Warning: Declaration of KtaiService_Other::in_network($allow_search_engine = false) should be compatible with KtaiServices::in_network($networks = NULL, $allow_search_engine = false) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php on line 2459

Warning: Use of undefined constant NICHEPATCH_CHECKTIMESTAMP_HOUR_DEFAULT - assumed 'NICHEPATCH_CHECKTIMESTAMP_HOUR_DEFAULT' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/niche-patch/patch.php on line 14

Warning: Use of undefined constant NICHEPATCH_MENUORDER_POST_COLUMN - assumed 'NICHEPATCH_MENUORDER_POST_COLUMN' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/niche-patch/patch.php on line 15

Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 44

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_search() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_where() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_fields() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Parameter 2 to SyndicationDataQueries::posts_request() expected to be a reference, value given in /home/webvisi-cre8/www/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/ktai-style/operators/base.php:2459) in /home/webvisi-cre8/www/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 3312
- Part 5

作成者:

マイクロソフト、顔認識技術を規制する2019年の立法を呼びかけ

マイクロソフト、顔認識技術を規制する2019年の立法を呼びかけ

マイクロソフトの幹部は、顔認識技術が独立機関によってテストされることなどを義務づける法律を、2019年に制定するよう訴えた。

レジなしストア「Amazon Go」、米国の空港に出店検討か

レジなしストア「Amazon Go」、米国の空港に出店検討か

フライトの前に食べ物を買い込みたい場合に、空港で「Amazon Go」の店舗が利用できるようになるかもしれない。

アップル、アーティスト支援プラットフォームのPlatoonを買収か

アップル、アーティスト支援プラットフォームのPlatoonを買収か

アップルが、ロンドンを拠点とするクリエイティブサービス企業Platoonを買収したという。

Uber、IPO申請書類を提出か–Lyftに続き

Uber、IPO申請書類を提出か–Lyftに続き

Uberが、新規株式公開(IPO)に向けた書類を非公開で提出したという。The Wall Street Journal(WSJ)が報じた。

グーグル「Pixel Slate」を使ってみて–長所と短所、「iPad Pro」との比較など

グーグル「Pixel Slate」を使ってみて–長所と短所、「iPad Pro」との比較など

「Pixel Slate」は、別売の脱着式キーボードも使えるグーグルの新型タブレットだ。その長所と短所、特徴などについて、「iPad Pro」との比較を交えながら解説する。

レゴのセットをARで遊べる「LEGO AR Playgrounds」アプリが登場

レゴのセットをARで遊べる「LEGO AR Playgrounds」アプリが登場

LEGOセットと連携して、現実の世界と重なるARのゲームプレイを追加できるアプリ「LEGO AR Playgrounds」がリリースされた。

「Windows Lite」とは何か–謎の実態とマイクロソフトの狙いを考察

「Windows Lite」とは何か–謎の実態とマイクロソフトの狙いを考察

「Windows Core OS」(別名「WCOS」)については、さまざまなリーク情報が報じられているが、マイクロソフトから公式な説明は一切ない。うわさされているWCOS「Lite」について、情報筋の話や報道を基に、その実態と同社の狙いを探る。

豪議会、FacebookなどIT企業に暗号通信の解読支援を義務付ける法案を可決

豪議会、FacebookなどIT企業に暗号通信の解読支援を義務付ける法案を可決

オーストラリアの議会は、世界でも特に厳しい反暗号化法案を可決した。Facebookなどのテクノロジ大手に、テロリズムや組織犯罪に関わるメッセージの解読支援を義務付ける法案だ。

Windows 10のバージョン1809向け累積アップデートが公開–ドライブ関連の問題などを解決

Windows 10のバージョン1809向け累積アップデートが公開–ドライブ関連の問題などを解決

マイクロソフトは米国時間12月5日、「Windows 10 October 2018 Update」(バージョン1809)向けの累積アップデート「KB4469342」を公開した。なお、同社はこれに先だって4つのプレビュー版を公開していた。

クアルコム、7nmプロセスのPC向け「Snapdragon 8cx」を発表

クアルコム、7nmプロセスのPC向け「Snapdragon 8cx」を発表

クアルコムは、「Snapdragon 8cx Compute Platform」を発表した。同社のPC向けプロセッサとしは、7ナノメートル(nm)プロセスを用いて製造される初めての製品だ。

「売れなかった事実」が財産–キングジム宮本社長のユニーク製品の生み出し方

「売れなかった事実」が財産–キングジム宮本社長のユニーク製品の生み出し方

キングジムは続々とユニークな商品を世に送り出している。なぜ新しい製品を生み出し続けられるのか、代表取締役社長の宮本彰氏にうかがった。

アマゾン「Alexa」、難問への答えをクラウドソーシングで募集

アマゾン「Alexa」、難問への答えをクラウドソーシングで募集

アマゾンは米国時間12月6日より、電子メールで招待する一部のユーザーに対し、「Alexa」が答えられなかった難問への回答を募集する。

「Apple Watch Series 4」の心電図機能、米国で追加

「Apple Watch Series 4」の心電図機能、米国で追加

アップルは米国時間12月6日、「Apple Watch」のソフトウェアアップデート「watchOS 5.1.2」をリリースした。

Lyft、IPO申請書ドラフトを米証取委に提出

Lyft、IPO申請書ドラフトを米証取委に提出

Lyftは、新規株式公開(IPO)の登録申請書のドラフトを非公開で米証券取引委員会(SEC)に提出したことを明らかにした。

ソフトバンクなど日英の通信障害、「原因はソフトウェア証明書の期限切れ」–エリクソンが認める

ソフトバンクなど日英の通信障害、「原因はソフトウェア証明書の期限切れ」–エリクソンが認める

英国のO2と日本のソフトバンクのモバイルサービスで通信障害が発生したことについて、エリクソンは期限切れの証明書が原因だったことを明かした。