Warning: Declaration of KtaiService_Other::in_network($allow_search_engine = false) should be compatible with KtaiServices::in_network($networks = NULL, $allow_search_engine = false) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php on line 2459

Warning: Use of undefined constant NICHEPATCH_CHECKTIMESTAMP_HOUR_DEFAULT - assumed 'NICHEPATCH_CHECKTIMESTAMP_HOUR_DEFAULT' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/niche-patch/patch.php on line 14

Warning: Use of undefined constant NICHEPATCH_MENUORDER_POST_COLUMN - assumed 'NICHEPATCH_MENUORDER_POST_COLUMN' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/niche-patch/patch.php on line 15

Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 44

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_search() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_where() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_fields() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_request() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php:2459) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 3312
ネットサービス, | 東大島に暮らすWEBディレクターブログ ~ 東大島から情報発信中! ~ - Part 14

カテゴリー: ネットサービス,

途上国向けにWikipediaの通信料が無料になる「Wikipedia Zero」が2018年で終了

途上国向けにWikipediaの通信料が無料になる「Wikipedia Zero」が2018年で終了

オンライン百科事典「Wikipedia」を運営するウィキメディア財団が、主に発展途上国でのWikipediaに関する通信料を無料にするプロジェクト「Wikipedia Zero」を2018年で終了させることを発表しました。

続きを読む…

途上国向けにWikipediaの通信料が無料になる「Wikipedia Zero」が2018年で終了

途上国向けにWikipediaの通信料が無料になる「Wikipedia Zero」が2018年で終了

オンライン百科事典「Wikipedia」を運営するウィキメディア財団が、主に発展途上国でのWikipediaに関する通信料を無料にするプロジェクト「Wikipedia Zero」を2018年で終了させることを発表しました。

続きを読む…

Facebookが2段階認証の電話番号にSMSスパムを送りつけ&返信すると誤爆投稿されるとの指摘

Facebookが2段階認証の電話番号にSMSスパムを送りつけ&返信すると誤爆投稿されるとの指摘

2要素認証は、異なる2つの情報を組み合わせて認証を行い、不正ログインを防止する目的でセキュリティを高めるために行うもので、Facebookなど多くのウェブサービスでは、「ID・パスワード」と「電話番号」の2つの要素を認証に使用するケースがみられます。海外メディアの「Mashable」によると、Facebookのとあるユーザーが2要素認証でスマートフォンの電話番号を設定したところ、ある日を境にFacebookからSMSでスパムが送られてくるようになったとのことです。

続きを読む…

「火星に向かったスターマンは今どこ?」の疑問に答えてくれるウェブサイトが登場

「火星に向かったスターマンは今どこ?」の疑問に答えてくれるウェブサイトが登場

アメリカ時間の2018年2月6日(火)にフロリダ州のケネディ宇宙センターから打ち上げられた世界最大のペイロードを誇る巨大ロケット「Falcon Heavy」に積まれていたのは、宇宙服を着たスターマンが乗車した1台のテスラ「ロードスター」です。記事作成時点において、ロードスターは宇宙空間で火星に向かって、気ままなドライブを楽しんでいますが、「そもそも今どこにいて、いつ火星に接近するのか?」が気になる人は多いと思います。そんな疑問に答えてくれるウェブサイト「Where is Elon Musk’s Tesla Roadster with Starman?」が登場しました。

続きを読む…

Googleが推進するウェブ高速化フレームワークのAMPが電子メールに対応、2018年後半にGmailにも導入へ

Googleが推進するウェブ高速化フレームワークのAMPが電子メールに対応、2018年後半にGmailにも導入へ

複数の最適化処理を組み合わせることで、モバイル端末でのインターネット体験をより高速かつ快適にするフレームワーク「AMP」を生み出したAMPプロジェクトが、新たに、電子メール向けに機能を拡張した「AMP for Email」を発表しました。

続きを読む…

24歳以下の若者の「Facebook離れ」が続く一方でユーザー数自体は増加傾向

24歳以下の若者の「Facebook離れ」が続く一方でユーザー数自体は増加傾向

調査会社・eMarketerのデータにより、若年層ユーザーの「Facebook離れ」が浮き彫りになっています。ただし、全体としてはユーザー増加が見込まれているほか、Facebook傘下のInstagramも好調が予想されています。

続きを読む…

FacebookがYouTube対抗の新映像プラットフォームを導入、Facebook Watchから切り替える方針

FacebookがYouTube対抗の新映像プラットフォームを導入、Facebook Watchから切り替える方針

Facebookは2017年8月から米国向けに導入している映像配信プラットフォーム「Facebook Watch」を、将来的にクリエイターが自由に映像コンテンツをアップロードし、ムービー再生時に流れる広告からの収益を得られるという、YouTubeと似たシステムに再構築する予定だと、関係者の証言から報じられています。

続きを読む…

科学論文の海賊版サイト「Sci-Hub」がCloudflareからサービス利用を停止される

科学論文の海賊版サイト「Sci-Hub」がCloudflareからサービス利用を停止される

有料の科学論文を無料で誰でも読めるようにする「Sci-Hub」が裁判所命令によってWeb負荷分散システムを提供するCloudflareの利用を停止されました。以前Cloudflareは同様の裁判所命令を拒絶していたことから、Sci-Hubへのサービス停止は1つの転換点となる可能性があります。

続きを読む…

億万長者からの圧力でニュース記事や文書を葬られないよう保存する「Archive-It」とは?

億万長者からの圧力でニュース記事や文書を葬られないよう保存する「Archive-It」とは?

プロレスラーのハルク・ホーガン氏に訴えられた訴訟により、ゴシップサイト「Gawker」は1億4000万ドル(約150億円)もの賠償命令を受けた結果、運営元のGawker Mediaが破産法の適用を申請しました。この背景には、PayPal共同創業者のピーター・ティール氏が自身に対して不利な報道をしたGawkerに報復をかねて、ハルク・ホーガン氏を支援していたという事実があったことが、本人の証言からも明らかになっています。アメリカのNPO「Freedom of the Press Foundation(報道の自由財団)」は、こういった億万長者からの圧力に危機感を覚え、インターネットアーカイブと共同で「Archive-It」という記事のアーカイブサービスを立ち上げたとのことです。

続きを読む…

Squareの送金アプリ「Square Cash」でスマホからのビットコイン売買取引が可能に

Squareの送金アプリ「Square Cash」でスマホからのビットコイン売買取引が可能に

スマートフォンによるモバイル決済サービスを提供するSquareが、スマホアプリを使ってユーザー間での送金が可能な送金アプリ「Cash App」をビットコイン取引に対応させたことを発表しました。これにより、誰でもスマートフォンの画面からビットコインを気軽に売買することが可能になります。

続きを読む…

値段は同じなのに内容量が減る「シュリンクフレーション」を確認できる「いつの間にか容量が減っている商品Wiki」

値段は同じなのに内容量が減る「シュリンクフレーション」を確認できる「いつの間にか容量が減っている商品Wiki」

原料の価格高騰や人件費の上昇などによる生産コストが上昇し、どうしても商品を値上げしたい時に、商品の価格帯を変えないまま内容量だけを減らすことによって、消費者に分かりづらい形で実質的な値上げを行われる現象を、英語のShrink(縮む)になぞらえて「シュリンクフレーション」と呼びます。「いつの間にか容量が減っている商品Wiki」はさまざまな商品の価格・内容量の変化をまとめたサイトで、最近値上げをしたり内容量を減らされた商品でシュリンクフレーションが起きていないかチェックすることができます。

続きを読む…

Netflix・Hulu・Amazonプライムでユーザーが見ているコンテンツは全然違う

Netflix・Hulu・Amazonプライムでユーザーが見ているコンテンツは全然違う

映像コンテンツのストリーミング配信サービスの存在感は日に日に高まっており、日本でもAmazonプライムの「ドキュメンタル」やNetflixの「Devilman Crybaby」など、オリジナルコンテンツが独占配信されて話題を呼んでいます。そんなストリーミング配信サービスの雄であるNetflix・Hulu・Amazonプライムは、それぞれユーザーごとに視聴しているコンテンツの種類が大きく異なることをQuartzが指摘しています。

続きを読む…

Googleが「ウェブサイトの表示速度」をモバイル検索のランキング要素に加える方針を表明

Googleが「ウェブサイトの表示速度」をモバイル検索のランキング要素に加える方針を表明

Googleの検索でなにかを調べているとき、検索結果の候補として出てきたサイトの中にいつまで待っても内容が表示されないものが紛れ込んでくることがあります。Googleではこうしたサイトによって損なわれているユーザー体験を改善するために、モバイル検索のランキング要素として、ウェブサイトの表示速度も加味する方針であることを発表しました。

続きを読む…

YouTubeで稼ぐには「過去12か月の総再生時間が4000時間以上」「チャンネル登録者数が1000人以上」を満たす必要あり、とパートナープログラム変更

YouTubeで稼ぐには「過去12か月の総再生時間が4000時間以上」「チャンネル登録者数が1000人以上」を満たす必要あり、とパートナープログラム変更

YouTube上で動画を投稿するクリエイターが、動画を収益化することで表示されるようになる広告や、YouTube Redの利用者による視聴から収益を受け取ることができるようになるプログラムが「YouTubeパートナープログラム」です。YouTuberなどはこのYouTubeパートナープログラムを使ってお金を稼いでいるわけですが、同プログラムへの参加基準が2018年2月20日から新しく変更されることとなり、「過去12か月の総再生時間が4000時間以上」と「チャンネル登録者数が1000人以上」であることが必要となります。

続きを読む…

YouTubeで稼ぐには「過去12か月の総再生時間が4000時間以上」「チャンネル登録者数が1000人以上」を満たす必要あり、とパートナープログラム変更

YouTubeで稼ぐには「過去12か月の総再生時間が4000時間以上」「チャンネル登録者数が1000人以上」を満たす必要あり、とパートナープログラム変更

YouTube上で動画を投稿するクリエイターが、動画を収益化することで表示されるようになる広告や、YouTube Redの利用者による視聴から収益を受け取ることができるようになるプログラムが「YouTubeパートナープログラム」です。YouTuberなどはこのYouTubeパートナープログラムを使ってお金を稼いでいるわけですが、同プログラムへの参加基準が2018年2月20日から新しく変更されることとなり、「過去12か月の総再生時間が4000時間以上」と「チャンネル登録者数が1000人以上」であることが必要となります。

続きを読む…