「燃える氷」ことメタンハイドレートが形成される新たな仕組みが発見される

白い氷のような外観を持ち、火を近づけると着火して燃焼する「燃える氷」ことメタンハイドレートは、低温で高圧な海中で堆積物に固着した状態で眠っています。いったいどのようにしてメタンハイドレートが形成されるのかについては謎の部分が残されていましたが、最新の研究からその詳細な姿が明らかになってきています。

続きを読む…

あわせて読みたい