響を与える可能性があるとのこと。現在の絶滅危惧種とされる昆虫はもちろん、身の回りに生息する虫までもが希少種となってしまう可能性が示唆されています。

続きを読む…

世界の海に漂う110億個のプラスチックごみがサンゴを死に追いやっている

世界の海に漂う110億個のプラスチックごみがサンゴを死に追いやっている

海水温の上昇が原因で白化現象によってサンゴが大量に死滅していることが知られていますが、新たに、海に廃棄された大量のプラスチックごみが付着して病原菌が繁殖し、サンゴが死滅していることがアメリカの研究者によって明らかにされました。

続きを読む…