カテゴリー: モバイル, ハードウェア,

2018年のiPhoneはアンテナ設計の一新で通信速度の爆速化を実現か?

2018年のiPhoneはアンテナ設計の一新で通信速度の爆速化を実現か?

2017年11月に「iPhone X」が登場したばかりですが、さっそく2018年に登場予定の新型iPhoneにまつわる予測が報じられています。情報源となっているのはApple関連の予測で多くの成果を挙げてきたKGI証券のアナリストであるミンチー・クオ氏です。

続きを読む…

iPhone Xの有機ELディスプレイに取って代わるマイクロLEDディスプレイのためにAppleがTSMCと協業か?

iPhone Xの有機ELディスプレイに取って代わるマイクロLEDディスプレイのためにAppleがTSMCと協業か?

Appleがリリースした「iPhone X」は、iPhoneシリーズ初のOLED(有機ELディスプレイ)採用端末です。しかし、Appleは今後数年以内にOLEDに取って代わると期待されているマイクロLEDディスプレイ技術の開発にも取り組んでおり、そのために台湾の電機メーカーTSMCと協業していると報じられています。

続きを読む…

子ども用スマートウォッチを「破壊せよ」とドイツ政府が両親に伝える

子ども用スマートウォッチを「破壊せよ」とドイツ政府が両親に伝える

5歳~9歳の子ども向けにデザインされているスマートウォッチを「ハンマーなどで破壊するように」とドイツの連邦ネットワーク庁が両親に求めました。この種のスマートウォッチで可能な「盗聴器のような働き」がドイツでは法に抵触するためです。

続きを読む…

iPhone Xの初期不良「謎の緑の縦線」はAppleのせいなのかSamsungのせいなのか?

iPhone Xの初期不良「謎の緑の縦線」はAppleのせいなのかSamsungのせいなのか?

AppleのiPhoneシリーズでは、初期出荷分の端末で「iPhone 6 Plusがポケット内で曲がってしまう」などの何かしらの問題が起きることがままあります。最新の「iPhone X」でも音割れやディスプレイの反応低下などが報告されているのですが、特に問題になっているのがディスプレイ右端に出現する「謎の緑の縦線」です。この「謎の緑の縦線」は、AppleとiPhone X用のOLED(有機ELディスプレイ)を提供したSamsungのどちらに非があるのでしょうか。

続きを読む…

iPhone Xの「Face ID」は性別や年齢が全く異なる別人でも突破できる

iPhone Xの「Face ID」は性別や年齢が全く異なる別人でも突破できる

iPhone Xに新たに搭載された顔認証「Face ID」は兄弟であれば別人でも突破可能であることが示されていました。しかし、今度は性別が違い、年齢もかなり離れている「親子」間でも認証が突破されることが示されています。

続きを読む…

2018年のiPhoneは「iPhone X」と同じベゼルレスデザインで安価な端末も登場か?

2018年のiPhoneは「iPhone X」と同じベゼルレスデザインで安価な端末も登場か?

全てが新しく生れ変わった「iPhone X」ですが、価格が税別11万2800円からとかなり高価なモデルとなっています。この価格をめぐって低価格版「iPhone X」が2018年に登場とも報じられていましたが、新しくKGI証券のアナリストが、2018年にはベゼルレスデザインでFace ID搭載の安価なiPhoneが登場すると予測しています。

続きを読む…

iPhone Xに「音割れ」や「ディスプレイ反応低下」などいくつかの不具合が浮上

iPhone Xに「音割れ」や「ディスプレイ反応低下」などいくつかの不具合が浮上

満を持してAppleが発表したiPhone Xはカメラ性能が大絶賛されるなど高評価がある一方で、発売直後にさっそく顔認証機能「Face ID」を本人以外が突破してしまうという一件が報じられていました。そんな中、新たに「スピーカーの音割れ」と「ディスプレイの反応低下」という気になる現象が報告されています。

続きを読む…

iPhone Xは1年で完全に見違える、とAppleのジョナサン・アイブがコメント

iPhone Xは1年で完全に見違える、とAppleのジョナサン・アイブがコメント

Appleのチーフ・デザイン・オフィサーを務めるジョナサン・アイブ氏が、iPhone Xのリリースに際してデザイン誌・Wallpaperのインタビューに応じており、その中で新型iPhoneや新社屋のApple Parkについて言及しています。

続きを読む…

iPhone Xを分解した気分が味わえる壁紙登場、ベゼルレスの大画面に進化して迫力マシマシ

iPhone Xを分解した気分が味わえる壁紙登場、ベゼルレスの大画面に進化して迫力マシマシ

5.8インチの大画面やセンサーてんこ盛りでインカメラを大幅に進化させた「TrueDepthカメラ」を搭載し、ワイヤレス充電に対応、端末のフレームにはiPhoneシリーズでは久しぶりのステンレススチールを採用するなど、まさに全身プレミアムなiPhoneが「iPhone X」です。そんなiPhone Xの中身がどうなっているのかをiFixitがバラバラに分解して明らかにしており、そこからiFixitならではな壁紙を公開しています。

続きを読む…

999ドルのiPhone Xの部品コストは約4万円、iPhone 8と比べた利益率は?

999ドルのiPhone Xの部品コストは約4万円、iPhone 8と比べた利益率は?

64GBモデルが税別11万2800円、海外では999ドル(約11万3800円)するiPhone Xの「材料費」を、各種端末をバラバラに分解することで知られるTechInsightsが357.5ドル(約4万円)であると予測しています。

続きを読む…

早くも次期iPhone情報が登場、2018年は改良型ステンレス製フレームにOLEDを搭載する2モデル構成か

早くも次期iPhone情報が登場、2018年は改良型ステンレス製フレームにOLEDを搭載する2モデル構成か

2017年11月3日にはついにiPhone Xが発売されたばかりですが、もう2018年モデルのリーク情報が飛び出しました。iPhoneリーク情報の中心人物の一人であるKGI証券のミンチー・クオ氏の情報によると、2018年モデルはiPhone Xに近い特徴を持つ端末になる模様です。

続きを読む…

Appleが次期iPhone・iPadでQualcommチップを排除する動き

Appleが次期iPhone・iPadでQualcommチップを排除する動き

iPhoneやiPadにLTEモデムチップを供給しているQualcommとの訴訟が行われるなか、Appleは次期以降のiPhoneやiPadに向けてIntelなど別のベンダー製のチップを採用して開発する方向を模索していることが報じられています。

続きを読む…

Microsoftがペン端末で画面に書き込み可能な折り畳みタブレットを開発中との噂、これが「Andromeda」なのか

Microsoftがペン端末で画面に書き込み可能な折り畳みタブレットを開発中との噂、これが「Andromeda」なのか

Windows Phoneに見切りをつけたMicrosoftが、ペン型入力装置と組み合わせて使う折りたたみ型モバイル端末を開発しているという内容が、関係者からの情報として報じられています。

続きを読む…

Googleスマホ第2弾「Pixel 2 XL」をバラバラ分解、その「分解しやすさ」は?

Googleスマホ第2弾「Pixel 2 XL」をバラバラ分解、その「分解しやすさ」は?

数々のデバイスをバラバラに分解するレポートを作成してきたiFixitがGoogle製スマホ第2弾「Pixel 2 XL」を分解。本体を握るだけで操作が行える「Active Edge」と呼ばれる機能や、画像処理能力を飛躍的に向上させるGoogle独自の画像処理用SoC「Pixel Visual Core」など、Pixel 2 XLを特徴付けるコンポーネントが次々と明らかにされています。

続きを読む…

低価格版「iPhone X」が2018年に登場、と報じられる

低価格版「iPhone X」が2018年に登場、と報じられる

中国メディアの經濟日報がAppleのサプライチェーンから入手した情報によると、Appleはコードネーム「リスボン」「杭州」と名付けられた新しい端末を開発しており、販売価格が11万円超えのiPhone Xに低価格版が登場する可能性が示唆されています。

続きを読む…