16 10月 11

香里奈が出ているニッセンのCM曲が前から気になっていて、やっと誰が歌っているのか分かったから動画と一緒にウィキペディアの情報も合わせて載せます。

ニッセンのCM曲を歌っているのが、「Kylee(カイリー)」という現17歳の高校生だそうです。

誕生日は、1994年5月25日(17歳)なので、かなり若くて驚きました!

出身は、アメリカ・アリゾナ州出身です。アメリカ人の父と滋賀県出身の日本人の母の間に生まれました。
ということは、もろ逆輸入の日本人歌手ということになるのでしょうね。

■経歴
・1994年、アメリカ人の父と滋賀県出身の日本人の母の間に生まれ、幼い頃から洋楽とJ-POPに隔てなく触れて育つ。

・2005年、11歳の若さで米プロバスケットボールリーグNBAのポートランド・トレイルブレイザーズの試合でオープニングの国歌斉唱を行う[1]。

・2008年12月、アニメーション製作会社・BONESのアニメ『亡念のザムド』のエンディングテーマ「VACANCY」でデビュー[1][2]。

・2009年、NBAやMLBでの国歌斉唱に加え、8月には史上最年少の15歳でサマーソニックのステージにてパフォーマンスを行う。
     ハイスクールでは、学内で一握りのhonor student(学業優秀学生)に選ばれるほどの優秀な成績をおさめている。
     1stミニアルバム「Love Kicks…」の発売を期に初のミニツアーを敢行。

・2009年7月、『亡念のザムド』製作チームとタッグを組み、収録曲すべてが「亡念のザムド」のテーマ曲であるミニアルバム「Kylee meets 亡念のザムド」を発売。
     同アルバムは新人としては異例の期間限定生産された。また、11月にはストリート誌「Ollie」創刊10周年を記念して行われたイベント
     『MADOllie 09 in 新木場STUDIO COAST』に出演した。

・2010年3月、堀北真希主演の映画『誰かが私にキスをした』の主題歌「キミがいるから」でメジャーデビュー。
     また、主人公たちの通うインターナショナルスクールの生徒役で映画にも出演している。
     日本語よりも英語で喋る方が楽だが、日本語は日常会話に困らない程度なら喋れる。
     また、テレビ番組において、「アリゾナ出身だが、母は滋賀県出身、父は大阪に滞在していたので、家族は皆関西弁で話す」という旨の発言をした。
     来日のたびに母親の故郷である滋賀県を訪れ、第二の故郷ともいえる。中学生時代に滋賀の中学に体験入学もしたことがある。

Wikipediaより


Filed under: 気になるアーティスト,気になる・・・ - Trackback Uri