カテゴリー: 食,

鶏肉そっくりの味で食料危機を救うかもしれない謎の食べ物「マイコプロテイン」とは?

鶏肉そっくりの味で食料危機を救うかもしれない謎の食べ物「マイコプロテイン」とは?

世界的な人口増加により、これまでの食事のあり方を見直す時期に来ていると言われています。新しい食事の手段として3Dプリンターで出力する方法のほか、完全栄養食「ソイレント」なども出現していますが、1980年代から開発されていた「マイコプロテイン」もその1つです。

続きを読む…

スタバ店員が選ぶ「最悪な注文カスタマイズ」集が色んな意味ですごい

スタバ店員が選ぶ「最悪な注文カスタマイズ」集が色んな意味ですごい

スターバックスはメニュー表に書いてある商品のほか、シロップやソースを追加したり、トッピングをしたりして、自分好みにカスタマイズが可能。海外ではアプリから事前注文することも可能なので、お店で呪文のような注文を唱えることなく正確にカスタマイズが行えるようになっています。そんな中で、スターバックスの店員であるTerence Wigginsさんが、「自分が受け取った最悪の注文」を公開しており、狂気を感じるような注文票が並んでいます。

続きを読む…

低脂肪アボカドという未知なる食べ物が登場

低脂肪アボカドという未知なる食べ物が登場

Instagramで見ない日はないほどに人気を集めるアボカドは脂肪が多いことで知られています。そんな中、スペインの企業が「通常に比べて30%も脂肪をカットした」という、世界で初めての低脂肪アボカドを開発しました。

続きを読む…

「おいしいコーヒー」を化学と物理に基づいて作る

「おいしいコーヒー」を化学と物理に基づいて作る

カフェや喫茶店などでバリスタが淹れてくれたコーヒーは、家庭で淹れるコーヒーよりも風味がよく「おいしい」と感じられます。では家庭で淹れるコーヒーとお店で出されるコーヒーは何が違うのか?ということで、計算材料科学と化学の准教授であるChristopher H Hendon氏がおいしいコーヒーの入れ方を化学と物理の観点から解説しています。

続きを読む…

チョコレートシロップは「薬」として使われていた

チョコレートシロップは「薬」として使われていた

食パンやパンケーキなどにかけるチョコレートシロップは、現代ではお菓子の一部として見なされていますが、19世紀~20世紀ごろは「薬」として使用されることが頻繁にありました。チョコレートがどのように薬剤師たちに扱われてきたのか、そしてお菓子へと方向転換した歴史が海外メディアのSmithsonianでつづられています。

続きを読む…

ホワイトチョコ以来80年ぶりの新作、ピンクに色づいたニュータイプのチョコレート「ルビー」誕生

ホワイトチョコ以来80年ぶりの新作、ピンクに色づいたニュータイプのチョコレート「ルビー」誕生

スイスのチョコレート会社から、実に80年ぶりとなるチョコレートの新フレーバー「RUBY」(ルビー)が発表されました。

続きを読む…

ホワイトチョコ以来80年ぶりの新作、ピンクに色づいたニュータイプのチョコレート「ルビー」誕生

ホワイトチョコ以来80年ぶりの新作、ピンクに色づいたニュータイプのチョコレート「ルビー」誕生

スイスのチョコレート会社から、実に80年ぶりとなるチョコレートの新フレーバー「RUBY」(ルビー)が発表されました。

続きを読む…