Warning: Declaration of KtaiService_Other::in_network($allow_search_engine = false) should be compatible with KtaiServices::in_network($networks = NULL, $allow_search_engine = false) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php on line 2459

Warning: Use of undefined constant NICHEPATCH_CHECKTIMESTAMP_HOUR_DEFAULT - assumed 'NICHEPATCH_CHECKTIMESTAMP_HOUR_DEFAULT' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/niche-patch/patch.php on line 14

Warning: Use of undefined constant NICHEPATCH_MENUORDER_POST_COLUMN - assumed 'NICHEPATCH_MENUORDER_POST_COLUMN' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/niche-patch/patch.php on line 15

Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 44

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_search() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_where() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_fields() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_request() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php:2459) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 3312
ソフトウェア, 動画, | 東大島に暮らすWEBディレクターブログ ~ 東大島から情報発信中! ~

カテゴリー: ソフトウェア, 動画,

人間の指示なしにロボットが自分で動いて学習できるアルゴリズム「Grasp2Vec」をGoogleが発表

人間の指示なしにロボットが自分で動いて学習できるアルゴリズム「Grasp2Vec」をGoogleが発表

AIを搭載したロボットが自分で動いて物体を認識し、自身の関与によってどのような結果が導かれるのかを学習可能なアルゴリズム「Grasp2Vec」をGoogle AIが発表しました。

続きを読む…

人間の指示なしにロボットが自分で動いて学習できるアルゴリズム「Grasp2Vec」をGoogleが発表

人間の指示なしにロボットが自分で動いて学習できるアルゴリズム「Grasp2Vec」をGoogleが発表

AIを搭載したロボットが自分で動いて物体を認識し、自身の関与によってどのような結果が導かれるのかを学習可能なアルゴリズム「Grasp2Vec」をGoogle AIが発表しました。

続きを読む…

魔法陣の中に英語で書いた物体が召喚されてにょきにょき出てくるアプリ「スペルマスター」

魔法陣の中に英語で書いた物体が召喚されてにょきにょき出てくるアプリ「スペルマスター」

魔法陣の中に「APPLE」「PENCIL」「COMPUTER」など好きな単語を英語で書き込み、スマートフォンアプリを起動して魔法陣をカメラで撮影すると、魔法陣の中から描いたものが召還される……というARアプリ「SPELL MASTER スペルマスター」が開発されています。実際に使ってみた様子が多数ムービーで公開されており、夢のある完成度となっています。

続きを読む…

魔法陣の中に英語で書いた物体が召喚されてにょきにょき出てくるアプリ「スペルマスター」

魔法陣の中に英語で書いた物体が召喚されてにょきにょき出てくるアプリ「スペルマスター」

魔法陣の中に「APPLE」「PENCIL」「COMPUTER」など好きな単語を英語で書き込み、スマートフォンアプリを起動して魔法陣をカメラで撮影すると、魔法陣の中から描いたものが召還される……というARアプリ「SPELL MASTER スペルマスター」が開発されています。実際に使ってみた様子が多数ムービーで公開されており、夢のある完成度となっています。

続きを読む…

囲碁王者を倒したAlphaGoをゼロから始めて30時間で打ち負かす「AlphaZero」、将棋・チェスの最強ソフトもサクッと制圧

囲碁王者を倒したAlphaGoをゼロから始めて30時間で打ち負かす「AlphaZero」、将棋・チェスの最強ソフトもサクッと制圧

囲碁の世界チャンピオンを打ち負かしたソフト「AlphaGo」が正常進化して、「AlphaZero」が誕生しました。人間による手助けを一切必要としないAlphaZeroは、ルールしか知らない状態から自己教育することで、たった30時間でAlphaGoを完膚なきまでに打ち負かす強さに成長可能。囲碁だけでなく、数十時間の独学でチェス・将棋でも、既存の最強ソフトを圧倒する強さへと進化できます。

続きを読む…

AIでリアル映像から3DCGのバーチャル世界を生成する方法をNVIDIAが公開、3D環境構築のコストが大幅カット可能に

AIでリアル映像から3DCGのバーチャル世界を生成する方法をNVIDIAが公開、3D環境構築のコストが大幅カット可能に

NVIDIAが世界で初めて「現実世界の映像から3DCGのバーチャル環境を構築」可能なAIを開発することに成功しました。AIが生成する3DCGの仮想環境は、自動運転カーの訓練やゲーム、VRにも利用可能であり、従来の方法よりも3D環境を構築するために必要となる時間とコストが格段に削減できるようになります。

続きを読む…

Googleの危機対策チームはAIで洪水を予測するシステムを開発している

Googleの危機対策チームはAIで洪水を予測するシステムを開発している

長雨や豪雨によって水があふれる洪水は、毎年のように世界中で大きな被害を出しています。洪水をはじめとする災害の発生を事前に予測することができれば多くの被害を減らすことができると考えたGoogleは、AIを用いて洪水を予測するシステムの実用化を進めているとのことで、Googleの危機対策チームが行う取り組みについてまとめられたムービーがYouTubeで公開されています。

続きを読む…

ポルノサイトを開くとヒンドゥー教の荘厳なマントラが流れてユーザーの改心を促すアプリ「Har Har Mahadev」が開発されている

ポルノサイトを開くとヒンドゥー教の荘厳なマントラが流れてユーザーの改心を促すアプリ「Har Har Mahadev」が開発されている

大手アダルトサイトのPornHubによると、2017年の国別トラフィック量ランキングの第3位がインドだったとのことで、インドのインターネット人口の増加とともに、インドからポルノサイトへのアクセスも増加しています。そんな中、インド人の「ポルノ中毒」を問題視したベナレス・ヒンドゥー大学の研究者が、ポルノサイトなど有害なコンテンツにアクセスすると荘厳なマントラや偉人のスピーチが流れて、ポルノを見ようとした人を悔い改めさせるというアプリを開発しています。

続きを読む…

「エネルギー関数」を用いてコンピューターに概念を機械学習させる

「エネルギー関数」を用いてコンピューターに概念を機械学習させる

機械学習の効率を高めるため、エネルギー関数を用いて2次元上に存在する点に関する「近い」「上側」「間」「最も近い」「最も遠い」といった概念のインスタンスの識別・生成を行える学習モデル「Energy-Based Model」の研究結果が発表されました。このモデルを使うと、わずか5回のデモンストレーションを行うだけで機械学習が行われ、その成果は2次元だけでなく3次元にも応用が可能であるとされています。

続きを読む…

「自然な着衣」を深層強化学習でシミュレートすることに成功

「自然な着衣」を深層強化学習でシミュレートすることに成功

「アニメーションのキャラクターの着替え動作」はキャラクターと衣服の関係から複雑な動きとなり、コンピューターを使っての作成は非常に難しいものとされてきました。そんな中、キャラクターアニメーションやロボット工学について研究するジョージア工科大学のAlexander Clegg氏はモデルフリーのDeep Reinforcement Learning(深層強化学習/deepRL)を使い、 ニューラルネットワークで自動的に適切な「人間の着替え動作」を発見するアルゴリズムを(PDFファイル)開発。deepRLフレームワークに「布」のシミュレーションを統合し、着衣の制御方策を学習させることに初めて成功しました。

続きを読む…

何の変哲もない画像にAIが自動で幽霊を合成してくれるシステム「AI Spirits」を学生が開発

何の変哲もない画像にAIが自動で幽霊を合成してくれるシステム「AI Spirits」を学生が開発

不可思議な存在を信じて心霊写真の撮影に熱意を燃やす心霊愛好家は、夜中に心霊スポットや墓地に出向いてカメラを回し、「幽霊」や「死者の魂」といったものが映り込むことを期待します。心霊現象が撮れたと思ったものの多くは、微妙な光をカメラセンサーが捉えてぼやけた光が映り込んだだけの単なる勘違いですが、マサチューセッツ工科大学の学生が普通の画像に幽霊を合成するシステム「AI Spirits」を開発しました。

続きを読む…

ボット排斥ツールの新型「reCAPTCHA v3」登場、すべてのページに導入することでユーザーの作業は一切不要にまで進化

ボット排斥ツールの新型「reCAPTCHA v3」登場、すべてのページに導入することでユーザーの作業は一切不要にまで進化

インターネット上で暗躍する「ボット」による攻撃は多様になっており、ボットを防ぐツールとボットとの間でいたちごっこが続いています。そんな中、Googleがボット対策ツール「reCAPTCHA」の新バージョン「reCAPTCHA v3」を公開しました。reCAPTCHA v3では、サイト閲覧者は「私はロボットではありません」というチェックをつける必要さえなくなっています。

続きを読む…

クリックするだけで性別・年齢・髪型などを自然に変化させてリアルな顔写真を生成できる「TL-GAN」

クリックするだけで性別・年齢・髪型などを自然に変化させてリアルな顔写真を生成できる「TL-GAN」

機械学習の技術が進むことで、特徴を記述するだけでコンピューターがぴったりの画像を生成してくれる画像生成モデルが開発されています。従来のように巨大なマシンパワーを使うことなく、効率的に顔の特徴を自由に変更できる画像生成モデル「TL-GAN」をニューラルネットワーク研究者のシャオボ・グアン氏が開発しています。

続きを読む…

たった8つのボタンで88鍵のピアノをハイレベルに演奏可能なAI「Piano Genie」

たった8つのボタンで88鍵のピアノをハイレベルに演奏可能なAI「Piano Genie」

GoogleのAI開発を行うGoogle Brainチームの研究からスタートした「Magenta」が、8つのボタン入力を88鍵のピアノにリアルタイムでマッピングするインテリジェントコントローラー「Piano Genie」が開発しています。

続きを読む…

「AR技術でオフィスを拡張する」ことを目指すスタートアップ「Spatial」とは?

「AR技術でオフィスを拡張する」ことを目指すスタートアップ「Spatial」とは?

拡張現実(AR)はコンピューターを利用して現実の世界に情報を重ね合わせることで、人間から見た現実世界を拡張する技術のことです。AR技術はゲームなどのエンターテイメントへの応用も注目を集めていますが、「Spatial」というスタートアップはAR技術技術を用いて「オフィス」を拡張することを目指しています。

続きを読む…