Warning: Declaration of KtaiService_Other::in_network($allow_search_engine = false) should be compatible with KtaiServices::in_network($networks = NULL, $allow_search_engine = false) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php on line 2459

Warning: Use of undefined constant NICHEPATCH_CHECKTIMESTAMP_HOUR_DEFAULT - assumed 'NICHEPATCH_CHECKTIMESTAMP_HOUR_DEFAULT' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/niche-patch/patch.php on line 14

Warning: Use of undefined constant NICHEPATCH_MENUORDER_POST_COLUMN - assumed 'NICHEPATCH_MENUORDER_POST_COLUMN' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/niche-patch/patch.php on line 15

Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 44

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_search() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_where() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_fields() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_request() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php:2459) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 3312
サイエンス, | 東大島に暮らすWEBディレクターブログ ~ 東大島から情報発信中! ~ - Part 6

カテゴリー: サイエンス,

盲目であることは統合失調症から人を守るという可能性が研究で示される

盲目であることは統合失調症から人を守るという可能性が研究で示される

先天的あるいは早期の失明が統合失調症に対し保護的な効果がある可能性は、これまでのケーススタディーで示されていました。これに続き46万人以上のデータを分析した新たな研究で、「盲目であることが統合失調症から人を守る」というさらなる調査結果が示されています。

続きを読む…

2018年は「史上4番目に暑い年」だったことがNASAとアメリカ海洋大気庁の別々の分析から判明

2018年は「史上4番目に暑い年」だったことがNASAとアメリカ海洋大気庁の別々の分析から判明

アメリカ海洋大気庁(NOAA)とNASAの個別の調査によって、2018年が観測史上4番目に暑い年だったことがわかりました。「史上最も暑い年」の上位5位は2014年以降に集中しており、2018年も地球温暖化の傾向が継続しています。

続きを読む…

北極圏の磁場が急激に移動して予定外の磁気モデル修正が行われる

北極圏の磁場が急激に移動して予定外の磁気モデル修正が行われる

地球の自転軸の最北端に位置する北極点は地理的に定義された固定のものですが、方位磁石が指す磁北は地球の磁場(地磁気)によって決まるものであり、地磁気の変化によって年々変動するものです。近年では地磁気の変動が活発になっており、地図やナビゲーションソフトウェアが正確に北を指すための磁気モデルと実際の磁北のズレが顕著となったため、世界磁気モデル(WMM)のアップデートが当初の予定より短い間隔でリリースされる事態になっています。

続きを読む…

「裏側から見た月全体と地球」の写真、中国の月探査用小型衛星が初撮影

「裏側から見た月全体と地球」の写真、中国の月探査用小型衛星が初撮影

2019年1月に中国が人類史上初めて月の裏側への探査機着陸を成功させました。この探査機と地球を中継するために月周回軌道に送りこまれた人工衛星の打ち上げには、月探査用の小型衛星が相乗りしていて、その衛星がこのたび「裏側から見た月全体と地球」を一緒のフレームに収めた写真を地上に届けてくれました。

続きを読む…

電気刺激を与えると笑いが出る脳の部位が見つかる、覚醒状態の開頭手術中でも不安軽減に効果あり

電気刺激を与えると笑いが出る脳の部位が見つかる、覚醒状態の開頭手術中でも不安軽減に効果あり

アメリカの神経科学者らが、脳の特定の部位に電気刺激を与えることで、人を笑わせたり不安を軽減したりできることを発見しました。これは、たとえ覚醒した状態での開頭手術中でも効果があって、患者を落ち着かせることができたそうです。

続きを読む…

スマホやPCの利用時間の制限を子どもに強制するべきではないことは研究から明らか

スマホやPCの利用時間の制限を子どもに強制するべきではないことは研究から明らか

スマートフォンやタブレットなどを子どもたちが長時間使うことの悪影響について、テレビの見過ぎより大きい悪影響があるとする研究があったり、台湾では親が子どものスマホ使用時間を制限しないといけない法律が施行されたりと、問題視されることが多いもの。そのような風潮に対して「デジタルスクリーンの使用と若者の心理的幸福との間に有害な関連性はない」という研究も発表されていて、子どもへのデジタルメディアの使用を強制的に制限することを否定する研究者も現れていますStudies Shoot Down Tech’s Harmful Effects on Kids—So Now What? – Facts So Romantic – Nautilushttp://nautil.us//blog/studies-shoot-down-techs-harmful-effects-on-kidsso-now-whatDigital Screen Time Limits and Young Children’s Psychological Well‐Being: Evidence From a Population‐Based Studyhttps://onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1111/cdev.13007アメリカ小児科学会は、2歳から5歳までの子供のデジタルメディアに触れる時間を2時間以内に制限するべきだと、保護者に対し推奨しています。しかしながらこのガイドラインは「メディアの使用の代わりに活発な遊び・学習が可能である」「座りがちの体勢が睡眠不足につながる可能性がある」という調査結果に基づいたものであり、心理的幸福への影響について経験的に評価された基準ではないと、オックスフォード大学のアンドリュー・プシビルスキ氏とカーディフ大学のネッタ・ワインスタイン氏は指摘しています。

続きを読む…

女性の脳は男性の脳よりも若いことが判明

女性の脳は男性の脳よりも若いことが判明

女性と男性にはホルモンの分泌量や生殖器官など、さまざまな性差があることが知られていますが、研究者らは「女性の脳が男性の脳よりも3歳ほど生物学的に若い」ことを突き止めました。

続きを読む…

睡眠学習により外国語のボキャブラリーを増やすことができる

睡眠学習により外国語のボキャブラリーを増やすことができる

睡眠時間はゆったり安らげる癒やしの時間であるものの、「睡眠をもっと生産的にできないのか?」という考えから「睡眠学習」の研究が行われています。睡眠学習は覚醒時の記憶を定着させると言われることが多いものですが、それとはまた別に、睡眠時の言語学習が有用であると研究により示されています。

続きを読む…

カクテルにインスパイアされた男性向け避妊法が開発される

カクテルにインスパイアされた男性向け避妊法が開発される

性行為時の避妊方法としては、コンドームの着用やピルの服用といったものが挙げられます。女性はピルの服用によって中長期的に避妊をコントロールできる一方、男性の避妊法はコンドームを付ける一時的なものか、パイプカットを行って完全に生殖行為を不可能にするかという極端な二択の状態です。そんな中、カクテルにインスパイアされた男性向け避妊法が、中国の研究者らによって開発されました。

続きを読む…

夜更かししがちな夜型人間はより不幸でメンタルヘルスも不調になることが明らかに

夜更かししがちな夜型人間はより不幸でメンタルヘルスも不調になることが明らかに

夜更かしは健康の敵で、早起きこそが優れた1日を送るためには重要であるという指摘はたびたび耳にするものですが、「早起きできないし自分には夜型の生活があっている」と考える人も少なくないはず。しかし、2019年1月29日に科学誌のNature Communicationsで発表された最新の研究によると、夜更かし型の人間は早起き型の人間よりも全体的に不幸で、メンタルヘルスが不調になる可能性が高いようです。

続きを読む…

遺伝子はどのようにしてトランスジェンダーを形作るのか?

遺伝子はどのようにしてトランスジェンダーを形作るのか?

生物学的に判断される性と自身の性認識が違う人々はトランスジェンダーと呼ばれており、かつては差別の対象にもなっていました。それも近年ではLGBTの権利を主張する運動がさかんになり、Appleのティム・クックCEOがゲイであることを明らかにしたり、一部の国や州では同性婚が法的に認められたりトランスジェンダーへの理解は深まりつつあります。オーストラリアの遺伝学者であるJenny Graves氏が、「トランスジェンダーは環境によって形作られるものではなく、遺伝によって受け継がれてきたものである可能性が高い」と説明しています。

続きを読む…

アンモニアを作り出すハーバー・ボッシュ法は21世紀の食料・エネルギー問題の救世主にもなるのか?

アンモニアを作り出すハーバー・ボッシュ法は21世紀の食料・エネルギー問題の救世主にもなるのか?

ハーバー・ボッシュ法とは鉄を主体とした触媒上で水素と窒素を反応させ、アンモニアを生産する方法です。1906年に開発されたこの方法は、1世紀以上が経過した現在でも肥料生産をはじめとするさまざまな工業プロセスに使用されており、21世紀の課題である食料とエネルギーの問題についても、救世主となり得るとされています。

続きを読む…

アルツハイマー病の原因候補に「歯周病菌」が浮上、歯磨きがアルツハイマー病予防に役立つかも

アルツハイマー病の原因候補に「歯周病菌」が浮上、歯磨きがアルツハイマー病予防に役立つかも

行動・思考・記憶に影響を及ぼすアルツハイマー病に、世界で3000万人以上が悩まされています。その発症にはヘルペスウイルスの関与が疑われていますが、これとは別に、「歯周病菌」の関わりを主張する論文が学術誌・Science Advancesに掲載されました。

続きを読む…

揺れながら眠ると記憶の固定がブーストされる

揺れながら眠ると記憶の固定がブーストされる

睡眠中に「揺れ」の動きを経験すると睡眠の質がよくなるだけでなく、記憶の固定をブーストできることが、生物学を対象とした学術誌「Current Biology」に掲載された新しい2つの論文で示されました。人間とマウスを対象として行われた2つの研究結果は、不眠症治療に対する新しいアプローチになりえるとのことです。

続きを読む…

どうすれば寒い時に体を温めることができるのか?

どうすれば寒い時に体を温めることができるのか?

寒い時期には体も冷えてしまい、「本音を言えば冬場はずっと冬眠していたい」と思っている人も少なくないはずですが、仕事や用事などで冬でも外出することは避けられません。そこでミシシッピ州立大学の生理学者であるJohnEric Smith准教授が、寒さに対抗して体を温かく保つ方法について解説しています。

続きを読む…