Warning: Declaration of KtaiService_Other::in_network($allow_search_engine = false) should be compatible with KtaiServices::in_network($networks = NULL, $allow_search_engine = false) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php on line 2459

Warning: Use of undefined constant NICHEPATCH_CHECKTIMESTAMP_HOUR_DEFAULT - assumed 'NICHEPATCH_CHECKTIMESTAMP_HOUR_DEFAULT' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/niche-patch/patch.php on line 14

Warning: Use of undefined constant NICHEPATCH_MENUORDER_POST_COLUMN - assumed 'NICHEPATCH_MENUORDER_POST_COLUMN' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/niche-patch/patch.php on line 15

Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 44

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_search() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_where() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_fields() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_request() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php:2459) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 3312
乗り物, | 東大島に暮らすWEBディレクターブログ ~ 東大島から情報発信中! ~

カテゴリー: 乗り物,

「自転車専用レーンの設置を義務づける条例」はどのような効果をもたらすのか?

「自転車専用レーンの設置を義務づける条例」はどのような効果をもたらすのか?

車や電車の代わりに自転車を移動手段として用いると、経済的で環境に優しくおまけに健康的といいことずくめです。しかし、交通量が多いのに自転車専用道がないなど、快適に自転車に乗ることが難しい地域もあります。マサチューセッツ州のケンブリッジでは、既存の都市計画の下で再建が予定されている全ての通りにサイクリングレーンを設置するように、市議会で条例として定められました。

続きを読む…

オランダ空軍の戦闘機が自分で撃った砲弾に命中する珍事が発生

オランダ空軍の戦闘機が自分で撃った砲弾に命中する珍事が発生

オランダ空軍の戦闘機が訓練中に被弾する事件が発生したとオランダの国営放送局(NOS)が報じました。戦闘機は被弾した後、付近の空軍基地に緊急着陸に成功し、パイロットや基地の地上要員にけが人はいませんでした。事件後に空軍当局が確認調査を行ったところ、被弾は自機の機関砲で発射した砲弾によるものであることが判明しました。

続きを読む…

レトロな「夜行列車」をスウェーデン政府が復活させたい理由とは?

レトロな「夜行列車」をスウェーデン政府が復活させたい理由とは?

20世紀のヨーロッパにおいて旅行の主役であった夜行列車を、主要な長距離移動手段として復活させようという動きをスウェーデン政府が明らかにしています。夜行列車は就寝時間を移動時間に充てることでスムーズに旅行を楽しめることから利用者に愛されているというだけではなく、環境問題への取り組みとしても注目されているとのことです。

続きを読む…

レトロな「夜行列車」をスウェーデン政府が復活させたい理由とは?

レトロな「夜行列車」をスウェーデン政府が復活させたい理由とは?

20世紀のヨーロッパにおいて旅行の主役であった夜行列車を、主要な長距離移動手段として復活させようという動きをスウェーデン政府が明らかにしています。夜行列車は就寝時間を移動時間に充てることでスムーズに旅行を楽しめることから利用者に愛されているというだけではなく、環境問題への取り組みとしても注目されているとのことです。

続きを読む…

紀元前450年ごろに歴史家ヘロドトスが見たナイル川の貨物船「Baris」は実在した

紀元前450年ごろに歴史家ヘロドトスが見たナイル川の貨物船「Baris」は実在した

古代ギリシアの歴史家・ヘロドトスの著作「歴史」第2巻にはナイル川についての記述があり、「Baris」と呼ばれる貨物船が描写されています。長らく、学者たちはその文章の解釈に苦労していましたが、ナイル川河口近くで沈んでいた船の調査により、Barisがどういうものだったのかが明らかになっています。

続きを読む…

「ボーイング737 MAX 8」のパイロットはiPadで訓練を受けただけだったと判明、「これはソフトウェアのエラーではない」という指摘も

「ボーイング737 MAX 8」のパイロットはiPadで訓練を受けただけだったと判明、「これはソフトウェアのエラーではない」という指摘も

航空機のパイロットは実際の操縦の前にシミュレーターを使って訓練を行うのが通常です。しかし、5カ月で2度の墜落事故が発生した「ボーイング737 MAX 8」のパイロットは、シミュレーターではなくiPadを使って1時間の訓練を行うのみだったことがわかりました。これは航空会社や当局が「シミュレーターでの訓練は不要」と判断したためとのこと。

続きを読む…

「ボーイング737 MAX 8」が起こした2度の墜落事故の関連性が衛星追跡データにより示される

「ボーイング737 MAX 8」が起こした2度の墜落事故の関連性が衛星追跡データにより示される

5カ月の間に墜落事故が2度発生した「ボーイング737 MAX 8」の飛行停止を世界各国が決断する中でも、連邦航空局は「システム的なパフォーマンスの問題はない」という姿勢を続けていましたが、現地時間の2019年3月13日に突然航空会社に対してボーイング737 MAX 8の運行停止を命じました。連邦航空局によると、航空機の追跡・監視システムを提供するAireonによって新たに分析されたデータが2件の事故が関連している可能性を示していたとのこと。

続きを読む…

2度の墜落事故が起きたボーイング737 MAX 8についてパイロットから苦情が寄せられていたことが判明

2度の墜落事故が起きたボーイング737 MAX 8についてパイロットから苦情が寄せられていたことが判明

5カ月間で墜落事故が2度発生した「ボーイング737 MAX 8」について、以前から安全上に欠陥があるとパイロットから指摘されていたことが、ダラス・モーニング・ニュース(The Dallas Morning News)によって明らかになりました。

続きを読む…

「ボーイング737 MAX 8」で5カ月の間に2度発生した墜落事故の類似点

「ボーイング737 MAX 8」で5カ月の間に2度発生した墜落事故の類似点

2019年3月10日(日)、エチオピアの首都・アディスアベバ近郊にあるボレ国際空港から離陸したエチオピア航空302便が墜落し、乗員・乗客合わせて157人全員が死亡する事故が起きました。この便で用いられていた「ボーイング737 MAX 8」は、2018年10月にインドネシアで発生したライオン・エア610便墜落事故でも運用されていました。わずか5カ月の間に発生した2つの事故には、運航機材が同じであったという点も含めていくつか類似点があるということを、旅行ニュースサイト・The Points Guyが取り上げています。

続きを読む…

Uberの自動運転カーが女性を死なせた事故で「Uberに刑事責任はない」と検察官が主張

Uberの自動運転カーが女性を死なせた事故で「Uberに刑事責任はない」と検察官が主張

2018年3月18日、アメリカ・アリゾナ州テンピ市でUberの自動運転カーが公道を走行中、道路を横切っていた女性をはねてしまうという事故が発生しました。女性は病院で死亡が確認され、事故原因として「ソフトウェアの誤検知」「ドライバーがスマートフォンでストリーミングサイトのムービーを見ていたため」などが挙げられていますが、この件についてアリゾナ州の検察官が「Uberに刑事責任はない」と主張しています。

続きを読む…

テスラのモデルSをスクラップ状態から独力でレストア

テスラのモデルSをスクラップ状態から独力でレストア

「テスラの車に憧れたものの新車は買えない……」という男性が手に入れることができたのは、洪水の影響で浸水してしまいスクラップと化したモデルS。テスラの店に持っていっても修理を断られそうな状態だったこの車のレストアに男性は独学・独力で挑み、見事に走れる状態に戻すことに成功しました。

続きを読む…

「車を持つこと」が貧富の差を拡大しているとする10の不公平な事柄

「車を持つこと」が貧富の差を拡大しているとする10の不公平な事柄

大都市における道路の渋滞はアメリカでも問題となっており、シンガポールのERPのような有料道路を作ったりなど、課税によって渋滞を減らす取り組みであるロードプライシング(道路課金)に注目が集まっています。しかし一方で、お金を払えば道路が使える有料道路は「高所得者を優遇している」という批判があります。そんな中、都市問題に対するシンクタンクであるCity Observatoryは、アメリカの自動車事情において、ロードプライシングよりも不公平な事柄を10個挙げて、ロードプライシングをむしろ推進するべきという主張をしていました。

続きを読む…

テスラの新車種「モデルY」は2019年3月14日にお披露目、イーロン・マスクCEOがイベント開催を発表

テスラの新車種「モデルY」は2019年3月14日にお披露目、イーロン・マスクCEOがイベント開催を発表

スタイリッシュなEV(電気自動車)を世に送り出してきたテスラが、5番目のEVとしてクロスオーバーSUVの「モデルY」をお披露目予定であることがわかりました。イーロン・マスクCEOによると、お披露目は2019年3月14日にLA Design Studioで行われるそうです。

続きを読む…

テスラの新車種「モデルY」は2019年3月14日にお披露目、イーロン・マスクCEOがイベント開催を発表

テスラの新車種「モデルY」は2019年3月14日にお披露目、イーロン・マスクCEOがイベント開催を発表

スタイリッシュなEV(電気自動車)を世に送り出してきたテスラが、5番目のEVとしてクロスオーバーSUVの「モデルY」をお披露目予定であることがわかりました。イーロン・マスクCEOによると、お披露目は2019年3月14日にLA Design Studioで行われるそうです。

続きを読む…

約390万円のテスラ「モデル3」スタンダードモデルがネット限定で受注開始、完全自動運転も復活

約390万円のテスラ「モデル3」スタンダードモデルがネット限定で受注開始、完全自動運転も復活

電気自動車を販売するテスラは、価格が3万5000ドル(約390万円)となる「モデル3」のスタンダードモデルの受注を開始することを2019年2月28日に発表しました。また、かねてより批判が多く一時提供が中断されていた「完全自動運転」機能がオプションに復活していると報じられています。ただ、テスラの財政は厳しい状態にあるようで、販売は実店舗ではなくオンラインのみに限られています。

続きを読む…