Warning: Declaration of KtaiService_Other::in_network($allow_search_engine = false) should be compatible with KtaiServices::in_network($networks = NULL, $allow_search_engine = false) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php on line 2459

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_search() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_where() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_fields() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_request() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php:2459) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 3312
ソフトウェア, 動画, ゲーム, | 東大島に暮らすWEBディレクターブログ ~ 東大島から情報発信中! ~

カテゴリー: ソフトウェア, 動画, ゲーム,

Dota 2で人間チームに勝利したOpenAIの人工知能「OpenAI Five」が今度は著名プレイヤーチームと対戦することを発表

Dota 2で人間チームに勝利したOpenAIの人工知能「OpenAI Five」が今度は著名プレイヤーチームと対戦することを発表

AIに関する非営利の研究機関として設立されたOpenAIは「OpenAI Five」と呼ばれる5つのAIを開発して、ストラテジーゲーム「Dota 2」のプレイを学習させています。2018年6月にはOpenAI FiveがDota 2の熟練プレイヤーチームに5対5のチーム戦を挑み勝利を収めており、この勝利に自信を深めたOpenAIはDota 2の著名プレイヤーで構成された5人チームと対戦することを発表しました。

続きを読む…

世界最強の囲碁AIを開発したDeepMindが「人間を超越したFPSプレイヤー」のAIを開発

世界最強の囲碁AIを開発したDeepMindが「人間を超越したFPSプレイヤー」のAIを開発

Googleと同じAlphabetを母体に持ち、世界最強の囲碁AI「AlphaGo Zero」を開発した人工知能(AI)開発企業・DeepMindが、ファーストパーソン・シューティング・ゲーム(FPS)で人間を超えた勝率をたたき出すAI「For the Win(FTW)」を開発しました。ただ敵を倒すだけではなく、人間のチームメイトとも協力して有利にゲームをプレイすることができるとのことです。

続きを読む…

従来のARをはるかに凌ぐリアルとデジタルの相互作用を実現可能なAR技術「Niantic Occlusion」

従来のARをはるかに凌ぐリアルとデジタルの相互作用を実現可能なAR技術「Niantic Occlusion」

最近Nianticが買収したMatrix Millは、複数のカメラから周囲の物体に関する情報を収集し、形状を推測できるディープニューラルネットワークの構築に長年取り組んできたチームです。このMatrix Millが長年かけて開発に取り組んできたディープニューラルネットワークは、「コンピューターが現実世界をどのように見て理解するのか?」を再定義し、現実世界のオブジェクトとデジタルオブジェクトがどのように相互作用するのかを大きく変える可能性を秘めています。そんな技術をもとに、Nianticがこれまでの拡張現実(AR)よりもはるかにリアルで、現実とデジタルが精巧に相互作用することが可能なAR技術「Niantic Occlusion」を開発しており、驚がくのデモンストレーションが公開されています。

続きを読む…

OpenAIの人工知能「OpenAI Five」がDota 2の5対5バトルで人間チームに勝利

OpenAIの人工知能「OpenAI Five」がDota 2の5対5バトルで人間チームに勝利

人工知能(AI)をオープンソース化するために活動する非営利の研究機関「OpenAI」は、AI技術が将来的に誰にとっても恩恵を受けられるような安全な進歩を遂げるようにとイーロン・マスク氏らによって設立された組織です。そんなOpenAIが研究を進めるAIは、特定の条件下では熟練のDota 2プレイヤーにも勝利できるほどの腕前を身に付け始めています。

続きを読む…

ARでサッカーの試合を立体的にテーブル上に再現する新技術「Soccer On Your Tabletop」がスゴイ

ARでサッカーの試合を立体的にテーブル上に再現する新技術「Soccer On Your Tabletop」がスゴイ

ワシントン大学のコンスタンティノス・レマタス氏が、サッカーの試合映像を拡張銀実(AR)を用いてテーブル上にインタラクティブにレンダリングすることができる技術を発表しました。このシステムはサッカーゲームから抽出した3Dの選手データを畳み込みニューラルネットワーク(CNN)を用いて3D空間に再配置することで、二次元的な試合映像を立体的に変換し、さまざまな方向から自由にサッカーの試合を観戦できるようになるというものです。

続きを読む…

段ボール×Nintendo Switchでシンセサイザーを再現したピアノToy-Conの「録音スタジオ」でスプラトゥーンの「シオカラ節」を演奏したムービーが話題に

段ボール×Nintendo Switchでシンセサイザーを再現したピアノToy-Conの「録音スタジオ」でスプラトゥーンの「シオカラ節」を演奏したムービーが話題に

2018年4月20日に発売された「Nintendo Labo」は、あそぶ・つくる・わかるをキーワードに、段ボールから自分でNintendo Switch用の周辺機器を組み立てて遊ぶという新しいあそびの発明です。Variety Kitに含まれているピアノToy-Conの録音スタジオというモードはNintendo Switchを本格的なシンセサイザーのようにすることも可能で、@geniwayさんがTwitterで、録音スタジオやToy-Conガレージを使いながらスプラトゥーンのシオカラ節を演奏しているムービーを公開して話題になっています。

続きを読む…

リアルタイムでCGを作り出すレイトレーシングの驚異的な画質がわかるUnreal Engineのデモムービー

リアルタイムでCGを作り出すレイトレーシングの驚異的な画質がわかるUnreal Engineのデモムービー

リアルタイムでレイトレーシングを行う技術としてMicrosoftは「DXR」をNVIDIAは「RTX」を発表しましたが、レイトレーシング技術をUnreal Engineに活用して、本物と見間違うレベルのリアルさを実現する描画をリアルタイムで行うデモをEpic Gamesが発表しています。

続きを読む…

Microsoftがレイトレーシングをリアルタイムで行えるAPI「DirectX Raytracing」を公開、ゲームも映画並みにレイトレーシングを活用する時代へ

Microsoftがレイトレーシングをリアルタイムで行えるAPI「DirectX Raytracing」を公開、ゲームも映画並みにレイトレーシングを活用する時代へ

MicrosoftがGDC2018で、「Raytracing(レイトレーシング)」を活用できるDirectX 12向けのAPI「DirectX Raytracing(DXR)」を公開しました。すでにNVIDIAやAMDもDXRサポートを明言しており、映画制作で使われるCG技術であるレイトレーシングがPCゲームでも活用されることになりそうです。

続きを読む…

AIに「スーパーマリオ64でスターをゲットする方法」を学習させる

AIに「スーパーマリオ64でスターをゲットする方法」を学習させる

機械学習やニューラルネットワークなどを用いて人工知能(AI)に学習を施し、AIひとりでゲームをクリアできるようにするという試みに多くのエンジニアたちが挑んでいます。Googleもゲーム専用の「DQN」というAIを開発しており、他にもAIにスーパーマリオワールドやスーパーマリオカートをプレイさせるという試みがインターネット上で公開されてきました。そんなAI×ゲームの試みで、ついに2Dゲームではなく3Dゲームの「スーパーマリオ64」を学習させるというものがスタートしています。

続きを読む…

TensorFlow×マリオカートでキノコカップ優勝も可能なリカレントニューラルネットワーク「MariFlow」を開発

TensorFlow×マリオカートでキノコカップ優勝も可能なリカレントニューラルネットワーク「MariFlow」を開発

人間のようにマリオカートがプレイできるリカレントニューラルネットワークの「MariFlow」を、プログラマーが開発しています。

続きを読む…

Nintendo Switchの本体だけでプレイ動画の撮影&投稿が可能になったので実際に使ってみた

Nintendo Switchの本体だけでプレイ動画の撮影&投稿が可能になったので実際に使ってみた

Nintendo Switchの本体システムバージョン 4.0.0が配信され、新しくキャプチャーボードなどなしのNintendo Switch本体のみでもプレイ動画の撮影が可能になりました。撮影できるのはキャプチャーボタンを長押しした瞬間以前の30秒分で、ゲームプレイ中に「お!今良いプレイができた!」だとか「何だ今のシーン?!」となった瞬間にボタンを押せば、決定的瞬間をしっかり記録できるようになっています。また、Nintendo Switch本体のアルバム機能からスクリーンショットと同じようにTwitterやFacebookといったSNSへ投稿することも可能です。

続きを読む…

「ゲームで教育に革命を起こす」という壮大なテーマを掲げる企業Triseumとは?

「ゲームで教育に革命を起こす」という壮大なテーマを掲げる企業Triseumとは?

Googleがインターネット教育のためのゲームツール「Interland」を開発するなど、ゲームを教育ツールとして活用する試みは多くあります。アメリカではすでに高等教育や大学教育の現場にゲームが持ち込まれており、「ゲームで教育に革命を起こす」という壮大なテーマを掲げるゲーム開発企業も現れています。

続きを読む…