Warning: Declaration of KtaiService_Other::in_network($allow_search_engine = false) should be compatible with KtaiServices::in_network($networks = NULL, $allow_search_engine = false) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php on line 2459

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_search() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_where() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_fields() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_request() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php:2459) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 3312
レビュー, ハードウェア, 動画, | 東大島に暮らすWEBディレクターブログ ~ 東大島から情報発信中! ~ - Part 2

カテゴリー: レビュー, ハードウェア, 動画,

人工知能Alexa搭載のスマートスピーカー「Amazon Echo」開封の儀&実際に使ってみた

人工知能Alexa搭載のスマートスピーカー「Amazon Echo」開封の儀&実際に使ってみた

11月8日にAmazonから、独自のAIであるAmazon Alexaを搭載したスマートスピーカー「Amazon Echo」シリーズの日本向けが発表、11月15日より販売を開始しました。GIGAZINE編集部も「Amazon Echo」1台を入手、話題のスマートスピーカーがどんなものであるのか、実際に使ってみました。

続きを読む…

ほぼベゼルレスの大画面と書き心地バツグンのSペンで可能性が無限に広がる「Galaxy Note8」実機レビュー

ほぼベゼルレスの大画面と書き心地バツグンのSペンで可能性が無限に広がる「Galaxy Note8」実機レビュー

Sペンによる手書きのメモが強力な武器であるSamsungのスマートフォン「Galaxy Note8」が2017年10月26日に発売されました。「書き心地は紙とペン、できることは無限大」とうたわれたGalaxy Note8がどのようなものか、実機をいろいろといじってみました。

続きを読む…

激安でめちゃ薄な4コアCore i7内蔵のXiaomiノートPC「Mi Notebook Pro」を実際に使ってみた

激安でめちゃ薄な4コアCore i7内蔵のXiaomiノートPC「Mi Notebook Pro」を実際に使ってみた

2010年創業の新興スマートフォンメーカーであるXiaomiから、ノートPCの新モデル「Mi Notebook Pro」が2017年9月15日に中国にて登場。従来モデルの「Mi Notebook Air」はAppleの「MacBook Air」を明確に意識した製品として話題になりましたが、今回の「Mi Notebook Pro」も15インチ超えのディスプレイ、キーボードのストロークやデザイン、マルチタックトラックパッドなど、Appleの「MacBook Pro」を露骨にライバル視したモデルとなっています。今回、「Mi Notebook Pro」の実物を入手することができたので、実際に使ってみました。

続きを読む…

7インチ画面&防水仕様の新型「Kindle Oasis」速攻比較レビュー&実際に水に沈めてみた

7インチ画面&防水仕様の新型「Kindle Oasis」速攻比較レビュー&実際に水に沈めてみた

Amazonの電子書籍リーダー「Kindle」シリーズ第9世代となる、「Kindle Oasis」の新モデルが2017年10月31日に登場。Kindleシリーズ初の防水モデルとなり、サイズや容量も大きく変化。果たして新しいKindle Oasisはどれだけ進化したのか、旧モデルと比較しながら確かめてみました。

続きを読む…

タフさがウリのアクションカメラ「G’z EYE」はどれくらいタフなのか?実際に試してみた

タフさがウリのアクションカメラ「G’z EYE」はどれくらいタフなのか?実際に試してみた

とにかく頑丈なことで有名なG-SHOCKを作ったCASIOが、タフさを追求したアクションカメラの新ブランド「G’z EYE」を立ち上げました。その第1弾製品「GZE-1」が2017年10月27日(金)に登場するということなので、タフさを試すべく端末を借りて、実際に川に沈めたり床にたたきつけたりと好き放題やってみました。

続きを読む…

防水・防塵で赤外線サーモカメラも搭載した建設機械メーカー開発のタフネススマホ「CAT S60」実機レビュー

防水・防塵で赤外線サーモカメラも搭載した建設機械メーカー開発のタフネススマホ「CAT S60」実機レビュー

建設機械メーカーであるキャタピラーのモバイル部門Cat Phoneが開発したスマートフォン「CAT S60」が、2017年10月にオンキヨーから発売されます。赤外線サーモカメラを搭載し防水・防塵機能も兼ね備えた、かなりハードな現場でも大いに役立ちそうな端末で非常に気になったので、実際に借りて触りまくってみました。

続きを読む…

DJIのドローン「Mavic Pro Platinum」はどれほど静かになったのか実機レビュー

DJIのドローン「Mavic Pro Platinum」はどれほど静かになったのか実機レビュー

2016年9月、「Phantom」などのドローンで有名なDJIから、コンパクトで携行性に優れるドローン「Mavic Pro」が登場しました。安定性・操縦性の良さや、「アクティブトラック」と呼ばれる自動追尾撮影システムを搭載することなどにより非常に高い評価を得たドローンとなっています。そして2017年10月、その「Mavic」シリーズから飛行時間が延びて音が静かになった新モデル「Mavic Pro Platinum」が登場しました。DJIから借りることができたので、早速飛ばして確かめてみました。

続きを読む…

360度の4K/30fpsムービーが撮れ空間音声記録に対応した「RICOH THETA V」レビュー、前モデルからどう進化したのか?

360度の4K/30fpsムービーが撮れ空間音声記録に対応した「RICOH THETA V」レビュー、前モデルからどう進化したのか?

360度全方位が撮影できる全天球カメラRICOH THETAの最上位モデルである「RICOH THETA V」が2017年9月15日(金)に登場します。RICOH THETA VはQualcommのSnapdragonをプロセッサに採用し、出力1400万画素に相当する高精細な360度写真が撮影できるようになったほか、4K/30fpsのムービー撮影、空間音声記録に対応することで、ムービー撮影機能が格段に向上しました。前モデルの「RICOH THETA S」とどれくらい違いがあるのか?ということで、2つを撮影し比べてみました。

続きを読む…

スイッチを出先・外からネット経由で押してON/OFFしてあらゆる家電を遠隔操作できる「SwitchBot」レビュー

スイッチを出先・外からネット経由で押してON/OFFしてあらゆる家電を遠隔操作できる「SwitchBot」レビュー

今あるアナログスイッチの隣に取り付けるだけで難しい設定は一切いらず、ランプや家電などをスマホから遠隔操作できるようにアップグレードするデバイス「SwitchBot」は、クラウドファンディングプラットフォームのKickstarterなどで広く人気を集めて製品化されたアイテムです。小さなロボットが人間の代わりに「スイッチを物理的に押してくれる」というシンプルかつ明快なデバイスとなっており、アプリも直感的に操作できるとのこと。以前GIGAZINEで記事化した時に出資した分の製品が届いたので実際に使ってみました。

続きを読む…