Warning: Declaration of KtaiService_Other::in_network($allow_search_engine = false) should be compatible with KtaiServices::in_network($networks = NULL, $allow_search_engine = false) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php on line 2459

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_search() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_where() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_fields() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_request() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php:2459) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 3312
ソフトウェア, 動画, | 東大島に暮らすWEBディレクターブログ ~ 東大島から情報発信中! ~

カテゴリー: ソフトウェア, 動画,

ニューラルネットワークを用いて相手の表情を認識し自然に対話できるチャットボット「ハンク」登場

ニューラルネットワークを用いて相手の表情を認識し自然に対話できるチャットボット「ハンク」登場

対話相手の表情を読み取り、それぞれに適した返答が行えるチャットボット「ハンク」をトロント大学の研究チームが開発しました。これまで登場してきた対話可能な音声認識AIなどは、言葉の意味だけをくみ取って会話を行うものばかりでしたが、研究チームは実際のコミュニケーションでは「相手の表情」からも意図をくみ取るものであるとして、同じ質問であっても相手の表情から気分を類推して異なる返答を行うニューラルネットワークモデルの開発に成功。アバターをつけて「ハンク」と名付け、実際にさまざまな対話を行う様子をムービーで公開しています。

続きを読む…

「演奏してみた」ムービーをクリックするだけで特定の楽器の音を抜き出すAIシステムをMITが開発

「演奏してみた」ムービーをクリックするだけで特定の楽器の音を抜き出すAIシステムをMITが開発

マサチューセッツ工科大学(MIT)のコンピューター科学人工知能研究所(Computer Science and Artificial Intelligence Laboratory、CSAIL)は、音楽を演奏するムービーから特定の楽器の音を分離する人工知能(AI)システム「PixelPlayer」を開発しました。このシステムを使うと、ムービー上の演奏者をクリックするだけでその楽器の音だけを抜き出したり、音量を調整したりできるようになるとのことです。

続きを読む…

架空のアイドルを自動生成しまくる「アイドル生成AI」が誕生、どこかで見たことがあるようなないような顔が生成されまくり

架空のアイドルを自動生成しまくる「アイドル生成AI」が誕生、どこかで見たことがあるようなないような顔が生成されまくり

京都大学発の人工知能(AI)ベンチャー「データグリッド」が、架空のアイドルを自動生成可能なAIの開発に成功しています。

続きを読む…

普通のカメラで撮影した映像を超滑らかにスローモーション化できるAI技術「Super SloMo」をNVIDIAが開発

普通のカメラで撮影した映像を超滑らかにスローモーション化できるAI技術「Super SloMo」をNVIDIAが開発

NVIDIAがマーセッド大学とマサチューセッツ大学アマースト校と共同で、機械学習を利用してムービーの中間フレームを予測・自動生成することで通常のムービーを滑らかなスローモーションムービーに変える技術「Super SloMo」を開発しました。

続きを読む…

目に見える情報から「見えない部分」を推測して3Dモデルを生成する「GQN」

目に見える情報から「見えない部分」を推測して3Dモデルを生成する「GQN」

人がテーブルの天板と3本の脚の存在を目で確認すると、「後ろに4本目の足がある」と頭の中で勝手に推測するものです。このような作業は人間にとっては容易なものですが、人工知能にとっては非常に困難な作業だとされています。Googleの親会社Alphabet傘下のAI企業DeepMindは視認できる情報から目で見えない部分を推測する「Generative Query Network(GQN)」を開発しました。

続きを読む…

ディープラーニングを使った驚異のムービー編集技術「Deep Video」では人の表情や頭・目の動き、まばたきまで別の人に移植可能

ディープラーニングを使った驚異のムービー編集技術「Deep Video」では人の表情や頭・目の動き、まばたきまで別の人に移植可能

ディープラーニングのアルゴリズムを使って既存のムービーに登場する人物を編集する新しい技術「Deep Video」をスタンフォード大学のMichael Zollhöfer准教授らが発表しました。この技術を用いれば、1つのムービーに登場する人物が言葉を話す様子やジェスチャーを、別のムービーの人物にまるまる移植することができます。

続きを読む…

Google Chrome 67安定版リリース、「サイト分離」機能やセンサー用API「Generic Sensor API」を搭載

Google Chrome 67安定版リリース、「サイト分離」機能やセンサー用API「Generic Sensor API」を搭載

Google Chromeの最新安定版「67.0.3396.62」がリリースされました。閲覧サイトを盗みされるのを防ぐ「サイト分離(Site Isolation)」機能が有効になり、センサー情報を取得するための一般的なAPIも搭載されています。

続きを読む…

ARで撤去された京大周辺の立て看板を復活させる「ARタテカン」

ARで撤去された京大周辺の立て看板を復活させる「ARタテカン」

京都大学は京都市左京区にある吉田キャンパス周辺に並んでいた立て看板を2018年5月13日に撤去しましたが、その後、学生たちが撤去された看板を再度立て直し、18日朝に京都大学側が2度目の撤去を行うという大学側と学生側の小競り合いが続いています。そんな中、立て看板が撤去されたなら仮想現実で立て直せばいい、ということで「ARタテカン」を作成する京大生が現れました。

続きを読む…

AIが人間の行動を観察するだけで同じ行動を模倣する技術をNVIDIAが公開

AIが人間の行動を観察するだけで同じ行動を模倣する技術をNVIDIAが公開

NVIDIAは、AIが「物体を移動させる」などの人間の行動を観察するだけで、行動前後の物体の位置関係からAIが自ら実行計画を立案して、同じ行動を実行することができる技術を公開しました。

続きを読む…

自販機へ買いに来た人の視線をアイトラッキングし年齢・性別・気分を分析できる「Angus.ai」

自販機へ買いに来た人の視線をアイトラッキングし年齢・性別・気分を分析できる「Angus.ai」

自動販売機に市販のウェブカメラを取り付けるだけで、飲み物や食べ物が購入された時に、購入者の年齢層・性別・気分・目の動きなどをリアルタイムで追跡してデータとして分析できるようにするAI「Angus.ai」が登場しています。

続きを読む…

買い物客が手に取った品をリアルタイムで認識&追跡して会計が一瞬で終了する「STANDARD COGNITION」が日本で働くエンジニアを募集中

買い物客が手に取った品をリアルタイムで認識&追跡して会計が一瞬で終了する「STANDARD COGNITION」が日本で働くエンジニアを募集中

スーパーマーケットのレジで会計を待ったり長い列に並んだりする状況を変えよう、ということで、人が持っている品をカメラがリアルタイムで自動的に認識して、レジの前に立つと一瞬で商品の合計額が示される画期的システム「STANDARD COGNITION」が開発中です。STANDARD COGNITIONは日本で働くエンジニアを募集していることから、日本の企業がSTANDARD COGNITIONのシステムの導入を計画しているのではないか?とみられています。

続きを読む…

肉眼で確認できないレベルで文書内に秘密のメッセージを隠すことができる「FontCode」

肉眼で確認できないレベルで文書内に秘密のメッセージを隠すことができる「FontCode」

特殊な処理を施さないと目に見えないインクとして知られる「不可視インク」など、人類は他人に見られてはならない秘密情報をやり取りするための手段を数多く開発してきました。コロンビア大学のチャンシ・ズン准教授らの研究チームは、文書中に肉眼では確認できない秘密のメッセージを埋め込む技術「FontCode」の開発に成功しています。

続きを読む…

Google I/Oで示された「GoogleのAI活用」まとめ、AIは日常生活の問題をどれだけ解決しているのか?

Google I/Oで示された「GoogleのAI活用」まとめ、AIは日常生活の問題をどれだけ解決しているのか?

Googleの開発者向けイベント「Google I/O 2018」が2018年5月8日~10日まで開催されています。今回のGoogle I/Oの目玉は「AI」にあり、数多くの新機能が発表されました。Googleアシスタントが人間の替わりにお店に電話する「Google Duplex」など、GoogleのAIが解決してきた数々の問題が、Googleの公式ブログでまとめられています。

続きを読む…

Nintndo Laboの「Toy-Conガレージ」でラーメンタイマーを自作した猛者が登場

Nintndo Laboの「Toy-Conガレージ」でラーメンタイマーを自作した猛者が登場

任天堂による新しい遊びの発明として登場した「Nintendo Labo」から、バイク・ピアノ・釣りざおなどのコントローラーが作れる「Variety Kit」と、全身を使ってロボットを操作できる「Robot Kit」が2018年4月20日に登場しています。そんなNintendo Laboの中には、アイデア次第でいろんな遊びを自分で作り出せる「Toy-Conガレージ」という機能が存在しているのですが、さっそくおにぎりさんがこれを使って「ラーメンタイマー」を作ったムービーを投稿しています。

続きを読む…

邪魔な物体を塗りつぶすだけでAIが画像を違和感ないレベルに自動修正する技術「Image Inpainting」をNVIDIAが公開

邪魔な物体を塗りつぶすだけでAIが画像を違和感ないレベルに自動修正する技術「Image Inpainting」をNVIDIAが公開

写真の情報が欠落した部分を自動で補正する技術「Image Inpainting」をNVIDIAが公開しました。ディープラーニングを使って実現したImage Inpaintingは、写真の中の要らない物体をキレイさっぱりと消し去ってくれます。また、画像の欠落部分の意味を理解して、自然な内容を補うことも可能です。

続きを読む…