渡り鳥のように大規模移動をするチョウ「オオカバマダラ」の数が急速に減少中

主に北アメリカ大陸から南アメリカ大陸にかけて生息するチョウの1種「オオカバマダラ」は、1年のうちに南北3500キロに渡って大規模な「渡り」を行うことが知られています。しかし、近年オオカバマダラの生息数が急速に減少していると報じられています。

続きを読む…

あわせて読みたい