世界の終わりが到来して文明が失われた時に生き残るサバイバル術で最も重要なこととは?

日本だと30代以上の人を1度は恐怖に陥れた「ノストラダムスの大予言」があったように、欧米では主に宗教の教えに基づく「終末の日」が取り沙汰されることがあります。近いところで言うと2017年9月23日には惑星Xが衝突して地球が滅亡するという説が話題になっていましたが、特に大きな波乱もなく世界は10月に突入済み。しかし、このような「審判の日」に備える人が欧米には多く、事前にさまざまな準備をするPreppers(プレッパーズ)と呼ばれる人々がいます。AI(人工知能)が人類を脅かす日が来るかもしれないと危惧される中、窮地に追いやられた場合にどのようにして生き残るべきかがムービー「How To Survive The Apocalypse – Scientific Survival Tips」で説明されています。

続きを読む…

あわせて読みたい