Warning: Declaration of KtaiService_Other::in_network($allow_search_engine = false) should be compatible with KtaiServices::in_network($networks = NULL, $allow_search_engine = false) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php on line 2459

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_search() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_where() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_fields() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_request() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php:2459) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 3312
動画, メモ, | 東大島に暮らすWEBディレクターブログ ~ 東大島から情報発信中! ~

カテゴリー: 動画, メモ,

1日に15分走る「デイリー・マイル」活動は子どもたちに良い影響を与えたのか?

1日に15分走る「デイリー・マイル」活動は子どもたちに良い影響を与えたのか?

学校に通う子どもたちが1日に15分だけ屋外をランニングして1マイル(約1.6km)の距離を走る活動「The Daily Mile(デイリー・マイル)」がイギリスで生まれ、世界中に広がっています。見方によっては、勉強の時間を15分削ってランニングするだけ、と受け止める人もいたというこの活動が実際に効果を出しているのか、その実際のところを調査した報告書が発表されています。

続きを読む…

市街地の地下30mに「隠れたダイビングスポット」が存在する都市がある

市街地の地下30mに「隠れたダイビングスポット」が存在する都市がある

ダイビングスポットと聞けば、オーストラリアや太平洋諸島のきれいな海を想像する人が多いと思いますが、なんと東ヨーロッパの内陸国であるハンガリーの首都ブダペストの地下30mには、地元の人でさえあまり知られていないダイビングスポットが存在しているそうです。

続きを読む…

面倒な「小論文」の代書サービスを宣伝していたYouTuberのムービーが次々に削除されている

面倒な「小論文」の代書サービスを宣伝していたYouTuberのムービーが次々に削除されている

自分の考えを短くまとめる小論文が苦手な人は世界のどこにでもいるもので、そのような人たちをターゲットにして代わりに小論文を書き上げるサービスが存在します。ウクライナに拠点を置く「EduBirdie」もそんな代書サービスを提供していたのですが、同社のサービスが250以上のYouTubeチャンネルで宣伝されていたことを問題視したYouTubeは、該当するムービーを次々に削除するという対策に出ています。

続きを読む…

挿絵に隠された謎を解いてリアルに宝探しをする絵本が生んでしまった衝撃の歴史

挿絵に隠された謎を解いてリアルに宝探しをする絵本が生んでしまった衝撃の歴史

「仮面舞踏会」は1979年にキット・ウィリアムズによって書かれた絵本であり、挿絵に隠された暗号を解読すると実際に宝の在りかがわかる仕組みになっていました。さらに、最初に見つけた人に宝物が贈呈されるルールとなっていたことから、多くの人々が宝探しに参加し、後の宝探しブームのきっかけになったことで知られています。また仮面舞踏会は宝探しの参加者に衝撃を与える事件も起こしており、その経緯がYouTubeで公開されています。

続きを読む…

テレビ放送をジャックして宇宙人からのメッセージを届けた「Vrillon」とは?

テレビ放送をジャックして宇宙人からのメッセージを届けた「Vrillon」とは?

テレビの回線をハッキングして乗っ取る「電波ジャック」という言葉は、地上デジタルテレビ放送が完全実施となってから聞くことがまるでなくなりました。電波ジャック事例としてはアメリカのシカゴで起きたマックス・ヘッドルーム事件が有名ですが、南東イングランドで発生したVrillonのメッセージもまた、事件から40年たった今でも謎に包まれています。

続きを読む…

アメリカ最大のメディアがトランプ大統領びいきの報道を地方局に強要していると非難が集まる

アメリカ最大のメディアがトランプ大統領びいきの報道を地方局に強要していると非難が集まる

アメリカの最大のメディア企業のひとつ「Sinclair Broadcast Group(シンクレア)」の傘下の地方局にて、主要メディアの誤ったニュース、偏向した報道を批判するメッセージが読み上げられました。他メディアにおける、個人のイデオロギーにより真実がゆがめられている不公正な報道を「民主主義の危機だ」と強く非難するこのキャンペーンですが、このキャンペーンのあり方こそが「民主主義の危機」だと非難が集まっています。

続きを読む…

「チアリーダーはスウェットで出歩くべからず」などNFLチームのチアリーダーに定められた厳しいルールの数々

「チアリーダーはスウェットで出歩くべからず」などNFLチームのチアリーダーに定められた厳しいルールの数々

アメリカでナンバーワンの人気を誇るスポーツ「NFL」の見どころといえば、トップアスリート達がみせるスピードと激しいぶつかり合い、巧みなボールコントロール技術、コーチらによる巧みな戦術展開などさまざまですが、サイドラインで試合に華を添えるチアリーダーの存在も欠かせません。試合中、笑顔で選手を応援し会場を盛り上げるNFLチアリーダーたちですが、その華やかさとは裏腹に想像以上に厳しいルールの数々が定められています。

続きを読む…

コンドームを鼻からすすって口から出す「コンドームチャレンジ」が復活して流行中、当然ながら専門家は危険と警告

コンドームを鼻からすすって口から出す「コンドームチャレンジ」が復活して流行中、当然ながら専門家は危険と警告

避妊具であるコンドームを鼻の穴から吸い込み、口から引っ張り出すという「コンドームチャレンジ」がアメリカで10代の若者を中心に盛り上がっていることが問題になりつつあります。2015年から2016年ごろに流行して窒息の危険性が指摘されたこともあった水の入ったコンドームを頭にぶつけるコンドームチャレンジとはまた別のものですが、同様に窒息にいたる可能性があるとのことです。

続きを読む…

古代遺跡の姿を往時のものに巻き戻して見せてくれるムービー

古代遺跡の姿を往時のものに巻き戻して見せてくれるムービー

古代の遺跡には建築された場所の文化や歴史が刻まれており、多くの人々を魅了しその場所に足を運ばせます。しかし、姿が現代に残っていたとしても、時間による風化や、戦争などにより「建築当時の外観」は残されていません。往年の姿を再現するとどんなものになるのか、Expediaが「7 ancient ruins around the world, reconstructed」というムービーで見せてくれています。

続きを読む…

自然を守るために地球とセックスする「エコセクシャル」な人たち

自然を守るために地球とセックスする「エコセクシャル」な人たち

木々と性行為を行ったり、エロティックに植物に話しかけたり、岩と結婚式を挙げたり、泥の中で愛の営みを行うことで地球に愛を示したりすることで、地球や自然を守ろうとする活動家たちが存在します。聞いただけでは何がなんだかわかりませんが、活動家たちは数を増やし、どんどんムーブメントが大きくなっているとのこと。

続きを読む…

「もしザッカーバーグの立場だったらどうする?」との問いにティム・クックは「私はあんな状況には陥らない」と回答

「もしザッカーバーグの立場だったらどうする?」との問いにティム・クックは「私はあんな状況には陥らない」と回答

コンサルティング会社Cambridge Analyticaによる5000万人のユーザーデータを不正利用や、Androidアプリでユーザーの通話履歴やSMS履歴を収集していたことが大きく話題になっているFacebookについて、Appleのティム・クックCEOはインタビューに応え、Facebookなどのプライバシーに関する姿勢に疑問を呈して何らかの規制を含む対策の必要性を唱えています。

続きを読む…

米民主党全国委員会に侵入し機密情報を盗んだハッカー「Guccifer 2.0」がロシア連邦軍参謀本部情報総局の役員だと判明

米民主党全国委員会に侵入し機密情報を盗んだハッカー「Guccifer 2.0」がロシア連邦軍参謀本部情報総局の役員だと判明

アメリカ大統領選挙で共和党のドナルド・トランプと民主党のヒラリー・クリントンの両候補が熱戦を繰り広げていた2016年6月に、民主党全国委員会(DNC)のネットワークがハッキング被害を受けました。このハッキングを行ったとして名乗り出たハッカー「Guccifer 2.0」が、ロシア政府関係者だったとDaily Beastが報じています。

続きを読む…

なぜ世界の発展のために途上国への支援が必要なのか?

なぜ世界の発展のために途上国への支援が必要なのか?

世界をより良いものに発展させるには、発展途上国に住む貧しい人たちの経済状況を改善することが近道であるとされています。なぜ途上国への支援が発展につながるのか、イメージしづらい人も多いはず。YouTubeで日常的な疑問などを科学的・論理的に解説するムービーを多数アップロードしているKurzgesagtがわかりやすく解説しています。

続きを読む…

人をうつや睡眠障害に追いやる謎の低周波音「ウィンザー・ハム」がカナダ・オンタリオ州で発生している

人をうつや睡眠障害に追いやる謎の低周波音「ウィンザー・ハム」がカナダ・オンタリオ州で発生している

2017年、キューバのアメリカ大使館で「音響攻撃」が確認され、難聴や脳損傷といった被害が出たと報告されました。このような「謎の音が特定の地域に発生する」という現象はキューバ以外でも起こっており、「Hum」という低周波音は世界中で確認されています。カナダのオンタリオ州でも、謎の低周波音が数年にわたって継続しているものの、解決には至っていません。

続きを読む…

石けんを削ることで脳がトロけるぐらい気持ち良く感じる現象「ASMR」として流行中

石けんを削ることで脳がトロけるぐらい気持ち良く感じる現象「ASMR」として流行中

石けんをナイフやカッターなどで薄く削ることによる「削る感触」や「音」が、脳がトロけるぐらい気持ち良く感じる反応「ASMR」であるとして人気を集めており、SNSなどで広がりを見せています。Twitterでは気持ちよさをつぶやくことでその気持ちを共有し、YouTubeやInstagramでは削る様子をアップロードしたムービーがあり、中には再生数が1300万回を超えるものもあります。なぜ「石けんを削る」というシンプルな行為にこれほど魅了されるユーザーが多数いるのか、その魅力についてを多くのユーザーが語っています。

続きを読む…