Warning: Declaration of KtaiService_Other::in_network($allow_search_engine = false) should be compatible with KtaiServices::in_network($networks = NULL, $allow_search_engine = false) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php on line 2459

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_search() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_where() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_fields() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_request() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php:2459) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 3312
サイエンス, | 東大島に暮らすWEBディレクターブログ ~ 東大島から情報発信中! ~ - Part 3

カテゴリー: サイエンス,

従来の5倍もの効率で熱を電気エネルギーに変換する物質が発見される

従来の5倍もの効率で熱を電気エネルギーに変換する物質が発見される

発電所や機械の動作で発生する熱エネルギーを効率よく電気エネルギーに変換することができれば、大きなエネルギー効率の上昇が見込めます。多くの研究者が高効率な発電ができる材料の研究を進めてきましたが、MITの科学者らは高磁場の環境下で特定の材料に高熱を加えることで、大きなエネルギーを得られることを発見しました。

続きを読む…

子どもがストーリーを楽しみつつ脳を最も鍛えられるのは「絵本」

子どもがストーリーを楽しみつつ脳を最も鍛えられるのは「絵本」

子どもの情操教育に効果的なツールはいろいろ提案されていますが、こと脳のネットワーク強化においては「絵本(イラスト)」が極めて優秀であることが研究から明らかになっています。

続きを読む…

がんの免疫療法を腸内バクテリアが加速させている

がんの免疫療法を腸内バクテリアが加速させている

がんの治療には一般的に外科治療、抗がん剤などの化学療法、放射線治療の3つが挙げられますが、近年は4つ目の治療法として「免疫療法」が注目されています。免疫療法で使用される薬剤は腸内バクテリアと組み合わせることで大きな効果を得ることが示されたことを受けて研究が加速。2018年現在では臨床試験が行われようとしています。

続きを読む…

定期的なエクササイズの頻度によって動脈硬化と心臓発作のリスクに違いが現れることが研究で確認される

定期的なエクササイズの頻度によって動脈硬化と心臓発作のリスクに違いが現れることが研究で確認される

「歳をとっても健康な体でいるためは、日々の適度な運動が大切である」という定説を、さらに裏付けるような調査結果が発表されました。定期的な運動量と動脈の健康度の関連を調査した研究からは、人体の動脈が柔軟性を失う「動脈硬化」を防止するためには、一定量の運動を継続的に行うことが効果的だと判明しています。

続きを読む…

「なぜ氷の上は滑るのか?」という問いに対する伝統的な通説が覆される

「なぜ氷の上は滑るのか?」という問いに対する伝統的な通説が覆される

氷上を滑り速さを競うスピードスケートなど、氷の上で行われるウインタースポーツは多いものです。しかし、意外なことに「なぜ氷の上で滑るのか?」というメカニズム自体はこれまで解明されていませんでした。ついに、マックスプランク・ポリマー研究所の研究者が古くからの謎を解明しています。

続きを読む…

何が子どもの白血病を引き起こすのか?を過去30年の様々な研究から分析した研究者が発表

何が子どもの白血病を引き起こすのか?を過去30年の様々な研究から分析した研究者が発表

子どもの急性リンパ性白血病は裕福な社会で増加しており、その原因について電磁波や化学物質との関連が疑われていました。そんな中、過去30年に行われた遺伝子学・細胞生物学・免疫学・疫学などの多数の研究結果から、幼少期の白血病は「遺伝子変異」と「生まれて間もない頃に経験する感染症」に原因があるとする研究が発表されました。

続きを読む…

アスリートはバレにくい不正行為として「遺伝子ドーピング」を行うようになるかもしれない

アスリートはバレにくい不正行為として「遺伝子ドーピング」を行うようになるかもしれない

ツール・ド・フランスを7連覇したロードレース選手のランス・アームストロングや、オリンピックの金メダリストである陸上選手のベン・ジョンソンなど、スポーツにおける名選手がドーピングなどの不正行為により過去の名声を地に落とすというケースがしばしばあります。これまでは使用禁止薬物(パフォーマンス向上薬)の使用が問題になってきたわけですが、近い将来、より検知が困難な不正行為が実行されることとなるかもしれない、とFuturismが指摘しています。

続きを読む…

肥満を回避するには体内時計を考慮して食事すべきだと研究者が指摘

肥満を回避するには体内時計を考慮して食事すべきだと研究者が指摘

1日の食事を考えたとき、朝は小食、昼と夜にしっかりとした食事を取る人が多いはずです。しかし、人間の体内時計を考慮すると、朝または昼に量の多い食事を取る方が、肥満解消にもつながり健康的な生活を送れる可能性が高いことが研究者によって示されました。

続きを読む…

脳マッピングをゲーマーにクラウドソーシングすることで新種のニューロンを発見することに成功

脳マッピングをゲーマーにクラウドソーシングすることで新種のニューロンを発見することに成功

プリンストン大学の研究者たちがクラウドソーシングにより25万人ものゲーマーの助けを借り、脳機能マッピングを行ったところ、新たに6種類のニューロン(神経細胞)を発見することに成功しました。

続きを読む…

筋トレしなくても筋肉を強く保てる方法がある

筋トレしなくても筋肉を強く保てる方法がある

「健康のためには有酸素運動だけでなく筋トレも重要である」ということはよく聞かれます。効率よく体を鍛えるために激しい運動が推奨されることもありますが、一方で「ウェイトリフティングを行わなくとも、運動を想像するだけで筋肉は強さが保たれる」ということも研究で示されています。

続きを読む…

「わずか数秒」で充電可能な電池が開発される

「わずか数秒」で充電可能な電池が開発される

スマートフォンなどのバッテリーを充電するとき、フル充電まで何時間もかかってしまうものですが、数秒でフル充電可能にする電池ををコーネル大学のウルリッヒ・ウィーズナー教授の研究チームが開発しました。

続きを読む…

月の「チリ」は人体にとって極めて危険でDNAを損傷することもあることが判明

月の「チリ」は人体にとって極めて危険でDNAを損傷することもあることが判明

アポロ計画で人類が月面に降り立った時の映像を見ていると、宇宙飛行士の足で地表の「チリ」がフワッと舞い上がる様子を見ることができます。外観からは何の変哲もないように見える月のチリですが、最新の研究からは月のチリは地球のものとは全く様子が異なり、人体の細胞のDNAレベルにまで影響を及ぼす可能性があるという極めて危険なものであることが明らかになっています。

続きを読む…

「天才と狂人は紙一重」はウソなのか?クリエイティビティと気分障害の科学研究に警鐘が鳴らされる

「天才と狂人は紙一重」はウソなのか?クリエイティビティと気分障害の科学研究に警鐘が鳴らされる

ゴッホやヴァージニア・ウルフなど、精神を病んでいた芸術家が数多く存在していることから、またメディアによってしばしば天才が狂人として描かれることから、2018年時点でもクリエイティビティと気分障害が関連すると広く信じられています。しかし、実際のところは、クリエイティビティと気分障害の関係について調査した研究は限られており、両者の間に関係があるのかは科学的にはっきりしていないところ。クリエイティビティと気分障害の関係についての研究がなぜ難しいのか、イエール大学エモーショナル・インテリジェンス・センターのChrista L. Taylor氏が解説しています。

続きを読む…

統合失調症は脳だけでなく体をも変える

統合失調症は脳だけでなく体をも変える

統合失調症は人の考えや感情、振る舞いに影響を与えるといわれていますが、最新の研究では脳だけでなく「体」も統合失調症によって変化することが示されました。

続きを読む…

体内時計が乱れると気分障害に陥りやすくなる可能性

体内時計が乱れると気分障害に陥りやすくなる可能性

生物には生まれつき体内時計が備わっており、睡眠や行動の周期に影響を与えていると考えられています。イギリスの最新の研究によると、この体内時計を乱すと、人間はうつ病や双極性障害といった気分障害に陥りやすくなる可能性があるそうです。

続きを読む…