Warning: Declaration of KtaiService_Other::in_network($allow_search_engine = false) should be compatible with KtaiServices::in_network($networks = NULL, $allow_search_engine = false) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php on line 2459

Warning: Use of undefined constant NICHEPATCH_CHECKTIMESTAMP_HOUR_DEFAULT - assumed 'NICHEPATCH_CHECKTIMESTAMP_HOUR_DEFAULT' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/niche-patch/patch.php on line 14

Warning: Use of undefined constant NICHEPATCH_MENUORDER_POST_COLUMN - assumed 'NICHEPATCH_MENUORDER_POST_COLUMN' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/niche-patch/patch.php on line 15

Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 44

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_search() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_where() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_fields() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_request() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php:2459) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 3312
乗り物, | 東大島に暮らすWEBディレクターブログ ~ 東大島から情報発信中! ~

カテゴリー: 乗り物,

「自動運転の普及は街の交通網をマヒさせてしまう危険性がある」という指摘

「自動運転の普及は街の交通網をマヒさせてしまう危険性がある」という指摘

人工知能(AI)の発達によって、人間がまったく操作しなくても安全に公道を走行できる自動運転技術が実現しつつあります。自動運転技術の普及によって人間が運転から解放されるだけではなく、交通事故の減少や渋滞の減少も期待されるといわれていますが、それとは正反対の「自動運転車が普及すると至る所で渋滞が起こってしまって街中の道路交通網がマヒしてしまう危険がある」という主張をする研究者もいます。

続きを読む…

100万円のミニ電気自動車を中国メーカーがアメリカやヨーロッパへ輸出開始

100万円のミニ電気自動車を中国メーカーがアメリカやヨーロッパへ輸出開始

電気自動車(EV)大国・中国の自動車メーカーが、性能もコストも抑えた低速電気自動車(LSEV)に属するピックアップトラックの輸出を開始することになりました。価格は8950ドル(約100万円)で、1回の充電での航続距離は120kmだとのこと。

続きを読む…

「20世紀初頭には車の3台に1台が電気自動車だった」など知られざる電気自動車の歴史とは?

「20世紀初頭には車の3台に1台が電気自動車だった」など知られざる電気自動車の歴史とは?

電気をエネルギー源として走行する電気自動車といえば、最新技術がつぎこまれた結果としてようやく開発されたようなイメージがあります。しかし、実は電気自動車には19世紀から開発が行われてきた長い歴史があり、一時期は車全体のうち3分の1が電気自動車だった時代もあったとアメリカのメディアBloombergがまとめています。

続きを読む…

鉄道のエネルギー効率は自動車や飛行機を圧倒的に上回る

鉄道のエネルギー効率は自動車や飛行機を圧倒的に上回る

これまで数十年にわたりホンダ・シビックに乗り、年間10万マイル(16万km)を飛行機で移動していて「自動車と飛行機に対して敵意はない」という科学者のヴァーツラフ・スミル氏が、高速鉄道のエネルギー効率の良さを説いています。

続きを読む…

1万6000台の電気バス&2万2000台の電気タクシーで深圳が生まれ変わりつつある

1万6000台の電気バス&2万2000台の電気タクシーで深圳が生まれ変わりつつある

1970年代後半には人口3万人の漁村だった深圳は「紅いシリコンバレー」「中国のシリコンバレー」と呼ばれるような存在にまで駆け上りました。これに加えて2018年現在、電気自動車のバスが1万6000台も走り、さらに2万2000台のタクシーも電気自動車に置き換えられるという、世界の最先端を行く街になろうとしています。

続きを読む…

Waymo(元Google)のCEOが「運転手ナシの自動運転カーサービスが間もなく登場」と発言

Waymo(元Google)のCEOが「運転手ナシの自動運転カーサービスが間もなく登場」と発言

Googleと同じくAlphabet傘下にある自動運転開発企業Waymoのジョン・クラシクCEOが、今後2カ月以内に世界初の商用自動運転カーサービスを開始させる予定であることを発表しました。Alphabetのルース・ポラットCFOは、2018年10月に「WaymoがEarly Riderプログラムを通して第3四半期に価格モデルをテストし始めた」「商業化に向けた初期段階に入った」と語っていましたが、これが正式に発表された形となります。

続きを読む…

大気汚染がひどい日は「電気自動車以外の制限速度を引き下げる」というEV優遇政策が導入される

大気汚染がひどい日は「電気自動車以外の制限速度を引き下げる」というEV優遇政策が導入される

大気中の有害物質が増加する大気汚染が発生する原因の一つには、自動車からの排ガスが含まれます。ヨーロッパのオーストリアでは、大気汚染度が悪化した際に高速道路の最高時速が引き下げられるのですが、その際には排ガスを出さない電気自動車(EV)が優遇される措置が取り入れられています。

続きを読む…

テスラのEVの信頼性評価が年月を経て急降下している

テスラのEVの信頼性評価が年月を経て急降下している

テスラが2018年Q3(7月から9月)の決算を発表し、ついに黒字化を達成しました。四半期決算で純利益を出すのは2年ぶりと経営不振の長いトンネルを抜けたテスラですが、アメリカの権威ある消費者情報誌「Consumer Reports(コンシューマーレポート)」の信頼性評価で、当初は高い評価を受けていたモデルSやモデルXが順位を急激に下げていることが明らかになりました。

続きを読む…

EV時代幕開けの40年前、冷戦下のソ連ではバッテリーで走る電気自動車が既に生産されていた

EV時代幕開けの40年前、冷戦下のソ連ではバッテリーで走る電気自動車が既に生産されていた

化石燃料ではなく電気の力で走る電気自動車(EV)は、21世紀の自動車を方向付けるキーワード「CASE」の一角を占める要素となっていますが、その歴史は一般的に思われているよりもはるか昔にさかのぼることが出来ます。現代から約40年前、まだ「鉄のカーテン」で閉ざされていた頃のソビエト連邦(ソ連)では、実際に電気で走る自動車が開発されて街の中を走り回っていたそうです。

続きを読む…

「2030年までにガソリン車・ディーゼル車の販売を禁止する」とデンマーク政府が発表

「2030年までにガソリン車・ディーゼル車の販売を禁止する」とデンマーク政府が発表

「2050年までに化石燃料によるCO2排出をゼロにする」という国を挙げた政策を打ち出しているデンマーク政府が「2030年までにガソリン車・ディーゼル車を廃止し、2035年までにハイブリッド車も廃止していく」という計画を発表しました。政府は同時に、電気自動車や燃料電池自動車を100万台販売するという目標も掲げています。

続きを読む…

自転車大国オランダはいかにして気軽に自転車に乗れる文化を生み出したのか

自転車大国オランダはいかにして気軽に自転車に乗れる文化を生み出したのか

オランダは国内に総延長3万5000kmに及ぶサイクリングコースがある、世界有数の自転車大国です。坂道が少なく平地の多いオランダでは、第二次世界大戦以前から自転車が広く利用されていましたが、現在のような自転車大国になったのは1970年代に入ってからの国を挙げての取り組みに理由がありました。その取り組みについて、自動車を売却して自転車生活を開始し8年になるというメリッサ・ブラントレットさんとクリス・ブラントレットさんが「Building the Cycling City」という本にまとめており、ニュースサイト・Voxのデヴィッド・ロバーツ氏がブラントレットさん夫妻から詳しい話を聞き出しています。

続きを読む…

自転車大国オランダはいかにして気軽に自転車に乗れる文化を生み出したのか

自転車大国オランダはいかにして気軽に自転車に乗れる文化を生み出したのか

オランダは国内に総延長3万5000kmに及ぶサイクリングコースがある、世界有数の自転車大国です。坂道が少なく平地の多いオランダでは、第二次世界大戦以前から自転車が広く利用されていましたが、現在のような自転車大国になったのは1970年代に入ってからの国を挙げての取り組みに理由がありました。その取り組みについて、自動車を売却して自転車生活を開始し8年になるというメリッサ・ブラントレットさんとクリス・ブラントレットさんが「Building the Cycling City」という本にまとめており、ニュースサイト・Voxのデヴィッド・ロバーツ氏がブラントレットさん夫妻から詳しい話を聞き出しています。

続きを読む…

トヨタとUberが自動運転車技術で協業を拡大、トヨタは500億円以上を出資へ

トヨタとUberが自動運転車技術で協業を拡大、トヨタは500億円以上を出資へ

トヨタ自動車が配車サービスで知られるUber Technologiesに対して、5億ドル(約550億円)の出資を行うことを発表しました。両社は2015年から協業を進めていますが、自動運転技術を活用したライドシェアサービスの開発促進と市場への投入のため、さらに協業を拡大していくとのこと。

続きを読む…

ロケットをつり下げて空中発射する「ストラトローンチ」が打ち上げに使う機材計画を発表

ロケットをつり下げて空中発射する「ストラトローンチ」が打ち上げに使う機材計画を発表

双胴型の飛行機の中心にロケットをつり下げて離陸し、空気が薄くなった上空で発射することで効率の良いロケット打ち上げを実現する「Stratolaunch(ストラトローンチ)」が、2022年以降に計画されているサービス開始に向けて運用機材を発表しました。

続きを読む…

潜水艦の新しい歴史を切り開く「無人AI潜水艦」を中国が開発中

潜水艦の新しい歴史を切り開く「無人AI潜水艦」を中国が開発中

中国で人工知能(AI)の研究に携わる研究者が、偵察から鉱山配置の把握、敵船への爆撃まで幅広い任務を遂行可能な「無人AI潜水艦」を中国軍が開発中であることを明かしています。

続きを読む…