Warning: Declaration of KtaiService_Other::in_network($allow_search_engine = false) should be compatible with KtaiServices::in_network($networks = NULL, $allow_search_engine = false) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php on line 2459

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_search() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_where() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_fields() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_request() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php:2459) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 3312
ハードウェア, 乗り物, | 東大島に暮らすWEBディレクターブログ ~ 東大島から情報発信中! ~

カテゴリー: ハードウェア, 乗り物,

SpaceXの巨大ロケット「Falcon Heavy」の初商用打ち上げは2018年末あたりになる見通し

SpaceXの巨大ロケット「Falcon Heavy」の初商用打ち上げは2018年末あたりになる見通し

アメリカ時間の2018年2月6日にフロリダ州のケネディ宇宙センターから打ち上げられた最強ロケット「Falcon Heavy」が実際に人工衛星をのせて商用打ち上げを実施するタイミングが明らかになってきました。初のカスタマーとなるのはサウジアラビアのアラブ衛星通信機構「Arabsat」で、打ち上げ時期は2018年末から2019年初頭にかけての時期になる見込みです。

続きを読む…

地下トンネルを利用した新交通システムの運賃は「1ドル」だとイーロン・マスク氏が述べる

地下トンネルを利用した新交通システムの運賃は「1ドル」だとイーロン・マスク氏が述べる

「テスラ」や「SpaceX」の創業者として知られるイーロン・マスク氏が、ロサンゼルスの渋滞緩和のために進めている地下トンネルを利用した新交通システムについて、わずか1ドル(約110円)の運賃にする予定であることを明かしました。

続きを読む…

二酸化炭素を上空にまき散らさない「電動航空機」の開発が進む

二酸化炭素を上空にまき散らさない「電動航空機」の開発が進む

多くの人を乗せて高速で移動することを可能にする航空機は現代の生活に欠かせないものとなっていますが、一方では飛行機が多くの燃料を燃やして二酸化炭素を排出しながら飛ぶことに何らかの対策がとられるべきだという考え方も存在しています。そんな中、従来のように化石燃料を燃やして飛ぶのではなく、バッテリーに蓄えられた電気でモーターを回して推力を得る電気航空機の開発が活発になってきています。

続きを読む…

37億円の援助を受け3Dプリンターでロケットを製造する企業「Relativity Space」が登場、既にブースターは完成

37億円の援助を受け3Dプリンターでロケットを製造する企業「Relativity Space」が登場、既にブースターは完成

3Dプリンター技術の進歩はめざましく、ロケットのエンジンや家まるごとを3Dプリンターで低コストかつ短時間で製造できるようになりました。そんな中、パーツのほぼ全てを3Dプリンターで製造したロケットの打ち上げを目指すアメリカのスタートアップ「Relativity Space」が、およそ3500万ドル(約37億円)の資金提供を受けながらブースターを完成させました。

続きを読む…

イーロン・マスクが地下トンネル工事で出た岩石を使った「レゴのようなブロック」を開発中と発表

イーロン・マスクが地下トンネル工事で出た岩石を使った「レゴのようなブロック」を開発中と発表

「テスラ」や「SpaceX」の創業者であるイーロン・マスク氏は都市の渋滞緩和のために地下にトンネルを掘る構想を進めており、トンネル掘削会社「The Boring Company」を立ち上げて実際にロサンゼルスの地下にトンネルを掘っています。しかし、工事に膨大なコストがかかっているのか、帽子や火炎放射器などのグッズ販売を行っており、資金調達に難航していることを伺わせています。そして、新たな資金調達のための商品として、トンネル工事で出た岩石をレゴブロックのような製品にして販売することをマスク氏が発表しました。

続きを読む…

3Dプリンターで古い「旧車」の部品を出力して供給することをポルシェが発表

3Dプリンターで古い「旧車」の部品を出力して供給することをポルシェが発表

生産が終了して何十年も経過した「旧車」のスペアパーツは時と共に入手が難しくなり、最悪の場合は小さな部品がないために車自体が機能しなくなってしまうこともあります。しかし、古い部品を新しく作りなおすためには生産用の専用のツールを含めて作り直す必要があり、需要が大きいパーツならまだしも、少量のみ必要になる場合は明らかに非効率です。そこで、ポルシェは少数のみ必要になる旧車のスペアパーツを3Dプリンターで出力することを発表しました。3Dプリンター製のスペアパーツは、見た目的にも機能的にも、ほぼオリジナルと同じであるとのこと。

続きを読む…

SpaceXの超大型ロケット「Falcon Heavy」に強力なエンジンではなく27基の小型エンジンを搭載した理由とは

SpaceXの超大型ロケット「Falcon Heavy」に強力なエンジンではなく27基の小型エンジンを搭載した理由とは

2018年2月6日(火)に打ち上げに成功したSpaceXの「Falcon Heavy」は3基のブースターを使って、地球の重力圏を脱出する推力を得ていますが、1基のブースターには9基の小型エンジンを搭載しています。つまり、計27基のエンジンを正しくコントロールして、打ち上げを成功させていました。過去の歴史をさかのぼってみても、「Falcon Heavy」以外に10基以上のエンジンを搭載したロケットの打ち上げが成功したことはなく、前人未到の記録であることがわかります。なぜ、「Falcon Heavy」が複雑な設計方針を採用したのか、その理由について、SpaceXのCEOであるイーロン・マスク氏が語っています。

続きを読む…

「運河のテスラ」と呼ばれる世界初の電動コンテナ船が2018年に就航

「運河のテスラ」と呼ばれる世界初の電動コンテナ船が2018年に就航

オランダの運送会社Port-Linerや電力会社Werkinaなどが共同開発した「電気を動力にした貨物船」が、2018年夏に就航することが明らかになりました。「運河のテスラ」の異名をとる電気貨物船の導入によって、Port-Linerはヨーロッパにおける二酸化炭素排出量を大幅に低減させることが可能だとアピールしています。

続きを読む…

輸送機からドローンを放ち収容もする「空中空母」構想をアメリカ軍が2019年にも試験する見込み

輸送機からドローンを放ち収容もする「空中空母」構想をアメリカ軍が2019年にも試験する見込み

大きな輸送機に多くの無人航空機(ドローン)を搭載して目的地まで運び、飛んだままドローンを放出して任務を遂行し、完了後はドローンが自ら輸送機に再び収まって基地へと帰還するという、「空中空母」「空飛ぶ空母」とも呼ぶべき構想が2019年にも実現に向けたテストを行うことが明らかになりました。

続きを読む…

イーロン・マスクがロサンゼルス地下に掘ったトンネルを公開、幹線道路全体をトンネル化する壮大な計画についても示唆

イーロン・マスクがロサンゼルス地下に掘ったトンネルを公開、幹線道路全体をトンネル化する壮大な計画についても示唆

都市部の渋滞を回避するべく、自動車を載せて地下を走るトンネルの掘削計画を推し進めているイーロン・マスクCEOが、SpaceX本社の北側の公道地下に掘り始めたトンネル内部の写真をTwitterで公開しました。マスクCEOの地下トンネル計画は着々と進行しているようです。

続きを読む…

テスラの車は将来的にはドライバーが行こうとする場所を予測できるようになるらしい

テスラの車は将来的にはドライバーが行こうとする場所を予測できるようになるらしい

テスラのイーロン・マスクCEOが、同社の全てに近い将来搭載される予定のAI(人工知能)がドライバーが行こうとしている場所を予測できるようになるとTwitterで明らかにしました。

続きを読む…

サイクロン掃除機のダイソンが2020年から「過激な」電気自動車を生産すると発表

サイクロン掃除機のダイソンが2020年から「過激な」電気自動車を生産すると発表

「吸引力の変わらないただ一つの掃除機」として抜群の知名度を誇るダイソンの創業者であるサー・ジェームズ・ダイソンは、ダイソン社は2020年から「ラジカルな(過激な)」電気自動車(EV)を生産する計画を明らかにしました。

続きを読む…

テスラがAMDと自動車向けチップを共同開発中か

テスラがAMDと自動車向けチップを共同開発中か

「完全自動運転」へ向けて邁進しているテスラが、半導体大手であるAMDとチップ開発で協力しているという情報が明らかになりました。

続きを読む…

無人で休むことなく黙々と軍事作戦を遂行できる海軍の全自動船をロールス・ロイスが開発中

無人で休むことなく黙々と軍事作戦を遂行できる海軍の全自動船をロールス・ロイスが開発中

無人で運航できる船を開発するロールス・ロイスが、海軍御用達の全自動軍事船の計画を明らかにしました。無人で黙々と任務を遂行する全自動軍事船の役割はこんな感じです。

続きを読む…

無人で休むことなく黙々と軍事作戦を遂行できる海軍の全自動船をロールス・ロイスが開発中

無人で休むことなく黙々と軍事作戦を遂行できる海軍の全自動船をロールス・ロイスが開発中

無人で運航できる船を開発するロールス・ロイスが、海軍御用達の全自動軍事船の計画を明らかにしました。無人で黙々と任務を遂行する全自動軍事船の役割はこんな感じです。

続きを読む…