Warning: Declaration of KtaiService_Other::in_network($allow_search_engine = false) should be compatible with KtaiServices::in_network($networks = NULL, $allow_search_engine = false) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php on line 2459

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_search() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_where() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_fields() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_request() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php:2459) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 3312
サイエンス, 生き物, | 東大島に暮らすWEBディレクターブログ ~ 東大島から情報発信中! ~ - Part 5

カテゴリー: サイエンス, 生き物,

中国で全く同じ遺伝子を持つ2匹の「クローン猿」がついに誕生

中国で全く同じ遺伝子を持つ2匹の「クローン猿」がついに誕生

中国科学院の研究チームが、元の個体と全く同じ遺伝子を持つ「クローン」のカニクイザルを2匹誕生させたことをアメリカの科学誌に発表しました。少なくとも公表された結果としては、ヒトと同じ「霊長類」に属する動物として初めてのクローンによる個体の誕生となっており、その是非を問う議論がさらに高まりそうです。

続きを読む…

火を使って狩りをする鳥の存在が確認される

火を使って狩りをする鳥の存在が確認される

火を扱えるのは人間や一部のサルなどの高い知能を備える動物に限られると考えれてきましたが、オーストラリア北部の鳥の中に、火を使って狩りをする鳥が3種類もいるという研究発表がされています。

続きを読む…

火を使って狩りをする鳥の存在が確認される

火を使って狩りをする鳥の存在が確認される

火を扱えるのは人間や一部のサルなどの高い知能を備える動物に限られると考えれてきましたが、オーストラリア北部の鳥の中に、火を使って狩りをする鳥が3種類もいるという研究発表がされています。

続きを読む…

数学を使うことなく直感的にファインマンのクイズを見事に解く動物たち

数学を使うことなく直感的にファインマンのクイズを見事に解く動物たち

かの有名な物理学者リチャード・P・ファインマンが出した数学的なパズル「ファインマンのクイズ」を、直感的に解いてしまう動物がいるそうです。

続きを読む…

光の99.95%を吸収して真っ黒にしか見えない羽を持つ「スーパーブラックバード」の秘密が明らかに

光の99.95%を吸収して真っ黒にしか見えない羽を持つ「スーパーブラックバード」の秘密が明らかに

太陽光など受けた光のほぼ全てを羽根で吸収してしまうことで、周りからは体の大部分が完全に真っ黒に見えてしまうという「スーパーブラックバード」がパプアニューギニアに生息しています。あまりに黒すぎるためにその表面の模様や凹凸はほとんど見ることができず、ぽっかりと黒い空間が存在するようにしか見えないほどという鳥なのですが、どんな仕組みで光を吸収しているのか、そして何のためにそのような「進化」を遂げてきたのかが研究によって明らかにされています。

続きを読む…

「魚も痛みを感じている」という見方が研究者の間でも広がりを見せている

「魚も痛みを感じている」という見方が研究者の間でも広がりを見せている

大きな水槽に魚が泳ぐ生簀(いけす)料理店では、魚の半身を切り落とした状態で水槽に戻して泳がせるという光景を目にすることがあります。骨がむき出しになった魚は見るからに痛そうなのですが、「実は魚は痛みを感じないんです」という説明でホッと胸をなで下ろす、という会話を交わしたことがある人も多いはず。しかし、近年の科学では魚にもある種の痛みに近い感覚が存在しているという見方が広まっています。

続きを読む…

麻酔は植物にも効くと判明

麻酔は植物にも効くと判明

手術に欠かせない「麻酔」が、植物にも効くことが明らかになりました。麻酔薬の調査研究での検体に、動物の代わりに植物を用いることで動物実験を減らせる可能性があります。

続きを読む…

「木々は会話し複雑な社会生活を送っている」と専門家、私たちは木々の言葉を理解できるのか?

「木々は会話し複雑な社会生活を送っている」と専門家、私たちは木々の言葉を理解できるのか?

これまで多くの人が「木々は光や場所を求めて生存競争をしている」と考えてきましたが、近年の研究によって木々はハブとネットワークから構成される複雑な社会生活を持っており、互いにコミュニケーションを取り協力しあって生きていることがわかってきました。木々が使う「言葉」とはどういうもので、どうすれば人間が理解することはできるのか?を複数の科学者や専門家が説明しています。

続きを読む…

2016年に発見されていた「最古の脊椎動物」とされるサメの年齢が500歳以上である可能性が浮上

2016年に発見されていた「最古の脊椎動物」とされるサメの年齢が500歳以上である可能性が浮上

グリーランド沖で発見されていた「地球上で最古の脊椎動物」と推測されるサメの年齢を研究者が詳細に調査したところ、なんと500歳以上である可能性がわかりました。

続きを読む…

人間と同じサイズの史上最大級の新種ペンギンの化石が発見される

人間と同じサイズの史上最大級の新種ペンギンの化石が発見される

ニュージーランドで人間の男性の平均身長と同程度の体長を持つ巨大なペンギンの化石が発見されました。このペンギンは、飛ぶことをやめ海へ進出していった巨大ペンギンの最古の種にあたる可能性があります。

続きを読む…

わずか2世代で新しい種に「進化」した鳥がガラパゴス諸島には生息する

わずか2世代で新しい種に「進化」した鳥がガラパゴス諸島には生息する

東太平洋の赤道直下に位置するガラパゴス諸島の離れ島には、研究者から「ビッグバード」と呼ばれる鳥が生息しています。プリンストン大学とウプサラ大学の研究者たちがこのビッグバードについて数十年にもわたる追跡調査を行い、「ビッグバードはわずか2世代で新しい種に進化した」という研究結果を学術誌のScienceで発表しています。

続きを読む…

ミツバチにも「右利き」と「左利き」があることが判明、ドローンの自律飛行技術にも応用が期待される

ミツバチにも「右利き」と「左利き」があることが判明、ドローンの自律飛行技術にも応用が期待される

ペンを右手で持つ人がいたり、箸を左手で持つ人がいたりするように、ミツバチの中にも右と左のどちらかを好む「右利き」や「左利き」の個体が存在することが研究によって明らかになっています。この研究をさらに進めることで、将来的にはドローンなどの自律飛行にも役立てられることが期待されています。

続きを読む…

あなたの家のどの部屋に最も多く虫がいるのか?

あなたの家のどの部屋に最も多く虫がいるのか?

ノースカロライナ州立大学とカリフォルニア科学アカデミーの昆虫学者による研究チームが、自然科学と臨床科学のあらゆる領域を対象としたオープンアクセスの電子ジャーナルScientific Reports上で発表した論文によると、我々人間が暮らす家は、地下室に潜んでいたりキッチンの床を横切ったりカーペットに潜んだりしている虫にとって十分快適な環境であり、いかにきれいに整理整頓していようと、家の中の至る所にさまざまな種類の虫が生息しているそうです。

続きを読む…

強力な除草剤「ジカンバ」の販売戦略を推し進めるモンサントと周辺農地への被害を訴える科学者たちとの攻防

強力な除草剤「ジカンバ」の販売戦略を推し進めるモンサントと周辺農地への被害を訴える科学者たちとの攻防

化学メーカー「Monsanto Company(モンサント)」は、近年、強力な除草効果で知られる「ジカンバ(Dicamba)」とジカンバ耐性作物種子の販売を強力に推し進めており、日本でも2013年にジカンバ耐性大豆(MON87708系統)の栽培・輸入が安全性認可を受けています。しかし、ジカンバを巡っては致命的な「欠陥」によって、周辺農地の作物に大きな被害を与えるとして植物学者たちが使用反対の声を出しています。

続きを読む…

タコは小さな「街」を造り集団で社会的に暮らす

タコは小さな「街」を造り集団で社会的に暮らす

2009年、複数人によるダイバーのグループが、廃棄金属で造られたタコの「街」を発見しました。「街」では複数匹のタコが一緒に暮らしており、発見したダイバーたちは、このタコの巣を「オクタポリス」と名付けました。オクタポリスが発見された当時、科学者たちは人間が環境を汚染することでできてしまった副産物のようなものだと信じていました。しかし、2016年になって別のタコが群れで暮らす「街」が見つかり、そこには金属などの廃棄物が存在しておらず、タコがグループで街を造って生息するという新しい発見となっています。

続きを読む…