カテゴリー: ネットサービス, メモ,

Amazonにはまだ「小売市場の91%」という奪うべきターゲットが残されているので「Amazonは始まったばかり」との指摘

Amazonにはまだ「小売市場の91%」という奪うべきターゲットが残されているので「Amazonは始まったばかり」との指摘

オンライン通販市場を制圧したAmazonは、ビジネス範囲を広げてさまざまな分野に進出しています。中でもオンライン市場よりもはるかに巨大な「実店舗での小売業」へのAmazonの本格進出は避けられず、それゆえAmazonの成功物語はまだまだ序章に過ぎないという評価があります。

続きを読む…

Amazonが無限に企業を拡大していくことに成功した「ピザ2枚ルール」

Amazonが無限に企業を拡大していくことに成功した「ピザ2枚ルール」

今では世界的な大企業となったAmazonですが、その初期に創業者のジェフ・ベゾス氏はあるルールを制定しました。そのルールというのは、「社内のすべてのチームは2枚のピザを食べるのにピッタリなサイズでなければいけない」というものです。この「ピザ2枚ルール」が無限に成長していくAmazonの躍進を支えたとして、The Guardianが紹介しています。

続きを読む…

Amazonが無限に企業を拡大していくことに成功した「ピザ2枚ルール」

Amazonが無限に企業を拡大していくことに成功した「ピザ2枚ルール」

今では世界的な大企業となったAmazonですが、その初期に創業者のジェフ・ベゾス氏はあるルールを制定しました。そのルールというのは、「社内のすべてのチームは2枚のピザを食べるのにピッタリなサイズでなければいけない」というものです。この「ピザ2枚ルール」が無限に成長していくAmazonの躍進を支えたとして、The Guardianが紹介しています。

続きを読む…

Amazon倉庫の労働者はトイレ休憩すらまともに取れないと実際に倉庫で働いた記者が指摘

Amazon倉庫の労働者はトイレ休憩すらまともに取れないと実際に倉庫で働いた記者が指摘

Amazonの倉庫は広大な面積を誇り、数多くの商品が並べられています。ユーザーが購入ボタンをクリックすると、倉庫内の労働者は商品を取り出し、箱詰めから配送までの処理を24時間体制で行っています。なお、Amazon倉庫内の労働環境は厳しいことでも知られており、徹底的な効率主義の下「時間厳守」「私語厳禁」はもちろん、労働者には「秒刻み」のルールが課せられるなど、過酷な実態が知られています。イギリスのジャーナリストのジェームズ・ブラッドワース氏は、Amazonの倉庫で半年間働き、過酷な労働環境の実態を報告しています。

続きを読む…

Googleが「忘れられる権利」の裁判で敗訴、今後の検索ビジネスを困難にする先例になる可能性

Googleが「忘れられる権利」の裁判で敗訴、今後の検索ビジネスを困難にする先例になる可能性

「忘れられる権利」の行使により過去の犯罪報道に関する検索結果の削除を求められていたGoogleが、イギリスの裁判で敗訴しました。しかし、一連の裁判では検索結果の削除が認められた人と認められなかった人が現れており、忘れられる権利の行使の正当性の判断に、今後、Googleは悩まされる可能性があります。

続きを読む…

EUの新データ保護規則「GDPR」の発効でウェブサイト所有者が採るべき大きな変更とは?

EUの新データ保護規則「GDPR」の発効でウェブサイト所有者が採るべき大きな変更とは?

EU域内で2018年5月25日から個人情報の保護に関する新規則「General Data Protection Regulation(GDPR)」が施行されます。GDPRの施行により、ウェブサイトで取得したEU域内のユーザーのデータをEU域外へ持ち出すことは禁止され、収集した個人情報の活用も指定用途のみに厳しく限定されるなど個人情報の取り扱いは厳格化され、違反には多額の罰金が科せられることになります。しかし、厳格化される個人情報保護の新規則が導入目前にも関わらず、サイト運営者の対応は遅れがちだとのこと。GDPRによってサイト運営者に求められる変化と、どのように対応すべきかについて、自身も規制を受け変化を求められているというあるサイト運営者がブログでまとめています。

続きを読む…

誰でもデジタル世界でエストニア市民になれる「e-residency」に登録して感じることとは?

誰でもデジタル世界でエストニア市民になれる「e-residency」に登録して感じることとは?

世界で最も電子化が進んだ国として知られるエストニアでは2000年に電子政府が始まり、行政活動だけでなく交通機関、医療サービス、銀行取引などあらゆるサービスが電子化されています。さらに、世界中の人のためにエストニアが運営する電子国家「e-residency」が設立されており、e-residencyの電子市民「e-residents」になることで、日本にいながらEUでビジネスをする、ということも可能になっています。実際にe-residencyに住民登録して3年になるビジネスコンサルタントが、e-residentsになる素晴らしさについてQuartz at Workに寄稿しています。

続きを読む…

新人レベルの仕事に就くだけでも3年以上の勤務経験が必要と専門家が指摘

新人レベルの仕事に就くだけでも3年以上の勤務経験が必要と専門家が指摘

AIを使った求人サイト「TalentWorks」のCEOであるカスホール・チャクラバルティ氏が、自社で扱う求人データから約9万5000社以上の求人情報を無作為に抽出し分析したところ、アメリカで就職・転職時に正社員として「新人レベルの仕事内容」の職に就くだけでも、3年以上の勤務経験が必要になることがわかったとのことです。

続きを読む…

「Googleが削除する可能性の高い否定的レビューのパターン」とは?

「Googleが削除する可能性の高い否定的レビューのパターン」とは?

あなたがお店の経営者や法人の関係者だった場合、お店や法人に対する否定的なレビューはできるだけ削除してもらい、検索エンジンに引っかからないようにしてほしいはず。「否定的なレビューをGoogleが削除する8つの例」について、GoogleのSEO(検索エンジン最適化)システムの専門家であるジョイ・ホーキンズさんが述べています。

続きを読む…

コカ・コーラは強制労働問題を解消するために「ブロックチェーン」技術を活用

コカ・コーラは強制労働問題を解消するために「ブロックチェーン」技術を活用

アメリカのコカ・コーラとアメリカ国務省および民間企業数社は、飲料業界でたびたび問題となる「労働者の強制労働問題」の解決に向け、仮想通貨の取引で用いられるブロックチェーンによって労働者を確実に登録する仕組みを構築するプロジェクトを立ち上げることが明らかになりました。

続きを読む…

陰謀論に関するYouTubeの動画に「Wikipediaへのリンクを貼る」とCEOが発表

陰謀論に関するYouTubeの動画に「Wikipediaへのリンクを貼る」とCEOが発表

陰謀論とは、一般に広く認められている出来事の裏に「大衆に隠されている真実がある」とする意見のこと。有名な陰謀論には「アメリカ同時多発テロ事件陰謀説」や「三百人委員会」などがありますが、偏った意見である陰謀論を信じ込んでしまわないように、「陰謀論に関するムービーにはWikipediaへのリンクを貼る」とYouTubeが発表しています。

続きを読む…

月に600万円以上稼ぐソフトウェアエンジニアリング関連ポッドキャストを成功させたクリエイターが語るメンタリティ

月に600万円以上稼ぐソフトウェアエンジニアリング関連ポッドキャストを成功させたクリエイターが語るメンタリティ

ソフトウェアエンジニアリング関連の専門家のインタビュー番組を中心に、ほぼ毎日配信を行っているポッドキャスト「Software Engineering Daily」は、月間の収入が6万ドル(約640万円)にも達する人気チャンネルです。この番組を取り仕切るジェフ・メイヤーソン氏が、番組の誕生のきっかけから成長の段階などを振り返っています。

続きを読む…

GitHubの活動実績が雇用や就職でまったく役に立たない理由とは?

GitHubの活動実績が雇用や就職でまったく役に立たない理由とは?

GitホスティングサービスのGitHubでは、さまざまな開発者がオープンソースソフトを公開しており、中には驚くべき高度なプログラムも見られます。プログラマーとしての腕を披露する場としての意味合いもあるGitHubですが、技術者を雇い入れようとする人や、雇ってもらおうという技術者にとって、GitHubでの活動実績であるGitHubプロファイルは、ほとんど意味のないものだという意見があります。

続きを読む…

世界中を巻き込んだブラウザ戦争と「ユーザーエージェント文字列」をめぐる複雑怪奇な変遷とは?

世界中を巻き込んだブラウザ戦争と「ユーザーエージェント文字列」をめぐる複雑怪奇な変遷とは?

ユーザーエージェントとは、ユーザーの代理としてプロトコルに基づいて通信を行い、結果を通知する機能を持ったソフトウェアのことで、一般的にはウェブブラウザのことを指します。ウェブブラウザは1990年代初頭から激しい競争が開始し、ブラウザを識別するユーザーエージェント文字列の名称も大きな変遷を遂げてきました。

続きを読む…

Amazonが総合格闘技UFCのPPVを販売、スポーツPPV重視の動きを加速

Amazonが総合格闘技UFCのPPVを販売、スポーツPPV重視の動きを加速

2018年3月3日に行われた総合格闘技「UFC 222」を、Amazonがペイパービュー(PPV)として有償ストリーミング販売を行いました。オリジナルコンテンツを含めて豊富なコンテンツを集めるAmazonは、既存のケーブルTV(CATV)を完全に置き換える存在になりつつあるとの指摘があります。

続きを読む…