Warning: Declaration of KtaiService_Other::in_network($allow_search_engine = false) should be compatible with KtaiServices::in_network($networks = NULL, $allow_search_engine = false) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php on line 2459

Warning: Use of undefined constant NICHEPATCH_CHECKTIMESTAMP_HOUR_DEFAULT - assumed 'NICHEPATCH_CHECKTIMESTAMP_HOUR_DEFAULT' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/niche-patch/patch.php on line 14

Warning: Use of undefined constant NICHEPATCH_MENUORDER_POST_COLUMN - assumed 'NICHEPATCH_MENUORDER_POST_COLUMN' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/niche-patch/patch.php on line 15

Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 44

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_search() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_where() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_fields() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_request() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php:2459) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 3312
生き物, | 東大島に暮らすWEBディレクターブログ ~ 東大島から情報発信中! ~

カテゴリー: 生き物,

ハルキゲニアなどカンブリア紀の生き物はなぜ変わった形をしているのか?

ハルキゲニアなどカンブリア紀の生き物はなぜ変わった形をしているのか?

細長い胴体の腹側に細長い足がムカデのように並び、背中側にはトゲが並んでいるという不思議な形をした「ハルキゲニア」や、平べったい体の先端に5つの目があり、前方に口が突き出ている「オパビニア」など、およそ5億4100万年前から4億8500万年前まで続いたカンブリア紀の生き物には、変わった形をしたものが多数見受けられます。現代の生き物ではほとんど見られないような姿をしているのはなぜなのか、科学ニュースサイト・Live Scienceがその謎に迫っています。

続きを読む…

ネコが不可解な行動を取るのはサイコパスだからではなく飼い主の性格を反映した結果かもしれない

ネコが不可解な行動を取るのはサイコパスだからではなく飼い主の性格を反映した結果かもしれない

ネコは「人にあまりなつかない」というイメージがあるためか、飼い主の性格をあまり反映しないといわれることがよくあります。そのため、飼っているネコがあまりにも不可解な問題行動を繰り返すと「うちのネコはサイコパスなのでは?」と不安に思う飼い主も中にはいるそうです。そんなネコの問題行動について、「その原因はサイコパスだからではなく、飼い主の性格から影響を受けたからかもしれない」という研究が報告されています。

続きを読む…

30年以上目撃されていなかった世界最大のハチが探検隊によって再発見される

30年以上目撃されていなかった世界最大のハチが探検隊によって再発見される

ウォレスズ・ジャイアント・ビーと呼ばれるハチは1858年に探検家のアルフレッド・ラッセル・ウォレス氏によって発見された、「世界最大のハチ」として知られるハチの一種です。そんなウォレスズ・ジャイアント・ビーは1981年を最後に目撃例が絶えており、一部では絶滅が危惧されていましたが、2019年に再び発見されて写真に収められたことが報じられました。実際にウォレスズ・ジャイアント・ビーを38年ぶりに発見したカメラマンであるクレイ・ボルト氏が、インドネシアのモルッカ諸島で発見の一部始終について説明しています。

続きを読む…

「ゾンビ鹿」の肉を食べると人はいったいどうなるのか?

「ゾンビ鹿」の肉を食べると人はいったいどうなるのか?

北米を中心としてシカやトナカイ、カリブーなどシカ科の動物を襲う「CWD(慢性消耗病)」は、2000年代に大きな問題となったBSE(牛海綿状脳症)と同様の「プリオン病」です。CWDに感染した鹿の肉をあえて食べる人はいないはずですが、過去、アメリカでは宴席で出された肉がCWDに感染した鹿のものだったという事例があり、食べた人の健康状態を追跡調査したレポートが存在しています。

続きを読む…

なぜペンギンにとってイギリスのEU脱退が大きな痛手となるのか?

なぜペンギンにとってイギリスのEU脱退が大きな痛手となるのか?

2016年6月に行われた国民投票の結果、イギリスの欧州連合(EU)からの脱退を指示する票が過半数を上回り、イギリスのEU脱退(ブレグジット:Brexit)がほぼ間違いないものとなりました。イギリスに支社や工場を置く企業はブレグジットにより大きな影響を受けると考えられていますが、ペンギンにとってもブレグジットは悪いニュースであるとPOLITICOが報じています。

続きを読む…

「なぜウォンバットのうんちは四角いのか?」という謎を科学者が解き明かす

「なぜウォンバットのうんちは四角いのか?」という謎を科学者が解き明かす

ウォンバットはオーストラリア本土やタスマニア島に生息する動物で、ずんぐりむっくりとした体つきが非常にキュートです。そんなウォンバットは1日に80~100個もの「四角いうんち」をすることが知られており、科学者が「いったいなぜウォンバットのうんちは四角いのか?」という謎を解き明かしたと報じられています。

続きを読む…

大量の「猫のミイラ」が古代エジプトのピラミッド付近の霊廟で見つかる

大量の「猫のミイラ」が古代エジプトのピラミッド付近の霊廟で見つかる

エジプト第5王朝の創設者・ウセルカフのために建設されたピラミッドの近くにある複合霊廟(れいびょう)で、何十匹もの猫のミイラと、約100体の木製の猫像が発見されました。古代エジプトの人々は猫派だったとして話題となっています。

続きを読む…

なぜ世界中の都市に大量の「ハト」が生息しているのか?

なぜ世界中の都市に大量の「ハト」が生息しているのか?

ハトは町中のあらゆる場所で見かける鳥であり、舗装道路を我が物顔で首を振りながら歩き回ったり、町の広場で餌付けをされて大量に集まっていたりする光景をよく見かけます。都市に住む人にとって最も身近な鳥といっても過言ではないハトがここまで大量に都市で繁殖した背景に、人間の果たした役割は小さくないそうです。

続きを読む…

カラスはバラバラのパーツを組み立てて便利な道具を作り出すことができる

カラスはバラバラのパーツを組み立てて便利な道具を作り出すことができる

非常に高い知能を持つ鳥として知られているカラスは、道具を使ったりエサとなる動物の危険な部位だけを避けて食べたりといった能力を持っており、カラスを利用してタバコの吸い殻を集めるシステムが考案されたこともありました。そんなカラスはバラバラに分解されたパーツを、完成形を知らない状態でゼロから組み立てることができることが明らかになりました。

続きを読む…

「世界最古の生命」が危機的状況にある

「世界最古の生命」が危機的状況にある

アメリカ・ユタ州にあるフィッシュレイク国立公園には、ほとんどの人が「木」と認識するには困難な白樺に似たポプラ系の木「アスペン・ツリー」が存在します。「パンド(Pando)」とも呼ばれるこの木は科学者が「数千年から8万年ほど生きている」と推定するほど長生きしている生命なのですが、そんなパンドが今、命の危機を迎えています。

続きを読む…

ハリネズミやフクロウなど動物たちのゴスなレントゲン写真が公開中

ハリネズミやフクロウなど動物たちのゴスなレントゲン写真が公開中

アメリカのオレゴン動物園のTwitter公式アカウントが、さまざまな動物のレントゲン写真を公開しています。普段見る機会が少ない動物たちのレントゲン写真はゴシック風で美しさすら感じられるものとなっています。

続きを読む…

ほ乳類の絶滅速度が加速し多様性の回復には500万年以上かかる

ほ乳類の絶滅速度が加速し多様性の回復には500万年以上かかる

人間の活動によって300種類以上のホ乳類が絶滅しており、これは「進化の歴史が25億年失われたことを意味する」と最新の研究で発表がありました。現代はホ乳類の絶滅ペースが加速しており、今後50年のうちに密猟や環境汚染がなくなったとしても自然界が回復するには500~700万年かかるとのことです。

続きを読む…

「顔認識技術」を用いて動物をモニタリングする意義とは?

「顔認識技術」を用いて動物をモニタリングする意義とは?

顔認識技術は近年急速に発達している研究分野であり、スマートフォンの認証にも顔認証技術が採用されるなど、実生活にも顔認識技術の恩恵が反映されつつあります。そんな顔認識技術を動物に対して使用し、モニタリングすることの理由について、New York Magazineが報じています。

続きを読む…

犬は特に他の動物と比較して賢いというわけではない

犬は特に他の動物と比較して賢いというわけではない

犬は最も古くに家畜化された動物とされており、1万年以上も昔から人間と共に暮らしてきました。そんな犬は非常に高い知能を持つ動物だといわれていますが、「実のところ犬の知能は世間で言われているほど突出して高いわけではない」と報じられています。

続きを読む…

野良猫は都市部のネズミに対してはあまり脅威になっていないという研究結果

野良猫は都市部のネズミに対してはあまり脅威になっていないという研究結果

ネズミにとって猫が天敵というのはカートゥーンアニメ「トムとジェリー」で描かれている通り……のはずなのですが、研究によると、都市部でみられる野良猫は、あまりネズミの脅威となっていないようです。

続きを読む…