Warning: Declaration of KtaiService_Other::in_network($allow_search_engine = false) should be compatible with KtaiServices::in_network($networks = NULL, $allow_search_engine = false) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php on line 2459

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_search() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_where() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_fields() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_request() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php:2459) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 3312
ソフトウェア, サイエンス, | 東大島に暮らすWEBディレクターブログ ~ 東大島から情報発信中! ~

カテゴリー: ソフトウェア, サイエンス,

GoogleがAIでタンパク質の結晶を発見するシステムを開発、新薬開発のブレイクスルーに期待

GoogleがAIでタンパク質の結晶を発見するシステムを開発、新薬開発のブレイクスルーに期待

Googleの人工知能(AI)を研究するBrain Teamは、デューク大学の研究者と協力して、AIを利用することでタンパク質の結晶化実験を自動化するシステムを開発したと発表しました。

続きを読む…

AIがベテラン医師よりも高精度に脳スキャン画像から脳腫瘍を診断することに成功

AIがベテラン医師よりも高精度に脳スキャン画像から脳腫瘍を診断することに成功

近年のAI技術の発達には目を見張るものがあり、「人間はAIに仕事を奪われてしまうのではないか?」という危機感を持つ人も少なくありません。そんな中、「中国で行われた病気の画像診断コンテストで、AIがベテランの医師たちよりも高い精度で正しく病気を診断した」ということが話題になっています。

続きを読む…

自分の臓器のモデルを簡単に3Dプリンターで出力できるようになるかもしれない

自分の臓器のモデルを簡単に3Dプリンターで出力できるようになるかもしれない

医師は患者の症状を検査するためにMRIやCTのスキャン画像などの2次元データを用います。しかし、3次元データである立体モデルを出力できれば、医師が症状を判断する助けになるだけでなく、患者自身が自分の体の状態を正確に理解するのにも大きく役立ちます。MITとハーバード大学の研究者らが、MRIやCTのスキャンデータから素早く3Dモデルを作り出せるようになる新しい手法を開発しています。

続きを読む…

脳の持つナビゲーションシステムを人工ニューラルネットワークが再現

脳の持つナビゲーションシステムを人工ニューラルネットワークが再現

動物の脳には、格子細胞と呼ばれる方向感覚や相対的な位置関係を認識する神経細胞が備わっています。格子細胞の働きによって、人間は直感的にある地点からある地点へのショートカットを行ったり、何となく歩いている付近の地図を脳内で描くことができたりするとのこと。そんな格子細胞の働きを、人工のニューラルネットワークを用いて再現することにAI研究者たちが成功しました。

続きを読む…

Googleのオープンソース機械学習システム「TensorFlow」はどのように活用されているのか?

Googleのオープンソース機械学習システム「TensorFlow」はどのように活用されているのか?

Googleが製品開発で活用し、商用利用OKでオープンソース化もされている機械学習システム「TensorFlow」は、世界中の誰でも手軽に使うことができる機械学習システムとして、専門の研究者だけでなく一般の高校生までもが使用しています。その事例を、Googleがブログで紹介しています。

続きを読む…

金属ガラスの発見を「機械学習」で200倍高速化することに成功

金属ガラスの発見を「機械学習」で200倍高速化することに成功

機械学習の技術は人工知能(AI)開発や画像認識技術など、さまざまな分野に広く活用されています。そんな中、科学の世界で機械学習を利用して、これまでにない発見を目指す試みが行われており、アメリカの研究者は金属ガラスの合成パターンを従来の100倍以上の速さで見つけることに成功しています。

続きを読む…

カオス理論で知られる複雑な状況を「機械学習」によって正確に予測する技術が開発されている

カオス理論で知られる複雑な状況を「機械学習」によって正確に予測する技術が開発されている

気象などの自然現象を完璧に予想することは不可能であることがカオス理論によって知られており、中でも「蝶が羽ばたいたというわずかな影響によって状態が大きく変わり得る」というバタフライ効果なども有名です。しかし、そのカオスと呼ばれる複雑な世界を「機械学習」で正確に予測する研究が進められ、際立った予測精度を実現しています。

続きを読む…

人工知能で電子顕微鏡の映像からリアルタイムでガンを検出する技術をGoogleが開発

人工知能で電子顕微鏡の映像からリアルタイムでガンを検出する技術をGoogleが開発

患者の体がガンに冒されているのかどうかを診断する病理医は、患者から採取した体組織を電子顕微鏡でじっくりと観察し、ガン組織が存在するのかどうかを判定します。この作業には電子顕微鏡で見えるガンのパターンを熟知し、効率的に点検していく熟練の技術が必要ですが、Googleは人工知能にディープラーニングでガンのパターンを学習させ、リアルタイムでガン組織と思われる箇所を検出する技術を開発しました。

続きを読む…

AlphaGoを開発したGoogleの人工知能研究部門が「機械学習によって書き順を考えながら文字を描くAI」を開発

AlphaGoを開発したGoogleの人工知能研究部門が「機械学習によって書き順を考えながら文字を描くAI」を開発

書道や似顔絵に見られるように、私たち人間は絵画・書・立体の作品を見た時、デザインに感動するだけではなく、筆運びや構造などを考えて理解した上で作品を再現することができます。与えられた画像を再現する人工知能(AI)は今までも発表されてきましたが、最強の囲碁AI・AlphaGoを開発したGoogle DeepMindが発表した「Synthesizing Programs for Images using Reinforced Adversarial Learning」(敵対的強化学習を用いた描画プログラム合成)、略して「SPIRAL」は、対象となる文字や画像の書き順や構造を考えて学習しながら、自ら描画プログラムをアップデートしていくフレームワークだとのことです。

続きを読む…

2つの太陽系外惑星を発見した機械学習の手法が公開される

2つの太陽系外惑星を発見した機械学習の手法が公開される

GoogleのエンジニアであるChris Shallueさんは機械学習を使ってケプラー宇宙望遠鏡のデータを分析し、2つの太陽系外惑星を発見しました。その分析に用いられたコードがGitHubに登場し、誰でも利用できるようになっています。

続きを読む…

AIの悪用を未然に防ぐために取り組むべきこととは?

AIの悪用を未然に防ぐために取り組むべきこととは?

人工知能(AI)および機械学習の技術はこれまでない速度で進化しており、機械翻訳から医療用画像解析に至るまで、多くの有益な用途があります。これまで人工知能を悪意ある用途で使用されることに、ほとんど注目されていませんでした。そこで「OpenAI」のMiles Brundage氏らが発表した論文では、人工知能技術を悪意を持って使用した場合の、セキュリティリスクを調査し、これらの脅威を正しく予測し、被害の予防もしくは最小化する方法を提案しています。

続きを読む…

完全無敵の「AlphaGo Zero」でも使われた「AIによる自己学習」の欠点とは?

完全無敵の「AlphaGo Zero」でも使われた「AIによる自己学習」の欠点とは?

Google傘下のDeepMindの囲碁AI「AlphaGo」が、2016年にトップ棋士の一人である韓国のイ・セドル(李世乭)氏、2017年には中国の柯潔氏に勝利を収めたことが知られています。さらにDeepMindの新しい囲碁AI「AlphaGo Zero」が過去の棋譜データすら与えずに、たった3日間の自己学習のみで「AlphaGo」と100局対戦して100勝無敗の圧倒的勝利を収めることになります。このため、過去のデータに頼らずとも、人工知能による「自己学習」はとても万能で、どんなことにも応用できるとされていますが、実際のところは苦手な分野もあるとのこと。最強と思われるAIの「自己学習」のどこに欠点があるのかを、科学系のニュースを扱っているQuanta Magazineが報じています。

続きを読む…

「児童ポルノを検出するAI」で警察をトラウマから救う計画が進行中

「児童ポルノを検出するAI」で警察をトラウマから救う計画が進行中

イギリスの首都警察は押収したデバイスに犯罪の証拠となる写真が含まれているかどうか専用のソフトウェアに頼っているのですが、ソフトウェアに「砂漠の画像をヌードと判断する」という問題点があることから、児童ポルノの検出を含め繊細な作業は専門家らの手に頼って調査していました。しかし、上記のような作業は担当者を精神的に追い詰めるとして、新たに人工知能(AI)を利用した検出ソフトが開発されています。

続きを読む…

DeepMindが「AIの倫理」を研究する「DeepMind Ethics&Society(DMES)」を設立

DeepMindが「AIの倫理」を研究する「DeepMind Ethics&Society(DMES)」を設立

Google傘下のDeepMindが、人工知能(AI)技術が抱えるさまざまな倫理的問題を解決するための研究部門「DeepMind Ethics&Society(DMES)」を設立しました。今後のAIの進化と社会への活用には倫理的な問題の解決が不可欠だという判断です。

続きを読む…

プーチン大統領が「AIを制するものが世界を牛耳る」と学生に説く

プーチン大統領が「AIを制するものが世界を牛耳る」と学生に説く

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が、学生に向けて学問の大切さを説く中で、「人工知能(AI)を制するものが世界を制する」と述べました。

続きを読む…