Warning: Declaration of KtaiService_Other::in_network($allow_search_engine = false) should be compatible with KtaiServices::in_network($networks = NULL, $allow_search_engine = false) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php on line 2459

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_search() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_where() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_fields() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_request() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php:2459) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 3312
サイエンス, | 東大島に暮らすWEBディレクターブログ ~ 東大島から情報発信中! ~ - Part 5

カテゴリー: サイエンス,

「名字呼び」される相手を高く評価する傾向

「名字呼び」される相手を高く評価する傾向

世界でも特に有名な科学者について話す時、名前ではなく名字で呼ぶケースが多くあります。例えば、チャールズ・ダーウィンの場合は「ダーウィン」、アルベルト・アインシュタインの場合は「アインシュタイン」といった具合に名字だけで呼ぶことが多く、名前や「教授」などの肩書きすら必要とされていません。これは「ダーウィン」や「アインシュタイン」が何者であり、何を成した人物であるかを多くの人々が知っているから起きるものと考えられますが、こういった「名字呼び」される人物に対して人は知らず知らずのうちに高い評価を抱きがちになることを最新の研究が指摘しています。

続きを読む…

噴火後の火山は人に聞こえない音を出して「呼吸」していることが判明

噴火後の火山は人に聞こえない音を出して「呼吸」していることが判明

爆音とともにドロドロに溶けた溶岩や噴煙を噴き出した火山は、噴火が収まってからも人知れずに活動を続けていることが最新の観測データによって裏付けられました。特殊なマイクを使って観測された結果によると、エクアドルで2015年に噴火したコトパクシ火山は、活動が収まってからも0.2Hzという人の耳には聞こえない超低音を出しながら「呼吸」をしていたことが明らかになっています。

続きを読む…

超常現象は「金縛り」や「頭内爆発音症候群」が原因となっている可能性

超常現象は「金縛り」や「頭内爆発音症候群」が原因となっている可能性

寝入りの瞬間などに頭の中で爆発音が鳴る「頭内爆発音症候群」や、就寝中に意識がはっきりしているのに体を動かすことができなくなる「金縛り(医学的には睡眠麻痺)」などが、睡眠時に起きる異常な体験、超常現象の正体ではないかと指摘されています。

続きを読む…

「痛み」とは何なのか?を神経学の見地から考える

「痛み」とは何なのか?を神経学の見地から考える

誰もが感じる「痛み」ですが、そのメカニズムは科学的には解明されていないそうです。知覚の一種であることは間違いない痛みについて、脳神経学者が脳に起こる現象などを通じて解明しようとしています。

続きを読む…

「現代っ子は我慢ができない」は間違いだとマシュマロテストで判明

「現代っ子は我慢ができない」は間違いだとマシュマロテストで判明

「現代っ子はほんの少しのことが我慢できない」と、かつての子どもとの比較で現代の子どもの忍耐力のなさを嘆く声があります。しかし、かの有名なマシュマロテストのデータからは、この批判は完全なる間違いで、むしろ「現代っ子の方が忍耐強い」ことが判明しています。

続きを読む…

広い宇宙といえども知的生命体は人類だけかもしれないとの説

広い宇宙といえども知的生命体は人類だけかもしれないとの説

広大な宇宙のどこかには知的生命体が存在していると信じる人は多く、それはある種の定説にもなっています。しかし、新しい研究では「宇宙には人類以外に知的生命体は存在しない」可能性が十分あると指摘されています。

続きを読む…

がん転移を阻止できる可能性がある11の遺伝子が発見される

がん転移を阻止できる可能性がある11の遺伝子が発見される

転移性のがんに侵された場合、9割は死に至ってしまうと言われており、非常に治療が困難であることが知られています。北部アルバータがん研究所のジョン・ルイス氏らの研究チームによると、生体細胞による転移がんの99.5%以上は11の遺伝子が関わっており、これらの遺伝子の活動を停止することで、がんの転移を阻止できる可能性があるとのことです。

続きを読む…

南極大陸は近年その高さを増してきている、それが意味するものとは?

南極大陸は近年その高さを増してきている、それが意味するものとは?

冬は極寒の地で、夏でも雪と氷に覆われた南極大陸の下には、他の大陸と同じような土の大地が隠されています。この大地が近年、徐々にその高さを増していることが明らかになっています。

続きを読む…

子どもの自閉症は88%の精度で血液検査から予測できることが明らかに

子どもの自閉症は88%の精度で血液検査から予測できることが明らかに

自閉スペクトラム症(ASD)の子どもは血液検査から97%以上の精度で予測できるという研究結果が2017年8月に示されましたが、一部の保健機関から研究内容に問題点があるとして指摘を受けていました。そこで、レンセラー工科大学で医用生体工学の教授を務めるユルゲン・ハーン氏らの研究チームが研究内容を見直し、再度実験を行った結果、血液検査からASDの子どもを88%の高い精度で予測できることが明らかになりました。

続きを読む…

「ストーンヘンジ」を作った古代人はピタゴラス誕生の2000年前に「ピタゴラスの定理」を使っていたとする説

「ストーンヘンジ」を作った古代人はピタゴラス誕生の2000年前に「ピタゴラスの定理」を使っていたとする説

「ピタゴラスの定理(三平方の定理)」は、紀元前570年に生まれた古代ギリシアの数学者ピタゴラスによって発見されましたが、イギリスの遺跡「ストーンヘンジ」の建造者は、ピタゴラスよりも2000年も早くピタゴラスの定理を活用していたという説が出されています。

続きを読む…

アルツハイマー病にヘルペスウイルスが関与している可能性を研究者が指摘

アルツハイマー病にヘルペスウイルスが関与している可能性を研究者が指摘

ニューヨークにあるマウントサイナイ・アイカーン医科大学などの研究者グループにより、アルツハイマー病の患者の脳では2種類のヘルペスウイルスが多く見つかることが確認されました。グループは、ヘルペスウイルスが脳細胞と相互に影響し、病気を進行させていることも見つけたそうです。

続きを読む…

現代社会を作り上げた「5つの偉大な化学的発明」とは?

現代社会を作り上げた「5つの偉大な化学的発明」とは?

車や飛行機、テレビに携帯電話といった工学的な発明と比較して、化学的な発明は直接発明品が世に出回ることが少ないため、重要性の割には見落とされがちです。そんな「現代社会を作り上げた5つの重要な科学的発明」について、王立化学会が発表しています。

続きを読む…

夏至とは何か?

夏至とは何か?

2018年の「夏至」は本日6月21日でした。そもそも「夏至とは何か?」という科学的なメカニズムとその歴史的な位置づけについて、NBC Newsが解説しています。

続きを読む…

ニンジンやテンサイの繊維から抽出したナノプレートレットでコンクリートの強度が跳ね上がる

ニンジンやテンサイの繊維から抽出したナノプレートレットでコンクリートの強度が跳ね上がる

イギリス・ランカスター大学の研究チームが、根菜から得られるセルロースでビジネスを行っているCelluCompという会社と組んで、コンクリートの強度向上についての研究を行っています。

続きを読む…

ニンジンやテンサイの繊維から抽出したナノプレートレットでコンクリートの強度が跳ね上がる

ニンジンやテンサイの繊維から抽出したナノプレートレットでコンクリートの強度が跳ね上がる

イギリス・ランカスター大学の研究チームが、根菜から得られるセルロースでビジネスを行っているCelluCompという会社と組んで、コンクリートの強度向上についての研究を行っています。

続きを読む…