Warning: Declaration of KtaiService_Other::in_network($allow_search_engine = false) should be compatible with KtaiServices::in_network($networks = NULL, $allow_search_engine = false) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php on line 2459

Warning: Use of undefined constant NICHEPATCH_CHECKTIMESTAMP_HOUR_DEFAULT - assumed 'NICHEPATCH_CHECKTIMESTAMP_HOUR_DEFAULT' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/niche-patch/patch.php on line 14

Warning: Use of undefined constant NICHEPATCH_MENUORDER_POST_COLUMN - assumed 'NICHEPATCH_MENUORDER_POST_COLUMN' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/niche-patch/patch.php on line 15

Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 44

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_search() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_where() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_fields() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_request() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php:2459) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 3312
ソフトウェア, ネットサービス, | 東大島に暮らすWEBディレクターブログ ~ 東大島から情報発信中! ~

カテゴリー: ソフトウェア, ネットサービス,

AppleがFacebookに引き続きGoogleの社内向けアプリもブロック、企業向けプログラムの悪用が広がる

AppleがFacebookに引き続きGoogleの社内向けアプリもブロック、企業向けプログラムの悪用が広がる

Appleが、Facebookに続いてGoogleの社内向けiOSアプリ配布をシャットダウンしたと報じられています。これによって、Google社内のカフェアプリやバスアプリなどの従業員専用アプリのほか、初期バージョンのGoogleマップやハングアウト、Gmailなど、Googleが配信するアプリのプレリリースベータ版が動作しなくなったそうです。

続きを読む…

フェイクニュースの温床となったFacebookが広告の透明性を保つツールの排除に動き出す

フェイクニュースの温床となったFacebookが広告の透明性を保つツールの排除に動き出す

インターネット上の多くのサービスと同様に、Facebookも広告収入をメインの収入源としています。そのFacebookで表示される広告を見ていると、「なぜ自分のページにこの広告が?」と疑問に思うような広告が表示されることも少なくないはずです。Facebookには広告の透明性を保つために「このメッセージが表示される理由」という、「広告主がどうやって広告を表示する対象を決めているのか?」についての情報を記す項目を用意しています。この情報を収集するためのツールが複数公開されていたのですが、Facebookはこのような「広告の透明性を保つ助けとなるツール」を排除していることが判明しています。

続きを読む…

MacのApp StoreでMicrosoft Office 365がダウンロード可能に

MacのApp StoreでMicrosoft Office 365がダウンロード可能に

AppleがMac向けのApp StoreでMicorsoft Office 365製品のダウンロードが可能になったと発表しました。Macユーザーはこれまでになく簡単に、Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlookなどをダウンロード・インストールできるようになります。

続きを読む…

Googleを神とあがめウェブ検索を宗教儀式化するChrome拡張「Google神格化キット」についての論文が公開中

Googleを神とあがめウェブ検索を宗教儀式化するChrome拡張「Google神格化キット」についての論文が公開中

検索エンジンをはじめとする多種多様なサービスを展開するGoogleが世界最大のインターネット企業の1つであることは誰もが認めるところ。「google」「ググる」という動詞が定着するほどに、Googleの存在は日常生活に深く浸透しています。そんなGoogleを「既存の神に変わる存在」だと考えた甲南女子大学文学部メディア表現学科の編集・インターネット研究ゼミの1期生が、Google検索を宗教儀式として演出するChrome拡張「Google神格化キット」を卒業制作として発表し、制作の経緯などを卒業論文にまとめています。

続きを読む…

Googleを神とあがめウェブ検索を宗教儀式化するChrome拡張「Google神格化キット」についての論文が公開中

Googleを神とあがめウェブ検索を宗教儀式化するChrome拡張「Google神格化キット」についての論文が公開中

検索エンジンをはじめとする多種多様なサービスを展開するGoogleが世界最大のインターネット企業の1つであることは誰もが認めるところ。「google」「ググる」という動詞が定着するほどに、Googleの存在は日常生活に深く浸透しています。そんなGoogleを「既存の神に変わる存在」だと考えた甲南女子大学文学部メディア表現学科の編集・インターネット研究ゼミの1期生が、Google検索を宗教儀式として演出するChrome拡張「Google神格化キット」を卒業制作として発表し、制作の経緯などを卒業論文にまとめています。

続きを読む…

地球上の知識すべての共有を目指してWikipediaの翻訳ツールにGoogle翻訳が追加される

地球上の知識すべての共有を目指してWikipediaの翻訳ツールにGoogle翻訳が追加される

人類の財産であるすべての「知識」をオンライン上で共有することを目指してWikipediaを運営するWikimedia Foundationが、Wikipediaで使える翻訳機能にGoogle翻訳を追加したと発表しました。最も優れた翻訳精度を持つといわれる翻訳ソフトのGoogle翻訳がWikipediaの編集ツールとして利用可能になることで、レアな言語でも知識が共有されることが期待できそうです。

続きを読む…

Amazonの「なか見!検索」を悪用すると本の全容を99%再現可能であるという指摘

Amazonの「なか見!検索」を悪用すると本の全容を99%再現可能であるという指摘

Amazonの書籍販売ページで使用できるなか見!検索は、気になる本の試し読みが可能なサービスで、書籍内のフレーズを検索できるためより自分が探している本へたどり着きやすい優れものです。しかしながら、この機能を悪用すると本の全容を読み取ることができてしまうということを、プログラミングなどに関連する情報を発信するミカウ・カウジュニ(Michał Kałużny)氏が指摘しています。

続きを読む…

Google Chromeは「戻る」ボタンで戻れない悪質なウェブサイトを駆逐する予定

Google Chromeは「戻る」ボタンで戻れない悪質なウェブサイトを駆逐する予定

ウェブページで「戻る」ボタンをクリックしても、元のページに戻れないことがあります。Googleはこのような「history manipulation(履歴操作)」と呼ばれる悪質な仕様に終止符を打つべく、ブラウザGoogle Chromeを改良する予定です。

続きを読む…

中央主権的なHTTPから脱却し新しいインターネットの世界を生み出す壮大な分散型システム「IPFS」とは?

中央主権的なHTTPから脱却し新しいインターネットの世界を生み出す壮大な分散型システム「IPFS」とは?

インターネットの世界は通信プロトコルの「HTTP」によって成り立っていますが、情報(データ)を管理するサーバーが存在するシステム設計上、そのサーバーがオフラインになるとウェブから情報が失われるという欠点を抱えています。このような構造的な欠点を抱える中央集権型のHTTPと違い、分散型のファイルシステム「Interplanetary File System(IPFS)」が考案され、新しいインターネットの世界の構築に向けてプロジェクトが動き始めています。

続きを読む…

GoogleがAIアシスタント対応メッセージアプリ「Allo」を廃止、チャット・メッセージ系サービスの整理へ

GoogleがAIアシスタント対応メッセージアプリ「Allo」を廃止、チャット・メッセージ系サービスの整理へ

Googleは現地時間の2018年12月6日に公開したブログでメッセージ系サービスの整理を行うことを発表しました。Google Assistant機能をサポートするメッセージアプリ「Allo」が廃止されて一部の機能が「Messages」に組み込まれるほか、「ハングアウト」は「Hangouts Chat」と「Hangouts Meet」としてビジネス用途が強化される模様です。

続きを読む…

Amazonが社内用に提供していた機械学習コンテンツ群を無料で公開開始

Amazonが社内用に提供していた機械学習コンテンツ群を無料で公開開始

膨大な商品を扱うAmazonのストア運営や、同社のウェブサービスであるAWSなどにおいては、サービスのあちこちに機械学習を使ったAI(人工知能)が用いられています。エンジニアのスキルアップのために数々の機械学習関連の教育コンテンツを開発・提供してきたAmazonはなんと、それらツールの無料公開を始めました。

続きを読む…

ChromeとFirefoxはFTPのサポートを終了する予定

ChromeとFirefoxはFTPのサポートを終了する予定

FTPとはサーバーとクライアント、2種類のソフトウェアを用いて両者の間でファイルを送受信するためのプロトコルです。そんなFTPに対するサポートを、ChromeとFirefoxが終了する予定であると報じられています。

続きを読む…

誰でも深層強化学習のスキルを身に付けて活用できるための教育リソース「Spinning Up」をOpenAIが発表

誰でも深層強化学習のスキルを身に付けて活用できるための教育リソース「Spinning Up」をOpenAIが発表

AI技術を理解するためには機械学習の知識を身に付ける必要があり、特に深層強化学習を理解して活用できるようになることが不可欠です。イーロン・マスク氏らが設立した人工知能を研究する非営利団体であるOpenAIは、深層強化学習を学んで誰もがプラクティショナー(活用者)になれるようにするための教育リソース「Spinning Up」を公開しました。

続きを読む…

Amazon幹部が「顔認識ソフトを法執行機関に提供し続ける」と従業員に対して説明

Amazon幹部が「顔認識ソフトを法執行機関に提供し続ける」と従業員に対して説明

Amazon社内で行われた全員参加のスタッフミーティングにおいて、Amazon Web Services(AWS)のCEOを務めるアンドリュー・ジャシー氏が、顔認識API「Amazon Rekognition」の悪用は認めないとしつつも、法的に規制されない限り法執行機関を含めた顧客への提供を今後も続けていく意向を示しました。

続きを読む…

Chrome 71では「勝手にリダイレクトする」など不正な広告を配信するサイトの全広告をブロックする方針

Chrome 71では「勝手にリダイレクトする」など不正な広告を配信するサイトの全広告をブロックする方針

インターネットを利用してさまざまなサイトを訪問していると、中にはポップアップでいくつもの広告が出てきてブラウジングの邪魔をしたり、いきなり別のページにリダイレクトしたりといった悪質な広告が貼られたサイトに出くわすことがあります。2018年12月リリース予定の「Chrome 71」では、そのような不正な広告を配信するサイトの広告を全てブロックする機能を搭載することが発表されました。

続きを読む…