作成者:

トランプ大統領、Twitterアカウント一時停止に不満示す–問題の所在は?

トランプ大統領、Twitterアカウント一時停止に不満示す–問題の所在は?

トランプ大統領の個人的なTwitterアカウントが米国時間11月2日、11分間利用できない状態になっていたことを受け、大統領は不満をあらわにした。

ソフトバンク傘下Sprint、T-Mobileとの合併断念–交渉終了を発表

ソフトバンク傘下Sprint、T-Mobileとの合併断念–交渉終了を発表

SprintとT-Mobileが合併を断念した。両社は米国時間11月4日、「互いに合意できる条件を見つけられなかった」との声明を出した。

使って分かった「iPhone X」(前編)–「Face ID」は変装を見破れる?

使って分かった「iPhone X」(前編)–「Face ID」は変装を見破れる?

「iPhone X」が11月3日、ついに発売される。本記事ではiPhone Xをひと足早く使用した米CNET記者のレビューをお届けする。前半は「Face ID」の使い勝手とテスト結果、特徴的なディスプレイの感想を取り上げる。

クックCEO、ロシア疑惑や偽ニュース問題について語る

クックCEO、ロシア疑惑や偽ニュース問題について語る

アップルは「iPhone X」発売に向けて準備を進めている。それでもクックCEOはインタビューで、この話題から外れて政治問題を真剣に語ることを厭わなかった。

クックCEO、ロシア疑惑や偽ニュース問題について語る

クックCEO、ロシア疑惑や偽ニュース問題について語る

アップルは「iPhone X」発売に向けて準備を進めている。それでもクックCEOはインタビューで、この話題から外れて政治問題を真剣に語ることを厭わなかった。

クアルコム決算、アップルとの訴訟が響くも予想上回る

クアルコム決算、アップルとの訴訟が響くも予想上回る

クアルコムの第4四半期決算は、全体ではアナリスト予想を上回ったが、ライセンス事業はアップルなどとの間で進行中の訴訟の影響を受け、減収減益となった。

クアルコム決算、アップルとの訴訟が響くも予想上回る

クアルコム決算、アップルとの訴訟が響くも予想上回る

クアルコムの第4四半期決算は、全体ではアナリスト予想を上回ったが、ライセンス事業はアップルなどとの間で進行中の訴訟の影響を受け、減収減益となった。

グーグル、AR/VR向け3Dオブジェクトのライブラリ「Poly」を公開

グーグル、AR/VR向け3Dオブジェクトのライブラリ「Poly」を公開

グーグルが3Dオブジェクトのライブラリ「Poly」を公開した。主に拡張現実(AR)や仮想現実(VR)の開発者向けで、すでに数千種類のオブジェクトが掲載されている。

グーグル、AR/VR向け3Dオブジェクトのライブラリ「Poly」を公開

グーグル、AR/VR向け3Dオブジェクトのライブラリ「Poly」を公開

グーグルが3Dオブジェクトのライブラリ「Poly」を公開した。主に拡張現実(AR)や仮想現実(VR)の開発者向けで、すでに数千種類のオブジェクトが掲載されている。

Razer、同社初のスマホ「Razer Phone」発表–120Hz駆動ディスプレイ搭載

Razer、同社初のスマホ「Razer Phone」発表–120Hz駆動ディスプレイ搭載

Razerは同社初となるスマートフォン「Razer Phone」を発表した。ゲーマー用デバイスをうたうハイエンドな製品となっている。

Razer、同社初のスマホ「Razer Phone」発表–120Hz駆動ディスプレイ搭載

Razer、同社初のスマホ「Razer Phone」発表–120Hz駆動ディスプレイ搭載

Razerは同社初となるスマートフォン「Razer Phone」を発表した。ゲーマー用デバイスをうたうハイエンドな製品となっている。

MS、「HoloLens」を欧州29カ国でも発売へ–計39カ国で購入可能に

MS、「HoloLens」を欧州29カ国でも発売へ–計39カ国で購入可能に

マイクロソフトが複合現実ヘッドセット「HoloLens」を新たに欧州の29カ国で発売することになった。

米議会がFacebook、Twitter、グーグルを厳しく追及–ロシア疑惑めぐる公聴会2日目

米議会がFacebook、Twitter、グーグルを厳しく追及–ロシア疑惑めぐる公聴会2日目

Facebook、グーグル、そしてTwitterが出席する米議会の公聴会2日目で、大統領選に影響を与えたとされる偽ニュースの問題とロシアによる偽情報の拡散活動について、対処する準備が整っていると主張した。

グーグルのAIスタートアップ支援プログラム、最初の4社は医療系

グーグルのAIスタートアップ支援プログラム、最初の4社は医療系

「AIファースト」の企業になったグーグルが「Launchpad Studio」に本格的に取り組み始めた。