カテゴリー: 乗り物, 動画,

1.9秒で時速100kmに達する史上最速の新型EV「ロードスター」をテスラが発表、2020年に2000万円台で発売する計画

1.9秒で時速100kmに達する史上最速の新型EV「ロードスター」をテスラが発表、2020年に2000万円台で発売する計画

電気自動車(EV)メーカーのテスラが、新型EVスポーツカー「ロードスター」を発表しました。小さめのボディに強力なモーターを3基搭載するこのモデルは最高速度が時速400kmを超え、わずか1.9秒で時速96kmに達するなど、地球で市販されてきた自動車の全てを凌駕する「史上最速の市販車」になる見込みです。

続きを読む…

テスラが全電気トレーラー「Semi」を発表、自動運転や強烈な加速力、事故防止機能などを搭載し2019年にも生産開始

テスラが全電気トレーラー「Semi」を発表、自動運転や強烈な加速力、事故防止機能などを搭載し2019年にも生産開始

電気自動車(EV)メーカーのテスラが、世界初となる完全EVトレーラーヘッド「Semi」を発表しました。従来のディーゼルエンジンのような石油を燃料とせずにリチウムイオンバッテリーだけで走るSemiは乗用車顔負けの加速力を持ち、1度の充電で500マイル(約800km)を走行可能で、さらには自動運転機能にも対応するというトラックの常識を覆す可能性を秘めたコンセプトモデルで、2019年に生産開始予定となっています。

続きを読む…

新幹線の先頭車両は「トンネルドン」対策のために変わった形状になっている

新幹線の先頭車両は「トンネルドン」対策のために変わった形状になっている

新幹線の先頭車両は、JR各線や私鉄の車両と比べて大きく異なるデザインになっています。鼻が尖った姿はいかにもスピードが出そうな印象を受けますが、あの形状は単に速度を追求してたどり着いたものではなく、高速運転に伴って生じる微気圧波、通称「トンネルドン」への対策であり、生物模倣(バイオミメティクス)が取り入れられていることを、YouTubeのVoxチャンネルが取り上げています。

続きを読む…

ラスベガスで運用が始まった「自動運転シャトルバス」が運行初日にいきなり事故に巻き込まれてしまう

ラスベガスで運用が始まった「自動運転シャトルバス」が運行初日にいきなり事故に巻き込まれてしまう

アメリカ・ラスベガスの市街地でついに運行が始まったアメリカ初の自動運転シャトルバスが、運行初日の走行開始からわずか1時間で大型トラックと接触するという事故に巻き込まれてしまいました。

続きを読む…

Google発の自動運転カーがどこまで進化したのかを実感できるドライバーなしの試験走行ムービーが公開、近い将来に「完全自動タクシー」の提供を目指す

Google発の自動運転カーがどこまで進化したのかを実感できるドライバーなしの試験走行ムービーが公開、近い将来に「完全自動タクシー」の提供を目指す

Googleからスピンアウトし、現在はAlphabet傘下の自動運転カー開発企業「Waymo」が開発中の車両を公開しました。実際に走行する車両の様子も公開されているのですが、その運転席には誰も乗っておらず、後部座席に乗客を乗せた状態で問題なく走行しています。

続きを読む…

崖をマウンテンバイクで下る命知らずな「Red Bull Rampage」ライダーの一人称目線ムービーに広がる驚愕の光景

崖をマウンテンバイクで下る命知らずな「Red Bull Rampage」ライダーの一人称目線ムービーに広がる驚愕の光景

がけ下に設けられたゴールに向かって道なき道をマウンテンバイクで一気に下りるエクストリームスポーツ「Red Bull Rampage 2017」が開催され、ライダー目線による一人称ムービーがYouTubeで公開されました。「命知らず」以外に形容する言葉が見つからないスポーツで、ビッグマウンテンライダーたちが見ている世界を体感できます。

続きを読む…

日本の巨大ロボ文化の誇りをかけて水道橋重工「クラタス」がアメリカの巨大ロボとバトル、開催日時&Twitchでの配信決定

日本の巨大ロボ文化の誇りをかけて水道橋重工「クラタス」がアメリカの巨大ロボとバトル、開催日時&Twitchでの配信決定

水道橋重工の人が乗れる巨大ロボット「クラタス」宛に、2015年6月に海外からバトルの果たし状が送られてきました。

続きを読む…

空飛ぶホバーバイクをアサルトライフル「AK-47」製造元のロシア企業カラシニコフ・コンツェルンが公開

空飛ぶホバーバイクをアサルトライフル「AK-47」製造元のロシア企業カラシニコフ・コンツェルンが公開

自動小銃「AK-47」を製造するロシア最大の銃器メーカーであるカラシニコフ・コンツェルンが新型ホバーバイクのプロトタイプを公開しました。

続きを読む…

東京~ハワイを30分で結ぶことも可能なスペースXの新型巨大ロケット「BFR」とは?

東京~ハワイを30分で結ぶことも可能なスペースXの新型巨大ロケット「BFR」とは?

2017年9月27日から29日にわたってオーストラリアで開催された宇宙関連カンファレンスで登壇したイーロン・マスク氏が、SpaceX(スペースX)が開発を進めている火星移住計画に用いられる予定の超巨大ロケット、コードネーム「BFR」を発表しました。NASAのサターンVロケットに匹敵する全長106メートルという巨大なロケットは、宇宙空間で燃料補給を行って火星に向かうことが可能なほか、旅客機のように地球上で用いることで世界中のどこへでも1時間以内に到達できる乗りものになる可能性を秘めています。

続きを読む…

東京~ハワイを30分で結ぶことも可能なスペースXの新型巨大ロケット「BFR」とは?

東京~ハワイを30分で結ぶことも可能なスペースXの新型巨大ロケット「BFR」とは?

2017年9月27日から29日にわたってオーストラリアで開催された宇宙関連カンファレンスで登壇したイーロン・マスク氏が、SpaceX(スペースX)が開発を進めている火星移住計画に用いられる予定の超巨大ロケット、コードネーム「BFR」を発表しました。NASAのサターンVロケットに匹敵する全長106メートルという巨大なロケットは、宇宙空間で燃料補給を行って火星に向かうことが可能なほか、旅客機のように地球上で用いることで世界中のどこへでも1時間以内に到達できる乗りものになる可能性を秘めています。

続きを読む…

映画では定番の「街中のカーチェイス」を映像作家はRCカーでどこまでリアルに再現できるのか?

映画では定番の「街中のカーチェイス」を映像作家はRCカーでどこまでリアルに再現できるのか?

街の中を爆走するマシンによるド迫力のカーチェイスは映画では定番のアクションシーンですが、ボール紙で作った小さな街の中をラジコンカーで爆走する様子を、映画さながらに迫力満点の映像で収めたムービー「The Cliche RC Action Chase」が、映像作家ザック・キング氏によって製作されています。ラジコンカーによる激しいカーチェイスシーンは、一見の価値ありです。

続きを読む…

水力推進のロケットトライクが最高時速261kmを記録、時速100km到達にわずか0.551秒

水力推進のロケットトライクが最高時速261kmを記録、時速100km到達にわずか0.551秒

水と圧縮空気を詰めて打ち上げるペットボトルロケットと同じ仕組みをトライク(三輪バイク)に積み込んだロケットトライクをサーキットに持ち込んだ映像が公開されています。その速度は最高で時速261kmに到達しており、時速0kmから100kmまで加速するのにかかった時間はわずか0.551秒でした。

続きを読む…

スクーターに乗った男性が車にはね飛ばされたあと何事もなかったかのように両足で歩き出す事故が発生

スクーターに乗った男性が車にはね飛ばされたあと何事もなかったかのように両足で歩き出す事故が発生

若い男性がスクーターに乗って交通違反となる方向転換をした際、真っ直ぐ走ってきた自動車に側面から衝突される、という衝撃の瞬間が監視カメラの映像に収められていました。自動車にはね飛ばされた青年は、自動車の上をグルリと1回転してきれいに足から着地。自動車はスクーターと衝突してから、車体2台分ほど走行してから停止しているのですが、スクーターに乗っていた青年は事故による痛みがまったくないのか、普通に立ち上がって悪態をつくかのように手を振り上げながら歩道に悠々と歩いて行きます。

続きを読む…

美麗な風景満載、コンテナ船で航海した8万枚もの写真を4KタイムラプスムービーにしてYouTubeで公開中

美麗な風景満載、コンテナ船で航海した8万枚もの写真を4KタイムラプスムービーにしてYouTubeで公開中

コンテナ船による30日間の航海中に撮影した8万枚の写真、合計1500GBものデータをタイムラプスムービーにした「30 Days Timelapse at Sea | 4K | Through Thunderstorms, Torrential Rain & Busy Traffic」が公開されています。航行ルートはアフリカ東北部とアラビア半島の間にある紅海から、アデン湾、インド洋、セイロン島西岸の都市コロンボ、マラッカ海峡、シンガポール、南・東シナ海、香港の順番にアジアを回るというものです。

続きを読む…

「ハリケーン・ハンターズ」が大型ハリケーン「イルマ」の台風の目に飛行機で突入して内側から観測

「ハリケーン・ハンターズ」が大型ハリケーン「イルマ」の台風の目に飛行機で突入して内側から観測

アメリカ現地時間の2017年9月10日、フロリダ本土に上陸した大型ハリケーン「イルマ(Irma)」は強い風と雨で広い地域に被害を及ぼしています。上陸時には5段階のうち下から2つめの「カテゴリー2」に勢力を弱めていますが、それでもなお秒速50メートル(時速約180km)という猛烈な風が各地を襲っているとのこと。そんな中、およそ10人ほどのメンバーで構成されるチーム「ハリケーン・ハンターズ」が小型機に乗り込んで台風に突入し、雲の壁を貫通して「台風の目」の中に入り、内部から台風を観測する活動を行っています。

続きを読む…