カテゴリー: 食,

世界一辛い唐辛子を食べると脳に悪影響が出て「雷鳴頭痛」に襲われることが判明

世界一辛い唐辛子を食べると脳に悪影響が出て「雷鳴頭痛」に襲われることが判明

「世界一辛い唐辛子」として2013年にギネス世界記録に登録される「キャロライナ・リーパー」を食べた男性が脳で血流障害を起こし激しい頭痛にさいなまれるという事態に発展しました。

続きを読む…

世界一辛い唐辛子を食べると脳に悪影響が出て「雷鳴頭痛」に襲われることが判明

世界一辛い唐辛子を食べると脳に悪影響が出て「雷鳴頭痛」に襲われることが判明

「世界一辛い唐辛子」として2013年にギネス世界記録に登録される「キャロライナ・リーパー」を食べた男性が脳で血流障害を起こし激しい頭痛にさいなまれるという事態に発展しました。

続きを読む…

燻製食品から発がん性物質を取り除き味もよくする方法を研究者らが開発

燻製食品から発がん性物質を取り除き味もよくする方法を研究者らが開発

燻製にした食べ物のほとんどは、微量にですが発がん性物質を含んでいます。そこで、食栄養科学を研究するレイディング大学のJane K. Parker准教授は燻製した食べ物の味を損なうことなく発がん性物質だけを除去する方法について研究を行い、車の排気管に取り付けるゼオライトフィルターを適用するというアイデアを示しました。

続きを読む…

苦すぎるかぼちゃやキュウリなどは中毒を起こしおう吐や脱毛症を引き起こす可能性がある

苦すぎるかぼちゃやキュウリなどは中毒を起こしおう吐や脱毛症を引き起こす可能性がある

植物には自分の身を守るためにシュウ酸やソラニンといった毒を微量に含むものが多く存在し、特にズッキーニやカボチャなどウリ科の野菜にはククルビタシンというステロイドの一種が含まれており、食べるとおう吐や下痢といった症状を引き起こすことがあります。カボチャが食卓に上がって「毒」と考える人は少ないはずですが、カボチャのスープを飲んで最終的に脱毛症を患ったという症例が報告されました。

続きを読む…

2枚のチキンでワッフルを挟んだ衝撃サンド「Waffle Double Down」がケンタッキーから登場

2枚のチキンでワッフルを挟んだ衝撃サンド「Waffle Double Down」がケンタッキーから登場

フライドチキンでピザを作った「CHIZZA」や、2枚のフライドチキンでチーズとベーコンをサンドした「チキンフィレダブル」など、ケンタッキーは突如としてあまりにも肉肉しくてジャンキーなメニューをリリースすることがあるのですが、新たに2枚のフライドチキンでワッフルをサンドした「Waffle Double Down」を発表しています。

続きを読む…

「現代人は昔に比べて44%も多くカロリーをとっている」と長年信じられてきた料理科学者の「ウソ」が暴かれたいきさつとは?

「現代人は昔に比べて44%も多くカロリーをとっている」と長年信じられてきた料理科学者の「ウソ」が暴かれたいきさつとは?

「アメリカの食事は昔に比べて1食あたりのカロリーが増えている」ということを、1936年から発行され続けているレシピ集を題材に主張した研究が2009年に発表されました。この研究は「アメリカの食生活の貧しさ」や「肥満の広まりの背景」という文脈で用いられることが多くあったのですが、近年になって研究方法に問題があったということが暴露されています。

続きを読む…

クッキーを食べた少女2人が死亡したアフリカで横行する「食品偽装」の実態とは?

クッキーを食べた少女2人が死亡したアフリカで横行する「食品偽装」の実態とは?

2018年2月にナイジェリアの首都・アブジャに住む14歳の少女2人が、学校でクラスメイトの誕生日を祝っている最中に汚染されたクッキーを食べて死亡しました。他のクラスメイトたちの中には入院中の生徒もおり、生徒たちの両親が起こした脅迫やパニックによって、学校は一時閉鎖する事態になったのですが、原因が究明され企業の責任が問われることはありませんでした。このような事態の背後には世界的に広まる食品偽装があります。その中でも特に危険視されるアフリカの食品偽装の実態を、質のいい食料品の流通を目的とした「AACE Foods」や農業を支援する「Sahel Capital」を創設した一人である社会起業家のNdidi Nwuneli氏が語っています。

続きを読む…

マクドナルドが冷凍でなく新鮮な肉から作ったハンバーガーを販売へ

マクドナルドが冷凍でなく新鮮な肉から作ったハンバーガーを販売へ

アメリカのマクドナルドが一部メニューのハンバーガーのパティを、調理済みの冷凍品を使うのではなく生肉をお店で調理する形で提供することを発表しました。

続きを読む…

「運動すること」よりも「お酒を飲むこと」の方が健康との関連性が高いと90歳以上を対象とした研究で示される

「運動すること」よりも「お酒を飲むこと」の方が健康との関連性が高いと90歳以上を対象とした研究で示される

90歳以上を対象とした研究の中では世界最大規模の研究プロジェクト「The 90+」の中で、90歳以上の人においては「運動の多さ」よりも「飲酒すること」の方が早期の死亡率減少と関連性があると示されました。

続きを読む…

諸説ある中で結局「コーヒーは健康にとって良いもの」なのか?

諸説ある中で結局「コーヒーは健康にとって良いもの」なのか?

多くの人が愛飲するコーヒーをめぐっては、健康に良いとする見方と「カフェイン中毒」などで健康を害するという両方の見方が存在し、「体にいいの?悪いの?」という結論があまりよくわからない状況が存在します。そんなコーヒーにまつわるウワサの真偽の程を、アメリカで広く支持されている商品比較・性能評価メディアのコンシューマー・レポートが5つの点についてまとめています。

続きを読む…

マクドナルドが「チーズバーガーは子ども向けメニューから姿を消す予定」と発表

マクドナルドが「チーズバーガーは子ども向けメニューから姿を消す予定」と発表

1979年から今なおマクドナルドで提供されているハッピーミールは、日本では「ハッピーセット」という名前になっていますが、おもちゃ付きの子ども向けのセットです。マクドナルドはハッピーミールのメニュー表からチーズバーガーをなくすことを発表しました。

続きを読む…

食品の表示はどのようにして私たちを欺いているのか?

食品の表示はどのようにして私たちを欺いているのか?

加工食品に記載されているカロリーや栄養素などの情報は、アメリカでは1970年代初頭に初めて記載が義務づけられたもの。消費者の健康意識を高めるという意図で行われてきた情報表示ですが、近年ではこの情報表示を使って消費者を「あざむく」行為が行われています。

続きを読む…

栄養学者が「ピザはシリアルよりも朝食に向いている」と主張

栄養学者が「ピザはシリアルよりも朝食に向いている」と主張

アメリカ国民にとってピザは「国民に親しまれている食べ物の1つ」という良いイメージと、材料にチーズと小麦がたっぷり含まれているために「あまり国民が食べ過ぎない方がよい食べ物の1つ」という悪いイメージの両方で定着しています。しかし、その良くないイメージへの疑問を投げかける主張がされました。それは、アメリカで健康な朝食として浸透しているシリアルと比べるとピザはシリアルよりも朝食に向いていて「健康的ではないか?」という内容で、これをきっかけにピザとシリアル両食品を「どちらが朝食として健康的でふさわしいか」と比べる論争が話題になっています。

続きを読む…

「ドクターペッパー」とコーヒーメーカーで知られるキューリグが経営統合、売上は約1兆2000億円規模に

「ドクターペッパー」とコーヒーメーカーで知られるキューリグが経営統合、売上は約1兆2000億円規模に

コカ・コーラやペプシコーラとはちょっと異なる炭酸飲料「ドクターペッパー」で知られるドクターペッパー・スナップルと、コーヒーメーカーで知られるキューリグ・グリーン・マウンテンが経営統合することになりました。2社の売り上げを合わせると、およそ110億ドル(約1兆2000億円)になるとのこと。

続きを読む…

なぜストレスはあなたを太らせるのか?

なぜストレスはあなたを太らせるのか?

「ドーナツが食べたい」「ラーメンが食べたい」「牛丼……」など、「炭水化物を食べたい」という抵抗しがたい欲求に突き動かされたことがある人も多いはず。太ってしまう原因の1つとして「ストレス」が挙げられるのは周知の事実ですが、一体どういう仕組みなのか?ということで、BBCの番組で医師による人体実験が行われました。

続きを読む…