Warning: Declaration of KtaiService_Other::in_network($allow_search_engine = false) should be compatible with KtaiServices::in_network($networks = NULL, $allow_search_engine = false) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php on line 2459

Warning: Use of undefined constant NICHEPATCH_CHECKTIMESTAMP_HOUR_DEFAULT - assumed 'NICHEPATCH_CHECKTIMESTAMP_HOUR_DEFAULT' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/niche-patch/patch.php on line 14

Warning: Use of undefined constant NICHEPATCH_MENUORDER_POST_COLUMN - assumed 'NICHEPATCH_MENUORDER_POST_COLUMN' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/niche-patch/patch.php on line 15

Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 44

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_search() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_where() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_fields() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_request() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php:2459) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 3312
ネットサービス, セキュリティ, | 東大島に暮らすWEBディレクターブログ ~ 東大島から情報発信中! ~

カテゴリー: ネットサービス, セキュリティ,

2020年には主要なブラウザでTLS1.0とTLS1.1が無効化される予定

2020年には主要なブラウザでTLS1.0とTLS1.1が無効化される予定

「TLS」とは、インターネットなどのネットワークでデータを暗号化して送受信するプロトコルの一種です。ネットスケープコミュニケーションズが1990年代中頃に開発した暗号化プロトコルである「SSL」の後継として、インターネット技術タスクフォース(IETF)によって策定されたTLSについて、主要ブラウザが2020年をめどに古いバージョンであるTLS1.0、TLS1.1のサポートを終了することが発表されました。

続きを読む…

5000万人の個人情報が流出した件でFacebookが調査結果を公表、自分が被害を受けたか確認する方法あり

5000万人の個人情報が流出した件でFacebookが調査結果を公表、自分が被害を受けたか確認する方法あり

5000万人分のFacebookアカウントのアクセストークンが盗まれてアクセスし放題になった件について、Facebookが調査結果を公表しました。

続きを読む…

50万人のユーザー情報が流出したGoogle+がサービス終了、利用低調を理由にするも別の理由が指摘される

50万人のユーザー情報が流出したGoogle+がサービス終了、利用低調を理由にするも別の理由が指摘される

約50万人のユーザー情報が流出したSNS「Google+」がサービス終了になることが明らかになりました。サービス終了は「サービスの利用が低調」と、かねてからの不振が理由とされていますが、Googleが抱えるより大きなプライバシー問題が指摘されています。

続きを読む…

Facebookはユーザーに公開されない「影の連絡帳」を広告主に提供している

Facebookはユーザーに公開されない「影の連絡帳」を広告主に提供している

FacebookやTwitterなどのSNSを利用するとき、自分の電話番号やメールアドレスを登録することがあり、さらに家族や友人の連絡先を登録している「連絡帳」の共有を迫られることもあります。Facebookがこの連絡帳の情報を広告主に提供し、広告主は連絡帳に登録している電話番号を元にターゲット広告を行っていることを実証する論文が発表されています。

続きを読む…

「インターネット・アーカイブのウェイバックマシンが記録した過去のウェブサイトの情報」に証拠能力があると裁判所が認める

「インターネット・アーカイブのウェイバックマシンが記録した過去のウェブサイトの情報」に証拠能力があると裁判所が認める

Internet Archive(インターネット・アーカイブ)によって運営されている「Wayback Machine(ウェイバックマシン)」は日々更新されているウェブサイトを随時記録し続けており、過去に記録されたウェブサイトの情報は全て閲覧することが可能です。このため、ウェイバックマシンが記録した情報を見ることで「ウェブサイト上に悪意のある内容が掲載されていたこと」などの情報が明らかになる可能性が高いのですが、アメリカの裁判所では「過去に記録されたウェブサイトの情報に証拠能力はない」と扱われていました。しかし、2018年6月~2018年7月にかけて行われた裁判において、ウェイバックマシンが記録した情報が初めて「証拠能力がある」と認められ、有罪判決が下されました。

続きを読む…

企業の契約書や内部メモなどのスキャン文書を保管するABBYYが2万件以上の文書をパスワードロックなしで管理していたと判明

企業の契約書や内部メモなどのスキャン文書を保管するABBYYが2万件以上の文書をパスワードロックなしで管理していたと判明

OCRソフトやクラウドサービスを提供するABBYYが、顧客がスキャンしクラウドに保存した2万件以上のドキュメントデータをサーバー上でパスワードもかけずに一般公開していたことが明らかになりました。

続きを読む…

中国のホテルから流出した1億人分以上の宿泊データが約630万円で販売されている

中国のホテルから流出した1億人分以上の宿泊データが約630万円で販売されている

中国の大手ホテルチェーンから流出した約1億3000万人分もの宿泊データを手に入れたハッカーが、宿泊データをダークウェブ上で8BTC(約630万円)という価格で販売していることが明らかになりました。

続きを読む…

インサイダー取引のためにプレスリリース配信サイトを狙うハッカー集団が存在する

インサイダー取引のためにプレスリリース配信サイトを狙うハッカー集団が存在する

企業の未公開情報は入手できれば株取引で大もうけできる可能性が上がる、株トレーダーにとっての「宝の山」です。このため、公開前の情報が眠っているプレスリリース配信サイトを狙うハッカーが多数存在します。

続きを読む…

「広告ブロック機能は万能ではない」と研究者が指摘

「広告ブロック機能は万能ではない」と研究者が指摘

さまざまなウェブサイトに存在する広告の中には、ユーザーが訪問したサイトの傾向を調べるトラッキングCookieを使用して、ユーザーが興味を示しそうな広告を表示することがあります。しかし、いくら興味を示しそうな広告だからといって、自分の情報が取られることに不快感を感じたり、目障りな広告自体を不快に感じたりして、広告ブロック機能を持つアドオンを使用する人が多くいます。ルーヴェン・カトリック大学でコンピューターサイエンスの教授を務めるウーター・ヨーセン氏らの研究チームは「広告ブロック機能が思ったほどうまく機能しない」と指摘しています。

続きを読む…

Googleが位置情報をオフにしても情報を収集し続けていた問題を受けてヘルプページを変更

Googleが位置情報をオフにしても情報を収集し続けていた問題を受けてヘルプページを変更

Googleのアプリやウェブサービスは、ユーザーが端末の位置情報サービスをオフにしていても、情報を取得・追跡し続けていることが報じられ、大きな話題となりました。この問題を受け、Googleは位置情報の取得方法を変更するのかと思いきや、ヘルプページの内容をひっそりと変更しています。

続きを読む…

Instagramアカウントのハッキング被害が相次ぐ

Instagramアカウントのハッキング被害が相次ぐ

2018年8月になり、Instagramユーザーのアカウントがハッキングされたとの報告が相次いでいます。記事作成時点でハッキングを受けたユーザーは数百におよび、報告された被害内容から同一の人物または組織によって行われている可能性が高いことがわかっています。

続きを読む…

Instagramアカウントのハッキング被害が相次ぐ

Instagramアカウントのハッキング被害が相次ぐ

2018年8月になり、Instagramユーザーのアカウントがハッキングされたとの報告が相次いでいます。記事作成時点でハッキングを受けたユーザーは数百におよび、報告された被害内容から同一の人物または組織によって行われている可能性が高いことがわかっています。

続きを読む…

11歳の少年がアメリカの州選挙のウェブ投票システムをハック、わずか10分で投票結果改ざんに成功

11歳の少年がアメリカの州選挙のウェブ投票システムをハック、わずか10分で投票結果改ざんに成功

アメリカ・フロリダ州で用いられているオンライン投票マシンの精緻な複製をハッキングすることに11歳の少年が成功しました。少年は10分以内にシステムに侵入して投票結果を改ざん、選挙の結果をまったく別モノに変更することに成功しています。

続きを読む…

iTunes経由の不正請求がアジアを中心に多発、Appleは調査を開始

iTunes経由の不正請求がアジアを中心に多発、Appleは調査を開始

AppleのiTunesを経由して実際には存在しない取引が行われ、ユーザーのクレジットカードに不正な請求が行われるというケースがアジア地域で数十件発生しています。Appleはこの件に関して調査を進めています。

続きを読む…

CoinhiveのURL短縮機能が悪用されハッカーサイト経由で仮想通貨マイニングに利用されるケースが発覚

CoinhiveのURL短縮機能が悪用されハッカーサイト経由で仮想通貨マイニングに利用されるケースが発覚

ウェブサイトの運営者が訪問者に仮想通貨をマイニングさせ、その収益を受け取る「Coinhive」の仕組みを悪用し、訪問者が気づかないうちにマイニングをさせて利益を横取りする手口がセキュリティ専門企業の調査により明らかになっています。

続きを読む…