Warning: Declaration of KtaiService_Other::in_network($allow_search_engine = false) should be compatible with KtaiServices::in_network($networks = NULL, $allow_search_engine = false) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php on line 2459

Warning: Use of undefined constant NICHEPATCH_CHECKTIMESTAMP_HOUR_DEFAULT - assumed 'NICHEPATCH_CHECKTIMESTAMP_HOUR_DEFAULT' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/niche-patch/patch.php on line 14

Warning: Use of undefined constant NICHEPATCH_MENUORDER_POST_COLUMN - assumed 'NICHEPATCH_MENUORDER_POST_COLUMN' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/niche-patch/patch.php on line 15

Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 44

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_search() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_where() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_fields() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_request() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php:2459) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 3312
ソフトウェア, | 東大島に暮らすWEBディレクターブログ ~ 東大島から情報発信中! ~

カテゴリー: ソフトウェア,

無料でスマホの正面・背面カメラを同時に録画可能なアプリ「DUBL」が登場

無料でスマホの正面・背面カメラを同時に録画可能なアプリ「DUBL」が登場

旅行先の風景などをムービーに収めて共有したい、と思った際に目の前の光景だけでなく自分の顔もフレームに収めることができれば、話している時の表情や身ぶりも伝わってより臨場感やストーリー性のあるムービーになりますが、そんなムービーを作るには前方と自分の顔を両方撮影して合成する必要があります。そんな中、スマートフォンの本体の背面にあるフロントカメラと、ディスプレイ側にあるリアカメラの両方を同時に撮影してひとつのムービーにできるAndroid向けアプリ「DUBL」が登場しています。

続きを読む…

Firefox 66では自動再生される音声がデフォルトで消音状態になる

Firefox 66では自動再生される音声がデフォルトで消音状態になる

ブラウジング中に、開いたタブのどれかに音声入りの自動再生メディアが含まれていて、意図せず音が漏れてしまう事例は少なからず発生します。Firefox 66ではこの対策として、開いたタブに音声入り自動再生メディアが含まれるとき、デフォルトでその音声をブロックするようになります。

続きを読む…

バージョン管理システム「Git」の使い方はどのように教えるのが良いのか?

バージョン管理システム「Git」の使い方はどのように教えるのが良いのか?

GitはLinuxの生みの親であるリーナス・トーバルズによって開発されたバージョン管理のツールで、数々のバージョン管理システムのなかで最も有名なものとなっています。しかし、Gitの考え方の中には初めて利用するという人にとっては分かりにくいものも存在します。エンジニアのレイチェル・M・カルメナさんが、Gitの基本的な概念について図を用いてまとめています。

続きを読む…

Facebookが広告の透明性を保つツールを排除した問題でMozillaが選挙への影響を懸念して欧州委員会に書簡を送る

Facebookが広告の透明性を保つツールを排除した問題でMozillaが選挙への影響を懸念して欧州委員会に書簡を送る

Facebookがどのように広告ターゲットを定めているのか?ということを明らかにする広告分析ツールをFacebookがコードの仕様変更でブロックした問題を受けて、Firefoxの開発元であるMozillaが欧州委員会に書簡を送ったことがわかりました。一般の人々が広告分析ツールを使うことで、選挙広告にだまされないよう対処することが可能ですが、Facebookの行動はこのような行動を阻害し、選挙に影響を及ぼす可能性があるとMozillaは指摘しています。

続きを読む…

IBMが100万人の顔データを収めた膨大なデータセットを「顔認識技術の公平性」を目指してリリース

IBMが100万人の顔データを収めた膨大なデータセットを「顔認識技術の公平性」を目指してリリース

IBM基礎研究所は2019年1月29日、「Diversity in Faces(DiF、顔の多様性)」と呼ばれるデータセットをリリースしました。このデータセットは顔認識技術の公平性と正確性の向上を目指して作られたもので、さまざまな性別や人種の人間の顔画像とその注釈がおよそ100万人分含まれているとのことです。

続きを読む…

トラッキング対策などプライバシー関連機能が強化された「Firefox 65」正式版リリース

トラッキング対策などプライバシー関連機能が強化された「Firefox 65」正式版リリース

ウェブブラウザ「Firefox 65」の正式版がリリースされました。Microsoftが独自エンジンをやめてChromiumベースのブラウザを開発し始めるなどブラウザの多様性が失われつつある状況でMicrosoftの幹部が個人的見解として「MozillaもChromiumを採用すべき」と声をかける中、Firefoxを開発するMozillaは「ユーザーがコントロールできないトラッキングはブロックするべき」という反トラッキングポリシーを掲げて対抗しています。Firefox 65ではそうしたトラッキングへの対策が大きく強化されています。

続きを読む…

TLS1.0/1.1の非推奨化やメディアクエリの視覚化などが含まれるChrome 72安定版リリース

TLS1.0/1.1の非推奨化やメディアクエリの視覚化などが含まれるChrome 72安定版リリース

ウェブブラウザ「Google Chrome」の最新安定版であるバージョン72がリリースされました。Google Chrome 72ではJavaScriptのClass構文がアップデートされたほか、CSSで設定されているメディアクエリを視覚化できるなどデベロッパーツールの機能も強化されています。

続きを読む…

政治のプロパガンダ・ボット約4万8000個をTwitterで一斉ブロックできる「Block Together」

政治のプロパガンダ・ボット約4万8000個をTwitterで一斉ブロックできる「Block Together」

選挙のプロパガンダを行う4万8000個ものボットを自動的に一斉ブロックする「BlockTogether」が公開されています。ブロックするアカウントのリストは随時更新されており、2020年アメリカ合衆国大統領選挙に向けて、SNSのボットに影響されないよう対策することが可能になっています。

続きを読む…

「壁に映った影」を使って壁の向こうにある映像を撮影することに成功

「壁に映った影」を使って壁の向こうにある映像を撮影することに成功

道路のカーブミラーや車のサイドミラーのように、壁の向こうや曲がり角の先など見ることができない場所にあるものを見えるようにする技術は古来から開発されています。しかし、潜水艦の潜望鏡のように高感度のセンサーとハイテク機器を駆使したアイテムは複雑な上にコストが高過ぎるため、実生活への応用は難しいものがあります。そんな中、ボストン大学の研究者が、「壁に映る影」を解析することで、見えない位置にあるモニターに映った画像を普通のデジタルカメラを使って撮影することに成功したと報告していますComputational periscopy with an ordinary digital camera | Naturehttps://www.nature.com/articles/s41586-018-0868-6Scientists Used an Ordinary Digital Camera to Peer Around a Corner | Smart News | Smithsonianhttps://www.smithsonianmag.com/smart-news/scientists-used-camera-corner-180971331/ボストン大学の研究者は、以下の図のように、白い壁の前にデジタルカメラを設置し、同じく白い壁に面するようにLCDスクリーンを配置しました。さらに、カメラと画像の間には壁を挟み、万が一にも画像がカメラに映り込まないようになっています。

続きを読む…

Googleがウェブ上の広告を非表示にする広告ブロック機能をChromeなどで無効化するための施策を進める

Googleがウェブ上の広告を非表示にする広告ブロック機能をChromeなどで無効化するための施策を進める

Googleといえば検索エンジンやウェブブラウザ、AndroidのようなモバイルOSを開発する企業というイメージがありますが、Google AdSenseやGoogle広告(旧Google AdWords)を駆使した世界最大級のウェブ広告企業でもあります。大企業となりさまざまな収入源があるように見えますが、その実、収入の9割がいまだにウェブ広告ともいわれるGoogleですが、自社開発のウェブブラウザであるGoogle Chromeで煩わしい広告を非表示にする「広告ブロック機能」を無効化する計画を進めていることが明らかになっています。

続きを読む…

フェイクニュース拡散防止のためFacebook傘下のチャットアプリWhatsAppでメッセージ転送に制限

フェイクニュース拡散防止のためFacebook傘下のチャットアプリWhatsAppでメッセージ転送に制限

衝撃的なニュースを耳にすると、その真偽を確かめる前につい友人・知人に話してしまい、結果としてフェイクニュースや誤った情報の拡散に手を貸してしまうことがあります。これをシステム的に食い止めるため、Facebook傘下にあるチャットアプリ「WhatsApp」で、メッセージ転送可能なグループ数に制限がかけられることになりました。

続きを読む…

Google Chromeに「不適切な広告」を排除する機能が搭載される予定、具体的にどういう広告がNGなのか?

Google Chromeに「不適切な広告」を排除する機能が搭載される予定、具体的にどういう広告がNGなのか?

Googleは、ウェブブラウザのChromeに「不適切な広告をフィルタリングする機能」を搭載する予定だと発表しました。Chromeの広告フィルタリング機能は2018年2月から北アメリカとヨーロッパで適用されていましたが、2019年7月から全世界のChromeで広告のフィルタリングが可能になります。フィルタリング対象となる広告は、広告業界団体が定めたウェブ広告規格に基づくとのことです。

続きを読む…

人々の意見を取捨選択して適切な意見を組み立てスピーチ化するIBMの「Project Debater – Speech by Crowd」

人々の意見を取捨選択して適切な意見を組み立てスピーチ化するIBMの「Project Debater – Speech by Crowd」

IBMが開発した人間とほぼリアルタイムでディベートできるAI「Project Debater」の新コンポーネント「Speech by Crowd」が世界最大級の見本市・CES 2019でお披露目されました。

続きを読む…

Googleの音声認識を利用してreCAPTCHAを突破できると研究者が発表

Googleの音声認識を利用してreCAPTCHAを突破できると研究者が発表

ボットではないことを証明するために入力するCAPTCHAやreCAPTCHAに難題をふっかけられイライラした人も多いはず。メリーランド大学カレッジパーク校の研究者は、このreCAPTCHAをGoogleのSpeech-to-Textを使って突破できる新たな手法「unCaptcha v2」を発表しています。unCaptcha v2を使ってreCAPTCHAをだませる確率は約90%だそうです。

続きを読む…

Microsoftの緊急パッチにより一部のノートPCが起動不能になる不具合が発生中

Microsoftの緊急パッチにより一部のノートPCが起動不能になる不具合が発生中

2018年12月、Microsoftが独自に開発しているウェブブラウザのInternet Explorerで発見されたゼロデイ脆弱性を修正するために、専用の緊急パッチが公開されました。しかし、このパッチを適用すると、一部のLenovo製ノートPCでWindowsが起動しなくなるという不具合が発生しています。

続きを読む…