Warning: Declaration of KtaiService_Other::in_network($allow_search_engine = false) should be compatible with KtaiServices::in_network($networks = NULL, $allow_search_engine = false) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php on line 2459

Warning: Use of undefined constant NICHEPATCH_CHECKTIMESTAMP_HOUR_DEFAULT - assumed 'NICHEPATCH_CHECKTIMESTAMP_HOUR_DEFAULT' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/niche-patch/patch.php on line 14

Warning: Use of undefined constant NICHEPATCH_MENUORDER_POST_COLUMN - assumed 'NICHEPATCH_MENUORDER_POST_COLUMN' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/niche-patch/patch.php on line 15

Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 44

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_search() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_where() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_fields() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_request() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php:2459) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 3312
映画, | 東大島に暮らすWEBディレクターブログ ~ 東大島から情報発信中! ~

カテゴリー: 映画,

「アベンジャーズ/エンドゲーム」の本編映像の一部がネット上に流出、公式がネタバレ注意を勧告

「アベンジャーズ/エンドゲーム」の本編映像の一部がネット上に流出、公式がネタバレ注意を勧告

2019年4月26日に公開される、「アベンジャーズ」シリーズの第4作にして完結作である「アベンジャーズ/エンドゲーム」の本編映像の一部がインターネット上に流出していると報じられています。この事態を受けて、監督や映画の制作会社が公式にネタバレに注意するよう促しています。

続きを読む…

未公開の映画を自宅に届けてくれる超リッチなサービス「レッドカーペットホームシネマ」とは?

未公開の映画を自宅に届けてくれる超リッチなサービス「レッドカーペットホームシネマ」とは?

自宅にいながら巨大スクリーンやマルチチャンネルスピーカーなどを用い、まるで映画館のようなリッチな映画体験を再現するホームシアターは凝りだすとどこまでもお金がかかってしまうものですが、さらにラグジュアリーな映画体験を届ける「レッドカーペットホームシネマ」は誰よりも早く公開前の映画を自宅で楽しむことができる超豪華なサービスとなっています。

続きを読む…

未公開の映画を自宅に届けてくれる超リッチなサービス「レッドカーペットホームシネマ」とは?

未公開の映画を自宅に届けてくれる超リッチなサービス「レッドカーペットホームシネマ」とは?

自宅にいながら巨大スクリーンやマルチチャンネルスピーカーなどを用い、まるで映画館のようなリッチな映画体験を再現するホームシアターは凝りだすとどこまでもお金がかかってしまうものですが、さらにラグジュアリーな映画体験を届ける「レッドカーペットホームシネマ」は誰よりも早く公開前の映画を自宅で楽しむことができる超豪華なサービスとなっています。

続きを読む…

「シティーハンター」作者の北条司が実写映画「エンジェルサイン」の総監督を担当することに

「シティーハンター」作者の北条司が実写映画「エンジェルサイン」の総監督を担当することに

「キャッツ♥アイ」「シティーハンター」「エンジェルハート」で知られる漫画家の北条司さんが、実写映画「エンジェルサイン」で初の総監督に挑戦することになりました。

続きを読む…

スティーヴン・スピルバーグ率いるアンブリン・パートナーズがSF小説「The Mother Code」の映画化権を獲得

スティーヴン・スピルバーグ率いるアンブリン・パートナーズがSF小説「The Mother Code」の映画化権を獲得

「レディ・プレイヤー1」「グリーンブック」「ゴースト・イン・ザ・シェル」などの作品を手がけてきた、スティーヴン・スピルバーグ率いる製作会社アンブリン・パートナーズが2020年出版予定のSF小説「The Mother Code」の映画化権を獲得したことが明らかになりました。

続きを読む…

「ロード・オブ・ザ・リング」ドラマ版の脚本は厳戒に警備された密室で執筆されている

「ロード・オブ・ザ・リング」ドラマ版の脚本は厳戒に警備された密室で執筆されている

Amazonは、映画「ロード・オブ・ザ・リング」の原作であるJ・R・R・トールキンの長編小説「指輪物語」のドラマを制作しています。このドラマ版は「進展もメディアにもほとんど明かさない」という徹底的な秘密主義の下で制作されていて、「脚本家はセキュリティの堅固なオフィスの中で全編の脚本を執筆しているところだ」と海外の芸能メディアであるThe Hollywood Reporterが報じています。

続きを読む…

フランスでライトセーバーでのフェンシングが正式競技に、その名も「ライトセーバー・デュエリング」

フランスでライトセーバーでのフェンシングが正式競技に、その名も「ライトセーバー・デュエリング」

フェンシングはフルーレ、エペ、サーブルという3種類の剣を用いる競技ですが、フランスのフェンシング連盟は4種類目の剣としてライトセーバーの使用を承認。フェンシングの新種目として「Lightsaber dueling(ライトセーバー・デュエリング)」が正式に採用されました。光る刃を持つライトセーバーでの剣劇シーンはSF映画「スター・ウォーズ」シリーズの見どころのひとつですが、それを現実で見られることになります。

続きを読む…

「ダイ・ハード」がクリスマス映画かどうかを登場要素から徹底検証

「ダイ・ハード」がクリスマス映画かどうかを登場要素から徹底検証

主演俳優のブルース・ウィリスが「ダイ・ハードはクリスマス映画じゃない」と考えている一方で、20世紀FOXは「クリスマス映画といえばコレ!」とクリスマス風クリップを作成するなど、クリスマス映画の1本として「ダイ・ハード」を推しています。実際のところ、「ダイ・ハード」はどのぐらいクリスマス映画なのか、世の中には多数存在する「クリスマス映画」があるわけなので、その要素と照らし合わせて調べた結果が発表されています。

続きを読む…

ディズニー・ピクサーがクリス・プラットやトム・ホランドをキャストに迎えた新作映画「Onward」の制作を発表

ディズニー・ピクサーがクリス・プラットやトム・ホランドをキャストに迎えた新作映画「Onward」の制作を発表

アニメーションスタジオのディズニー・ピクサーは2018年12月12日、突如Twitter上で2020年に新作映画「Onward」が公開予定であることを発表。タイトルロゴと共にクリス・プラット、トム・ホランド、ジュリア・ルイス=ドレイファス、オクタヴィア・スペンサーなどのキャストが発表されています。

続きを読む…

興行収入が1000億円規模の大ヒット映画はいずれもジェンダーバイアス測定の「ベクデルテスト」をクリアしている

興行収入が1000億円規模の大ヒット映画はいずれもジェンダーバイアス測定の「ベクデルテスト」をクリアしている

2014年から2017年の4年間で興行成績のよかった映画を対象にした分析により、映画製作を女性が主導した作品の方が、男性主導の作品よりも好成績を収めたことが明らかになりました。また、ジェンダーバイアスを測定するために使われる「ベクデルテスト」についてもクリアしている作品の方が、クリアしていない作品よりも好成績であり、特に大ヒットするような作品はいずれもテストをクリアしているものであったことがわかりました。

続きを読む…

「マッドマックス/怒りのデスロード」を32年先取りしたパチモン作品「マッドライダー」と「フェラーリの鷹」HDリマスター版の迫力のカーチェイスシーン先行公開

「マッドマックス/怒りのデスロード」を32年先取りしたパチモン作品「マッドライダー」と「フェラーリの鷹」HDリマスター版の迫力のカーチェイスシーン先行公開

イタリア製の西部劇「マカロニ・ウエスタン」やその流れをくむ「マカロニ・コンバット」などのエンターテインメント映画を量産していたことで知られるイタリア映画界の珠玉で、日本でもカルト的人気を誇る2本の名作が2018年の年の瀬に相次いで公開されます。新たなマカロニ作品企画「マカロニ・エンタテインメント傑作選」の幕開けを飾る2作品の公開に先立ち、迫力のカーチェイスシーンなどの場面写真が公開されました。

続きを読む…

歴史上最も影響力のある映画は「オズの魔法使」

歴史上最も影響力のある映画は「オズの魔法使」

オープンアクセスジャーナルのApplied Network Scienceに掲載された最新の研究論文によると、歴史上で最も影響力のある映画は、1939年に公開されたファンタジー・ミュージカル映画「オズの魔法使」だそうです。

続きを読む…

映画「シュレック」や「長ぐつをはいたネコ」のリブートが決定、監督は「怪盗グルーの月泥棒 3D」のクリス・メレダンドリ

映画「シュレック」や「長ぐつをはいたネコ」のリブートが決定、監督は「怪盗グルーの月泥棒 3D」のクリス・メレダンドリ

ドリームワークスによるアニメーション映画「シュレック」と「長ぐつをはいたネコ」が新たにリブートを受けて制作されることが明らかになりました。監督は、イルミネーション・エンターテインメントの設立者で3Dアニメーション映画「怪盗グルーの月泥棒 3D」を制作したクリス・メレダンドリ氏が担当すると伝えられています‘Shrek,’ ‘Puss in Boots’ Rebooted by ‘Despicable Me’ Creator – Varietyhttps://variety.com/2018/film/news/shrek-puss-in-boots-reboot-1203020785/映画メディアのVarietyが独占で伝えた内容によると、ユニバーサル・ピクチャーズはメレダンドリ氏に2作の脚本の制作を依頼。メレダンドリ氏は有名な「ビッグタイトル」の新作を担当するにあたり、「声」の要素を注意深く取り扱う方針をすでに掲げているとのことです。「シュレック」の声優陣にはマイク・マイヤーズやエディ・マーフィ、「長ぐつをはいたネコ」にはアントニオ・バンデラスなどそうそうたるメンバーがそろっており、それぞれの作品が持つ雰囲気を強く決定づける要素となっています。

続きを読む…

「パシフィック・リム」のギレルモ・デル・トロ監督があの「ピノキオ」をストップモーション・アニメで映画化することが決定

「パシフィック・リム」のギレルモ・デル・トロ監督があの「ピノキオ」をストップモーション・アニメで映画化することが決定

Netflixは、「パシフィック・リム」「シェイプ・オブ・ウォーター」で知られるギレルモ・デル・トロ監督が「ピノキオ」を題材に、ストップモーション・アニメーションによるミュージカル映画を制作中であることを明らかにしました。

続きを読む…

映画の「狂気」は精神障害の見方をどのように変えていったのか?

映画の「狂気」は精神障害の見方をどのように変えていったのか?

「狂気」は映画で頻繁に登場するテーマですが、狂気がステレオタイプな描かれ方をすることで、精神障害に対する現実の人々の見方も大きく影響を受けているとのこと。映画史の中で狂気がどのように描かれてきたのか、ジャーナリストのArwa Haider氏が記しています。

続きを読む…