Warning: Declaration of KtaiService_Other::in_network($allow_search_engine = false) should be compatible with KtaiServices::in_network($networks = NULL, $allow_search_engine = false) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php on line 2459

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_search() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_where() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_fields() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_request() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php:2459) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 3312
ハードウェア, 乗り物, 動画, | 東大島に暮らすWEBディレクターブログ ~ 東大島から情報発信中! ~

カテゴリー: ハードウェア, 乗り物, 動画,

レゴで作った実物大スーパーカー「ブガッティ・シロン」を実際に運転してみたムービー

レゴで作った実物大スーパーカー「ブガッティ・シロン」を実際に運転してみたムービー

フランスの自動車メーカー・ブガッティの超高級車ブガッティ・ヴェイロンの後継車種で、2016年から500台限定で製造されたスーパーカー「ブガッティ・シロン」を、レゴブロックで実物大模型として再現し、さらに実際に運転できるように設計するという壮大なチャレンジが行われました。

続きを読む…

スマホアプリで買った商品が自動運転カーに載って自宅に届くサービスの実証実験がついにスタート

スマホアプリで買った商品が自動運転カーに載って自宅に届くサービスの実証実験がついにスタート

スマートフォンのアプリでポチった商品が自動運転カーに載せられて自宅まで届けられるというサービスが、ついに実現しようとしています。元Googleのエンジニアが立ち上げたスタートアップ「Nuro」とアメリカの大手スーパー「クローガー」が手を組み、アリゾナ州スコッツデールで自動配送サービスの実証実験が現地時間の2018年8月16日にスタートしました。

続きを読む…

「かけるだけで乗り物酔いを防ぐメガネ」が開発される

「かけるだけで乗り物酔いを防ぐメガネ」が開発される

どれだけ揺れる乗り物でも平然とスマートフォンの画面を見たり、タブレットのムービーを見ていられる人がいる一方、振動がほとんどなくても「勝手に乗り物が動いているだけで気持ち悪い」という乗り物酔いしやすい人も存在します。そんな「乗り物酔いしやすい人でも車酔いせずに、風景や手元の画面や本を見ることができる」ように開発されたメガネが「SSEETROËN」です。

続きを読む…

波がなくても海面をグングン進む電動サーフボード「Fliteboard eFoil」

波がなくても海面をグングン進む電動サーフボード「Fliteboard eFoil」

波がなければサーフィンは不可能ですが、電動サーフボード「Fliteboard eFoil」なら、波の状態を気にすることなく、水面をスイスイ進むことが可能です。Fliteboard eFoilは専用のリモコンで操作でき、丘サーファーでさえ簡単に海面でのライディングを楽しめます。

続きを読む…

タイの洞窟少年救助用にイーロン・マスクがロケットのパーツで開発したマシンを公開

タイの洞窟少年救助用にイーロン・マスクがロケットのパーツで開発したマシンを公開

タイ北部チェンライの洞窟で閉じ込められた少年ら13人の救出に、タイ政府をはじめ各国の専門家が頭をひねらせる中、SpaceXやテスラを率いるイーロン・マスク氏が、ロケットパーツを改造することで、泳げない少年を安全に運べる「潜水艦」を開発、そのムービーを公開しました。

続きを読む…

2019年にも日本でBaiduの自動運転バスが登場予定

2019年にも日本でBaiduの自動運転バスが登場予定

中国の検索大手「Baidu(百度)」が自動運転カーの開発に取り組んでいることは知られていましたが、なんと2019年初頭にも14人乗りの小型自動運転バスを日本向けにリリースする予定であることが明らかになっています。

続きを読む…

「三角形に変形するホイール」で悪路の走破性能が向上

「三角形に変形するホイール」で悪路の走破性能が向上

通常時は円形ですが舗装されていない不整地などの悪路を走る時には形状が三角形になることで走破性を高める、全く新しいタイプの自動車用ホイール「Reconfigurable Wheel-Track(RWT)」が、アメリカの軍用技術開発機関「DARPA(国防高等研究計画局)」で開発されています。

続きを読む…

ヨットの形をした「海のドローン」が海上を航行する理由とは?

ヨットの形をした「海のドローン」が海上を航行する理由とは?

無人航空機の「ドローン」は配送や地形調査などで活用されていますが、海上には太陽電池やGPSなどの多くの機器を搭載したヨット型の「海のドローン」が航行中です。ブルームバーグがYouTubeで公開しているムービーでは、海のドローンが何を目的に海上を航行しているのか、その理由に迫っています。

続きを読む…

走行中に給電できる「電気道路」をスウェーデンが公道で開発中、道路&既存自動車への導入コストも安価

走行中に給電できる「電気道路」をスウェーデンが公道で開発中、道路&既存自動車への導入コストも安価

二酸化炭素排出量を削減するために自動車の電動化が注目されており、ヨーロッパをはじめとしてガソリンエンジン車から電気自動車(EV)への移行が叫ばれています。しかしEVの普及の妨げとなる問題点の一つにバッテリー性能が挙げられます。容量が少なく充電に時間がかかるという貧弱なバッテリー性能のせいでEVはまだまだ実用的でないというわけです。このEVのバッテリー問題を解決する手段として、スウェーデンは電極を道路に埋め込んだ「電気道路」を世界で初めて公道へ導入しています。

続きを読む…

自動運転カーの大敵は雨でも霧でもなく実は「洗車機」

自動運転カーの大敵は雨でも霧でもなく実は「洗車機」

さまざまなセンサーで周囲の状況を確認しながら公道上を走る自動運転カー、または自動運転機能を搭載した自動車にとって、その「目」であるカメラやレーダーの機能を奪われることは最も避けなければならないことです。夜間の走行や強い雨、濃霧など、周囲が確認しづらくなる状況はいくつもありますが、実は自動運転カーには「洗車機が苦手」という思わぬ弱点があります。

続きを読む…

「空飛ぶバスタブ」を自作した猛者が登場、「スーパーまでお買い物に行ってきた」ムービーを公開中

「空飛ぶバスタブ」を自作した猛者が登場、「スーパーまでお買い物に行ってきた」ムービーを公開中

バスタブを中心に据えた実際に人が乗れるドローンをドイツに住む双子のYoutuberが作成しました。まるでハリー・ポッターの世界に登場しそうなユニークなバスタブで「お買い物に行ってきた」というムービーが公開中です。

続きを読む…

セグウェイの技術を生かした二輪走行パーソナルロボット「Loomo」

セグウェイの技術を生かした二輪走行パーソナルロボット「Loomo」

電動立ち乗り二輪車で知られるセグウェイが、その走行技術を生かして作り上げたのが、車輪で走り回れるパーソナルロボット「Loomo」です。すでに開発者向けの機体は出荷されており、一般向けにもCES 2018の翌週から出荷される予定だとのこと。

続きを読む…

多脚ロボット「Prosthesis」は重量3.6トンのボディで時速30km走行が可能

多脚ロボット「Prosthesis」は重量3.6トンのボディで時速30km走行が可能

4つの足を持ち、高さ15フィート(約4.6メートル)、重量8000ポンド(約3.6t)以上で、時速20マイル(時速約32km)での走行も可能なレーシング用ロボット「Prosthesis」をロボット開発企業のFurrionがCES 2018で発表しました。全自動で動くロボットではなく、人間の細かい操縦に合わせて動くロボットになっているため、パイロットがProsthesisを操作している様子はまるで子どもの頃に夢見たガンダムなどの巨大ロボットに搭乗するパイロットのようです。

続きを読む…

多脚ロボット「Prosthesis」は重量3.6トンのボディで時速30km走行が可能

多脚ロボット「Prosthesis」は重量3.6トンのボディで時速30km走行が可能

4つの足を持ち、高さ15フィート(約4.6メートル)、重量8000ポンド(約3.6t)以上で、時速20マイル(時速約32km)での走行も可能なレーシング用ロボット「Prosthesis」をロボット開発企業のFurrionがCES 2018で発表しました。全自動で動くロボットではなく、人間の細かい操縦に合わせて動くロボットになっているため、パイロットがProsthesisを操作している様子はまるで子どもの頃に夢見たガンダムなどの巨大ロボットに搭乗するパイロットのようです。

続きを読む…

モバイルバッテリーで有名なAnker初の高性能自動車用ドライブレコーダー「Roav DashCam C2」レビュー

モバイルバッテリーで有名なAnker初の高性能自動車用ドライブレコーダー「Roav DashCam C2」レビュー

モバイルバッテリーが有名なAnkerから初の自動車用ドライブレコーダーAnker Roav DashCam C2(DashCam)が2017年12月20日(水)に登場しました。ソニー製CMOSイメージセンサーと高性能チップセットを搭載し、水平広角145度のレンズにより、4車線の道路でも全体を捉えられ、昼夜ともにフルHDの高精細映像で録画が可能。駐車中は、巻き込まれ事故や車上荒らしなどの振動が起こると自動で録画を始める機能「駐車モニター」が搭載されています。一体どれほどの実力なのか、実際にいろいろ試してみることにしました。

続きを読む…