Warning: Declaration of KtaiService_Other::in_network($allow_search_engine = false) should be compatible with KtaiServices::in_network($networks = NULL, $allow_search_engine = false) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php on line 2459

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_search() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_where() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_fields() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_request() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php:2459) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 3312
生き物, | 東大島に暮らすWEBディレクターブログ ~ 東大島から情報発信中! ~

カテゴリー: 生き物,

渡り鳥に取り付けたトラッカーを何者かが利用し、電話代約30万円が請求されることに

渡り鳥に取り付けたトラッカーを何者かが利用し、電話代約30万円が請求されることに

シュバシコウは毎年ポーランドからアフリカまで6000kmの渡りを行います。ポーランドのコウノトリ観察プロジェクトEcoLogicは例年通りシュバシコウにGPSトラッカーを付けて観察を行っていたのですが、このうち1羽がつけていたGPSトラッカーのSIMチップがなぜか2700ドル(29万8000円)も請求されることとなりました。

続きを読む…

放射能汚染で人影が消えたチェルノブイリ原発周辺は事実上の「自然保護区」になって野性のオオカミが繁殖している

放射能汚染で人影が消えたチェルノブイリ原発周辺は事実上の「自然保護区」になって野性のオオカミが繁殖している

1986年4月26日に発生したチェルノブイリ原子力発電所の原子炉爆発事故の後、ソ連当局によって原子力発電所の周囲30km圏内を立入禁止区域に設定されることになり、2018年現在も区域内に入ることは制限されています。ミズーリ大学で生態学を研究しているマイケル・バーン氏らの研究チームによると、2018年時点のチェルノブイリ立入禁止区域は事実上の自然保護区となっており、オオカミの繁殖に大きく貢献しているとのことです。

続きを読む…

世界で最も小さな砂漠と呼ばれ次々に新種生物が見つかっている「カークロス・デザート」とは?

世界で最も小さな砂漠と呼ばれ次々に新種生物が見つかっている「カークロス・デザート」とは?

カナダにあるカークロス・デザートは、面積が約2.6平方キロメートルと小さく、世界で最も小さな砂漠と呼ばれています。カークロス・デザートには珍しい有蹄類(ゆうているい)や昆虫、希少な植物が生息しており、専門家によると近年でも新しい種が発見されているとのことです。

続きを読む…

「鳥の歌は何百年にもわたって伝承されている」と研究者が指摘

「鳥の歌は何百年にもわたって伝承されている」と研究者が指摘

人類は習慣や伝統を何世代にもわたって伝えることで、地域に密着した文化を形成する特徴を持っています。ロンドン大学クイーン・メアリーの心理学者であるロバート・ラクラン氏らの研究チームによると、ヌマウタスズメにも人間と同様の傾向があり、ヌマウタスズメのさえずりは何百年にもわたって伝承されていることが明らかになっています。

続きを読む…

人類の火星移住で酸素の供給源として活躍するかもしれないバクテリアが発見される

人類の火星移住で酸素の供給源として活躍するかもしれないバクテリアが発見される

人が火星に移住しようと考えたとき、最初に必要なものは呼吸を行うための酸素であると言われています。オーストラリア国立大学の名誉教授であるエルマーズ・クラウス氏らの研究チームは、植物の生育に適さない日照条件の環境であっても、光合成によって酸素を生み出すことができるバクテリアを発見したとのことです。

続きを読む…

「コウノトリが赤ちゃんを運んでくる」というイメージはどこから来たのか?

「コウノトリが赤ちゃんを運んでくる」というイメージはどこから来たのか?

「赤ちゃんはコウノトリが運んでくる」というイメージは日本やアメリカだけではなく、わりとグローバルに通用するものです。一体、どこからこのようなイメージが出てきたのか、その由来を掘り下げると、童話だけではなく神話にまでつながる部分がありました。

続きを読む…

「生きた化石」とも呼ばれる不思議な生物「オウムガイ」とは?

「生きた化石」とも呼ばれる不思議な生物「オウムガイ」とは?

オウムガイはオウムガイ目オウムガイ科に属する軟体動物で、水深およそ100~600mの深さに生息しています。5億年ほど昔に生息していた祖先の姿を残しつつ21世紀に至るまで生きており、「生きた化石」と呼ばれることもあるオウムガイについて、専門の研究者らが語っています。

続きを読む…

「生きた化石」とも呼ばれる不思議な生物「オウムガイ」とは?

「生きた化石」とも呼ばれる不思議な生物「オウムガイ」とは?

オウムガイはオウムガイ目オウムガイ科に属する軟体動物で、水深およそ100~600mの深さに生息しています。5億年ほど昔に生息していた祖先の姿を残しつつ21世紀に至るまで生きており、「生きた化石」と呼ばれることもあるオウムガイについて、専門の研究者らが語っています。

続きを読む…

巨木「アフリカバオバブ」の最古の個体や最大の個体が枯死、気候変動が原因か

巨木「アフリカバオバブ」の最古の個体や最大の個体が枯死、気候変動が原因か

長命で巨大になることで知られるアフリカバオバブが、この12年間で突然枯死してしまう現象が続いています。原因は気候の変動だと考えられているものの、まだ研究者の間でもはっきりとした答えは出ていないそうです。

続きを読む…

飼い主が勘違いしやすい10個の犬の行動とは?

飼い主が勘違いしやすい10個の犬の行動とは?

人が犬の文化や行動の意図を理解することは難しいものです。このため、犬が不満に感じていることを飼い主が見逃してしまうことが多く、これが解消されずに続いてしまうと最悪の場合、飼い犬から敵意を向けられてしまう可能性があります。シドニー大学で動物福祉科学の教授を務めるポール・マクグリービー氏らは、飼い主が犬の気持ちを理解するための研究を行っており、飼い主が勘違いしやすい10個の犬の行動について解説しています。

続きを読む…

ゴキブリが男性の耳に卵を産み付ける衝撃の事態が発生

ゴキブリが男性の耳に卵を産み付ける衝撃の事態が発生

「寝ている間に虫が口や鼻、耳の穴に入ってきたらどうしよう」という不安は恐ろしいものです。不運にもアメリカに住む男性は、ゴキブリが耳に入ってきただけでなく、卵を産み付けられてしまったと報じられています。

続きを読む…

外来生物のコウガイビルがフランスの生態系を脅かしている

外来生物のコウガイビルがフランスの生態系を脅かしている

世界的に人が往来する現代では、それまで存在しなかった外来生物が持ち込まれることで、その土地の生態系を壊すことが大きな問題となっています。フランスでは「コウガイビル」と呼ばれる生物が入り込み、土壌のミミズなど在来生物を襲っている現状が明らかになっています。

続きを読む…

キリンは子育てや捕食される危険性を回避するために群れているわけではないと研究者が指摘

キリンは子育てや捕食される危険性を回避するために群れているわけではないと研究者が指摘

動物が集団で生活するのは、群れの規模を大きくすることで捕食者を発見したり、敵に襲われた際に生存する確率を高めたりするためだとされていました。しかし、群れで生活するキリンの場合、これらのメリットを得る目的に集団生活をしているわけではないということが、ブリストル大学で生物科学を専攻しているゾーイ・ミュラー氏らの研究で示されました。

続きを読む…

生命力が非常に強い生き物「クマムシ」のうんちはめちゃくちゃデカい

生命力が非常に強い生き物「クマムシ」のうんちはめちゃくちゃデカい

「クマムシ」とは大きさ50マイクロメートル(約0.05mm)~1.7mmほどの非常に小さい動物であり、湿った地面から水中、深海から高山からまで非常に多様な環境に生息しています。過酷な環境でも生き延びられるクマムシは、「非常に生命力の高い生き物」として知られていますが、そんなクマムシが非常に大きいうんちをするムービーが撮影されました。

続きを読む…

世にも珍しい「2つの頭を持つ鹿」が発見される

世にも珍しい「2つの頭を持つ鹿」が発見される

結合双生児は体が結合している双子のことを指し、人間ではおよそ5万~20万組に1組の割合で双子が結合しているケースがあるとされています。結合双生児が自然界の動物に見つかることは非常にまれですが、ミネソタ州の森林で「2つの頭を持つ鹿」が発見されたと報じられています。

続きを読む…