作成者: GIGAZINE

モンスターと少女が仲良く「モンスターズ・インク」でねんどろいど化

モンスターと少女が仲良く「モンスターズ・インク」でねんどろいど化

モンスターの世界で働く毛むくじゃらの青いモンスター「サリー」とその相棒・緑色の体に大きなひとつ目のモンスター「マイク」が、モンスターの世界に迷い込んだ少女「ブー」と出会う、ディズニーとピクサー製作の名作3DCG映画「モンスターズ・インク」。そんなモンスターズ・インクがねんどろいどになって立体化したものが、ワンダーフェスティバル 2018[冬]で展示されました。

続きを読む…

「犬神家の一族」で有名なあの「スケキヨ」もできる「犬神佐清」が立体フル可動のfigma化

「犬神家の一族」で有名なあの「スケキヨ」もできる「犬神佐清」が立体フル可動のfigma化

「初冬の半ば凍りついた那須湖に頭から突っ込んだ死体」のことを通称「スケキヨ」と呼んでいますが、その元になった1976年版「犬神家の一族」の「犬神佐清」がまさかのfigma化してしまいました。

続きを読む…

将棋への勇気+子どもらしい無邪気さを合わせ持つ「りゅうおうのおしごと」の「雛鶴あい」立体化、とてもあいらしい完成度

将棋への勇気+子どもらしい無邪気さを合わせ持つ「りゅうおうのおしごと」の「雛鶴あい」立体化、とてもあいらしい完成度

将棋に対する熱い思いが強く描かれた「りゅうおうのおしごと」のヒロイン、小学生棋士の「雛鶴あい」ちゃんの立体化がワンダーフェスティバル 2018[冬]で展示されました。子どもの無邪気さと熱い勇気がほとばしる、あいらしい立体の数々です。

続きを読む…

【コスプレまとめ】女子小学生棋士からイケメン海賊まで、ゆるいキャンプも広がるカオスめいたワンフェス2018[冬]のコスプレイヤーたち

【コスプレまとめ】女子小学生棋士からイケメン海賊まで、ゆるいキャンプも広がるカオスめいたワンフェス2018[冬]のコスプレイヤーたち

国内最大の造形・立体物のイベントのワンダーフェスティバルには、毎回全国から気合い入れまくりなコスプレイヤーが集まります。最高気温が10度を下回り、風も強い一日でしたが、2018年冬のワンフェスも、何か月もかけて作り上げた衣装に身を包むコスプレイヤーの熱意が幕張メッセで渦巻いていました。半日かけて見かけたコスプレイヤーの様子をまとめてみました。

続きを読む…

世界で唯一「時計をデザインする」大学で生まれる独創性の高い次世代の時計とは?

世界で唯一「時計をデザインする」大学で生まれる独創性の高い次世代の時計とは?

スイスのジュネーヴ造形芸術大学では世界で唯一の時計製作のコースがあり、学生の数はそれほど多くないものの、そのコースには学士号と修士号のプログラムが用意されています。そこでは、学生の自由な発想を元に新しい複雑機構が生み出されているとのことです。

続きを読む…

エロマンガ先生より「山田エルフ」がスカートをたくし上げるポーズで立体化して登場

エロマンガ先生より「山田エルフ」がスカートをたくし上げるポーズで立体化して登場

ワンフェス2018[冬]のキューズQブースには2017年4月からアニメ放送が行われた「エロマンガ先生」のコーナーがありました。

続きを読む…

足のない幽霊画のもとになったと言われる「円山応挙作 幽霊図」を立体化するとこうなる

足のない幽霊画のもとになったと言われる「円山応挙作 幽霊図」を立体化するとこうなる

「幽霊図(お雪の幻)」とは海外では「The Ghost of Oyuki」という名で知られており、江戸時代中期を代表する絵師・円山応挙の描いた幽霊画となっています。

続きを読む…

「宝石の国」のフォスとダイヤのかわいらしいフィギュア&まさかの金剛先生も

「宝石の国」のフォスとダイヤのかわいらしいフィギュア&まさかの金剛先生も

市川春子原作の漫画・アニメ「宝石の国」のキャラクターであるフォスフォフィライト(フォス)とダイヤモンド(ダイヤ)のフィギュアが、ワンダーフェスティバル 2018[冬]に登場しました。

続きを読む…

親指より小さいハサミやミニサイズでもちゃんと動くベンチバイスなど極小金属製ミニチュア道具いろいろ

親指より小さいハサミやミニサイズでもちゃんと動くベンチバイスなど極小金属製ミニチュア道具いろいろ

ワンダーフェスティバル 2018[冬]の一般ブース卓番6-15-02「HINOKO」では、ずらりとハサミや金づちなど極小の金属製道具が並べられていました。ちゃんと本物と同じように金属を使っており、極小サイズながら、以下のようにして実際に動かすことができるというのが最大のポイント。

続きを読む…

1998年と2015年の新旧トヨタ・カローラを衝突させると壊れ方がこんなに違う

1998年と2015年の新旧トヨタ・カローラを衝突させると壊れ方がこんなに違う

普通に乗っていると便利な乗用車も、ひとたび事故が起こると悲惨な被害を引き起こしてしまうこともあります。安全規制が高められたことで自動車の安全性は飛躍的に向上を続けてきたのですが、生産時期がおよそ20年違う2台のトヨタ・カローラを衝突させるとその安全性能には大きな差があることがよくわかります。

続きを読む…

ポーランドのアート過ぎる映画「ゴジラ」のポスターを立体化するとこうなる

ポーランドのアート過ぎる映画「ゴジラ」のポスターを立体化するとこうなる

1954年に公開された映画「ゴジラ」は、その後60年以上にわたって新作が作り続けられる大ヒットシリーズの記念すべき第1作目であり、日本の怪獣映画の元祖とも言える作品です。そんな映画「ゴジラ」は世界中で放映されており、東欧のポーランドでも上映されたのですが、当時使用されたポスターがかなり独特でアーティスティック過ぎるということで話題になっています。

続きを読む…

中国が世界経済を支配することはできない理由とは?

中国が世界経済を支配することはできない理由とは?

世界第2位の経済大国になった中国は、2032年にアメリカを抜いて世界一になるという予想が出されるなど、中国が世界経済を支配するのではないかという警戒感がアメリカで出てきています。しかし、2009年以来中国に滞在し、北京大学で教鞭をとるクリストファー・バルディング教授は、「中国は世界を支配することはできない」という見解を明らかにしています。その原因は、中国固有の事情の存在という構造的な問題だとのこと。

続きを読む…

「――見つけたよ、ボクのダーリン」と言いそうなダーリン・イン・ザ・フランキスの妖艶な美少女「ゼロツー」&主役ロボ「ストレリチア」立体化

「――見つけたよ、ボクのダーリン」と言いそうなダーリン・イン・ザ・フランキスの妖艶な美少女「ゼロツー」&主役ロボ「ストレリチア」立体化

2018年1月に放送開始したオリジナルアニメ「ダーリン・イン・ザ・フランキス」のヒロイン・ゼロツーと、彼女と主人公が乗り込むロボット兵器「ストレリチア」が早くも立体になりワンダーフェスティバル 2018[冬]に登場しました。

続きを読む…

かわいさMAXなおねだりポーズで見る者すべてを虜にした艦これ「鹿島」等身大フィギュア

かわいさMAXなおねだりポーズで見る者すべてを虜にした艦これ「鹿島」等身大フィギュア

ワンダーフェスティバル 2018[冬]の会場に、艦隊育成シミュレーションゲーム「艦隊これくしょん-艦これ-」の人気キャラクター鹿島の等身大フィギュアが登場しました。

続きを読む…

空前絶後の悪魔力を発揮している「デビルマン」のフィギュアいろいろ

空前絶後の悪魔力を発揮している「デビルマン」のフィギュアいろいろ

永井豪の漫画「デビルマン」の最終ページまでをアニメ化することを目指して作られた湯浅政明監督によるアニメ「DEVILMAN crybaby」がNetflixで配信中です。その「DEVILMAN crybay」のデビルデザインを担当した押山清高氏によるイメージビジュアルを完全に立体化したスタチューが登場しています。

続きを読む…