Warning: Declaration of KtaiService_Other::in_network($allow_search_engine = false) should be compatible with KtaiServices::in_network($networks = NULL, $allow_search_engine = false) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php on line 2459

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_search() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_where() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_fields() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_request() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php:2459) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 3312
ハードウェア, サイエンス, 動画, | 東大島に暮らすWEBディレクターブログ ~ 東大島から情報発信中! ~

カテゴリー: ハードウェア, サイエンス, 動画,

威圧的なロボットに監視されることでも人の集中力はアップすることが判明

威圧的なロボットに監視されることでも人の集中力はアップすることが判明

作業を行う時に誰かが後ろに立っていると緊張感が増し、普段よりも集中力がアップした経験がある人も多いはず。その効果は人間だけではなく、少し威圧的な態度を示すロボットが立っている時にも生じることが研究により明らかにされています。

続きを読む…

死体が埋められた場所をLIDARで検出する技術が登場、殺人事件の捜査への活用が期待される

死体が埋められた場所をLIDARで検出する技術が登場、殺人事件の捜査への活用が期待される

周囲の状況をレーザーで高精細に認識できる「LIDAR」は、自動運転技術の実現における鍵を握る重要な技術として用いられています。そのLIDARを使って、地中に埋められた死体を発見する方法が開発されました。

続きを読む…

「命乞いするロボットの電源を切るのは難しい」ことが最新の研究から明らかに

「命乞いするロボットの電源を切るのは難しい」ことが最新の研究から明らかに

人間とコミュニケーションを取ることができるロボットがますます一般的になりつつあり、ツアーガイドや警備員、守衛などの仕事をロボットが受け持つ事例が増えています。しかし、人間のようにコミュニケーションを取ることができるロボットを「ロボットとして扱うこと」はとても難しいことが、最新の研究で明らかになっています。

続きを読む…

「飛行機のエンジンに入り込み内部をスキャンするゴキブリ型ロボット」をロールス・ロイス・ホールディングスが開発予定

「飛行機のエンジンに入り込み内部をスキャンするゴキブリ型ロボット」をロールス・ロイス・ホールディングスが開発予定

世界有数の航空用エンジン製造企業であるロールス・ロイス・ホールディングスが、「飛行機のエンジン内部に入り込み、ゴキブリのようにエンジンをはい回って状態をスキャンする小型ロボット」を開発することを発表しました。

続きを読む…

12歳の少女エンジニアが海のマイクロプラスチック汚染に対抗する装置を発明

12歳の少女エンジニアが海のマイクロプラスチック汚染に対抗する装置を発明

リサイクル処理されなかったプラスチックが5mm以下の細かな粒子となったものをマイクロプラスチックと呼びます。近年、このマイクロプラスチックが海や魚、食卓塩などを汚染しているということで大きな問題となっているのですが、この問題になんとわずか12歳の少女エンジニアが立ち向かっているということでAccuWeatherがピックアップしています。

続きを読む…

専門家は知識も経験も違う人々に対し「量子コンピューター」をどのように説明するのか?

専門家は知識も経験も違う人々に対し「量子コンピューター」をどのように説明するのか?

量子力学的な重ね合わせを用いて超高速な計算を可能にする「量子コンピューター」は、従来のコンピューターを大幅に超える計算速度を実現するものとして注目を集めています。そんな量子コンピューターについて、子ども・10代の若者・大学生・大学院生・研究者というまったく違う背景を持った5人の人々に対し、専門家がそれぞれのレベルに合わせて解説するムービーがYouTubeで公開されています。

続きを読む…

義手でも「痛み」を感じることのできる電子皮膚が開発される

義手でも「痛み」を感じることのできる電子皮膚が開発される

肘から先が切断された患者は、自分の腕がまだそこにあるかのような幻肢という現象を経験することが多々あります。しかし、ジョンズ・ホプキンズ大学の研究者は、「腕がそこにある」という感覚を幻ではなく実際のものとして作り出そうと「痛みを感じることができる電子皮膚」の研究開発を行っています。

続きを読む…

ロシアはレーザーキャノンで宇宙ゴミを処分しようとしている

ロシアはレーザーキャノンで宇宙ゴミを処分しようとしている

人工衛星や国際宇宙ステーションが地球を回る周回軌道には、故障や運用終了で捨てられた人工衛星や、破壊された物体の破片などの「スペースデブリ(宇宙ゴミ)」が多く存在します。宇宙開発にとって事故の原因となりかねず危険なスペースデブリの問題を解消するため、ロシアの国営宇宙開発企業Roscosmos(ロスコスモス)は直径3メートルという巨大なレーザーキャノンを使ってスペースデブリを撃ち落とす方法を検討していることを明らかにしています。

続きを読む…

磁場を変化させることで瞬時に形状を変化させられる折り紙構造ロボットを3Dプリンターで出力

磁場を変化させることで瞬時に形状を変化させられる折り紙構造ロボットを3Dプリンターで出力

複雑な形状と不均一な磁性を持った物体を、3Dプリンターを使って正確に出力することで、磁場の変化によって瞬時に形状を変えて、物理的に動作できるロボットをMITの研究者が開発しました。3Dプリンターによる精巧な立体形成によって、体内を動き回ることができる極小サイズのマイクロロボットの開発などへの応用が期待されています。

続きを読む…

培養した筋肉を搭載したハイブリッドロボットが開発される

培養した筋肉を搭載したハイブリッドロボットが開発される

「ロボットに生きた筋肉を接続して動かす」と聞くと、まるでSFの世界みたいに感じる人も少なくないはず。東京大学の研究チームはそんなSF的発想を実現し、生きた筋肉を搭載したロボットを作り出しました。

続きを読む…

探査用ドローンを火星へ打ち上げる試みをNASAが発表、試作機ムービーも公開中

探査用ドローンを火星へ打ち上げる試みをNASAが発表、試作機ムービーも公開中

アメリカ航空宇宙局(NASA)は2018年5月11日、2020年に打ち上げ予定の火星探査機・マーズ2020と一緒に、探査用のドローン「Mars Helicopter」を打ち上げることを発表しました。地球以外の惑星でドローンを飛ばすのは世界初となります。

続きを読む…

南極で土壌も太陽光も使わない野菜の栽培にドイツの研究チームが成功

南極で土壌も太陽光も使わない野菜の栽培にドイツの研究チームが成功

食物となる野菜を育てるためには、種を植えて育てる土壌と太陽光が必要であり、南極のような極寒で雪や氷に覆われた土地では農作物の栽培が不可能です。そんな環境でも野菜を栽培する技術をドイツの研究チームが開発しており、実際にレタスやルッコラ、ラディッシュなどの作物を収穫することに成功しています。

続きを読む…

本物の魚と見分けがつかないほど精巧な「魚ロボット」が海を泳ぎ回る動画が公開中

本物の魚と見分けがつかないほど精巧な「魚ロボット」が海を泳ぎ回る動画が公開中

海洋生物の調査方法には、網で海をさらって捕獲した生物を調査したり、ダイバーや探査艇が海に潜って調査するといった方法がとられています。しかし、海洋生物に警戒されず、自然の中でどのように生きているのかを知るためには、捕獲や探査艇といった方法では限界があるとのこと。マサチューセッツ工科大学の研究チームは、海洋生物探査の目的で他の生物に警戒されない精巧な魚ロボ「SoFi」を製作しました。

続きを読む…

レゴブロックを組み合わせることで「マイクロ流体力学」の試験ができる装置をMITの技術者が開発

レゴブロックを組み合わせることで「マイクロ流体力学」の試験ができる装置をMITの技術者が開発

ミリメートル以下の非常に微細な領域を液体が通る際に働く力学はマイクロ流体力学と呼ばれ、通常の力学とは異なる挙動が起こることが知られています。この分野を研究するためには精密に加工された装置などが必要とされるのですが、マサチューセッツ工科大学(MIT)の技術者はレゴブロックを加工して使うことで簡単にマイクロ流体力学の実験を行うことができる装置を開発しました。

続きを読む…

「地球は平ら」を証明するロケット打ち上げが未遂に終わった男が新たに改良型ロケットでの再挑戦を発表

「地球は平ら」を証明するロケット打ち上げが未遂に終わった男が新たに改良型ロケットでの再挑戦を発表

世の中には「地球は球などではなく平らである」と考える地球平面論者が一定数いることが知られています。「誰も真実を言わないならば、自分でそれを証明してやる」と、自ら地球が平らであることを証明するためのロケットを開発して、打ち上げ直前に当局からストップされたあの”マッド”マイク・ヒューズ氏が、新しいロケット打ち上げ計画をぶち上げています。

続きを読む…