Warning: Declaration of KtaiService_Other::in_network($allow_search_engine = false) should be compatible with KtaiServices::in_network($networks = NULL, $allow_search_engine = false) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php on line 2459

Warning: Use of undefined constant NICHEPATCH_CHECKTIMESTAMP_HOUR_DEFAULT - assumed 'NICHEPATCH_CHECKTIMESTAMP_HOUR_DEFAULT' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/niche-patch/patch.php on line 14

Warning: Use of undefined constant NICHEPATCH_MENUORDER_POST_COLUMN - assumed 'NICHEPATCH_MENUORDER_POST_COLUMN' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/niche-patch/patch.php on line 15

Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 44

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_search() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_where() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_fields() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_request() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php:2459) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 3312
ソフトウェア, ハードウェア, | 東大島に暮らすWEBディレクターブログ ~ 東大島から情報発信中! ~

カテゴリー: ソフトウェア, ハードウェア,

RISC-Vは「ムーアの法則」以来の技術イノベーションになるとの予想

RISC-Vは「ムーアの法則」以来の技術イノベーションになるとの予想

大学発のオープンソースで開発されるCPUの命令セットアーキテクチャ(ISA)の「RISC-V(リスク・ファイブ)」の開発は、いまやMicrosoft、IBM、Qualcomm、Micron、Samsung、Huaweiなどの名だたる企業が参加する一大プロジェクトとなっています。CPUというハードウェア開発の鍵となるISAをオープンにするRISC-Vは、「ムーアの法則」の終わりの時代に現れた、将来のコンピューティング・エコシステムを大きく変える可能性を秘める存在だという予想があります。

続きを読む…

Linuxディストリビューション「Ubuntu 18.10」は6年の時を超えてどれだけ進化したのか、「Ubuntu 12.10」との性能比較レポートが公開中

Linuxディストリビューション「Ubuntu 18.10」は6年の時を超えてどれだけ進化したのか、「Ubuntu 12.10」との性能比較レポートが公開中

2018年10月4日にリリースされたLinuxディストリビューション「Ubuntu 18.10」と2012年にリリースされて2017年4月にサポートが終了した「Ubuntu 12.10」とのベンチマーク比較を、Linux機器のレビューを行うPhoronixが報告しています。6年という月日を超えて、Ubuntu 18.10はUbuntu 12.10に比べてどれだけ速くなったのか、そして2018年1月に発覚したIntelプロセッサの致命的な脆弱性の影響はどれだけみられるのかの検証となっています。

続きを読む…

Amazonは「Alexa搭載電子レンジ」などさまざまなAlexa搭載の家電製品を売り出す予定

Amazonは「Alexa搭載電子レンジ」などさまざまなAlexa搭載の家電製品を売り出す予定

Amazonが開発したAIアシスタントの「Alexa」は、Amazonのスマートスピーカー「Amazon Echo」に搭載されており、音声制御だけでなくインターネット経由で使用できるサービスや、「Alexaスキル」と呼ばれる非常に多くの機能を使用することができます。そんなAlexaについて、「Amazonは2018年末までに『Alexa搭載の電子レンジ』を含む8種類のAlexa搭載家電製品を発売する予定だ」と報じられています。

続きを読む…

VRを使ってスポーツ選手の動体視力を向上させることが可能なシステムが登場

VRを使ってスポーツ選手の動体視力を向上させることが可能なシステムが登場

「SyncThink」はバーチャル・リアリティ(VR)ヘッドセットとニューロテクノロジーや脳分析を組み合わせ、眼球運動障害や前庭機能障害などを診断可能なデバイス「Eye-Sync」を開発する企業です。そのSyncThinkが新しいソフトウェアを発表しており、これを使えば健康なアスリートでも多くのスポーツで重要となってくる「動体視力」を鍛えることが可能になるそうです。

続きを読む…

GoogleはAI制御でデータセンターを冷却するシステムを導入し30%の省エネに成功

GoogleはAI制御でデータセンターを冷却するシステムを導入し30%の省エネに成功

2010年にGoogleによって買収されたイギリスの人工知能開発企業であるDeepMindは、2016年にGoogleのデータセンターの冷却効率を、AIを使うことで40%も削減する事に成功しました。その後も協力してデータセンターの冷却システム改善を続けてきたGoogleとDeepMindが「完全にAIが制御して人間の手を必要としない冷却システムを導入し、30%の電力削減に成功した」ことを発表しています。

続きを読む…

CPUやGPUに代わって「FPGA」がコンピューティングの主役に躍り出る可能性はあるのか?

CPUやGPUに代わって「FPGA」がコンピューティングの主役に躍り出る可能性はあるのか?

IntelがFPGAメーカーのAlteraを巨額で買収したり、MicrosoftがデータセンターにFPGAを使ったり、AmazonのAWSがFPGAに対応したりと、「field-programmable gate array(FPGA)」がコンピューティングの世界で存在感を増しています。CPU・GPUとの違いや、ディープラーニングなどでGPUを置き換える存在となるのかなど、FPGAの現状と将来について、Netherlands eScience Centerのアッツェ・ファン・デル・ペロッグ氏がまとめています。

続きを読む…

GoogleのChromebookがまもなくWindows 10とのデュアルブートが可能に

GoogleのChromebookがまもなくWindows 10とのデュアルブートが可能に

GoogleがChromebookのフラグシップモデルである「Pixelbook」にWindows 10を搭載する動きがあることが指摘されていましたが、いよいよ現実のものになろうとしています。記事作成時点でGoogleはWindows 10とのデュアルブートを可能にする「Campfire」と呼ばれる機能を開発しており、これがまもなく適用されるようになるとのことです。

続きを読む…

1万円で暗視ゴーグルを自作した猛者が登場

1万円で暗視ゴーグルを自作した猛者が登場

ヘッドセット型の暗視ゴーグルは一般的に約5万円以上の価格となっていて、使用頻度等を考えれば、欲しいからと言って簡単に購入できるものではありません。そこで、「シングルボードコンピューターのRaspberry Piを使えば安価に作れるのでは?」と考えて、本当に実現してしまった人物がRedditに現れました。このユーザーによると、構築にかかった費用は100ドル(約1万1000円)にも満たないとのことです。

続きを読む…

2018年秋に登場予定の新iPad Proは「ベゼルレスデザイン」になることがiOS開発版のアイコンから判明

2018年秋に登場予定の新iPad Proは「ベゼルレスデザイン」になることがiOS開発版のアイコンから判明

2018年中に登場するとウワサされている新型iPad Proはベゼルレス&ノッチなしのデザインとなることが、Apple関連の確度の高いリーク情報で知られるミンチー・クオ氏によって予想されています。この情報はあくまでも予想の域を出ていませんでしたが、iOS 12の開発者向けベータ版からベゼルレスデザインの新しいiPad Proのアイコンが発見されたことで、このウワサが本当であるという見方が強まっています。

続きを読む…

GoogleのAI部門でトップだったエンジニアが示す機械学習システムアーキテクチャの進むべき姿とは?

GoogleのAI部門でトップだったエンジニアが示す機械学習システムアーキテクチャの進むべき姿とは?

日進月歩で技術が進む機械学習とそれに基づく人工知能(AI)の世界は、常に新しい技術が登場し続ける場です。かつてGoogleのAI部門でチーフを務め、「Google Brain」のトップだったジェフ・ディーン氏が、今後の機械学習を見定める上で重要なポイントを語っています。

続きを読む…

AppleがMacBook Proで起きていた熱で「CPU本来の性能が出ない」問題を修正するソフトウェアアップデートをリリース

AppleがMacBook Proで起きていた熱で「CPU本来の性能が出ない」問題を修正するソフトウェアアップデートをリリース

Appleは2018年モデルのMacBook Proで起きる排熱に関するバグに対処するため、新しいソフトウェアアップデートをリリースしています。排熱バグが起きると、MacBook Proに搭載されているCPUのクロック周波数が低下するということで、MacBook Proは「CPU本来の性能を引き出せない」問題のある端末だと指摘されていました。

続きを読む…

Googleが量子コンピュータNISQ向けオープンソースフレームワーク「Cirq」パブリックアルファ版を発表

Googleが量子コンピュータNISQ向けオープンソースフレームワーク「Cirq」パブリックアルファ版を発表

近年、進化を続けてきた量子コンピューティングの活用を広く進めるべく、Google Quantum AIチームが量子ゲートモデルのNISQ向けのフレームワーク「Cirq」のパブリックアルファ版を発表しました。

続きを読む…

AmazonがFireタブレットをディスプレイ付きAmazon Echoに変える「Show Mode」を発表

AmazonがFireタブレットをディスプレイ付きAmazon Echoに変える「Show Mode」を発表

Amazonは、同社のタブレット端末であるFire HD 8とFire HD 10をディスプレイ付きの「Alexa」内蔵スマートスピーカーに変更する「Show Mode」と、Show Modeに特化した充電用ドック「Show Mode Charging Dock」を発表しました。

続きを読む…

スーパーコンピューターTOP500発表、アメリカが首位奪還

スーパーコンピューターTOP500発表、アメリカが首位奪還

ベンチマークによるコンピューターの性能ランキングTOP500の2018年6月版が発表されました。過去5年間は中国製のスーパーコンピューターがランキングを席巻したのですが、IBMの世界最速スーパーコンピューター「Summit」がトップに踊りでるなど、大きな変化が見られます。

続きを読む…

Microsoftが秘密裏に独自命令セットのCPU「E2」を開発、Windows 10とLinuxの動作をテスト中

Microsoftが秘密裏に独自命令セットのCPU「E2」を開発、Windows 10とLinuxの動作をテスト中

Microsoftがx86とはまったく異なる設計の命令セットを採用するプロセッサー「E2」を開発中だとRegisterが報じました。E2の開発には半導体メーカーのQualcommが協力しており、すでにWindows 10やLinuxを動かすテストも行われているとのことです。

続きを読む…