作成者: GIGAZINE

殺人犯が「マトリックスの世界で起こった」ことを主張し無罪になるケースが存在する

殺人犯が「マトリックスの世界で起こった」ことを主張し無罪になるケースが存在する

自分の人生はリアリティーショーの一部であり、自分自身の行動はカメラに監視されて人々の見世物になっているという妄想を抱く精神疾患を、1998年に公開された映画「トゥルーマン・ショー」から取って「トゥルーマン症候群」と呼びます。このように現実と虚構の見分けがつかなくなっている人々は実際に報告されており、2000年代から「自分が犯罪を犯したのは仮想現実での出来事である」とする主張「マトリックス・ディフェンス」を行い無罪になった殺人犯が実際に存在します。

続きを読む…

将来アルツハイマー病にかかる人を脳のMRIスキャン画像から機械学習アルゴリズムで判別可能に

将来アルツハイマー病にかかる人を脳のMRIスキャン画像から機械学習アルゴリズムで判別可能に

機械学習を使った画像解析技術を用いて将来、アルツハイマー病にかかるリスクの高い人を見抜くことができるアルゴリズムの開発にイタリアの科学者が成功しました。この手法による診断は、非侵襲的かつ安価に出来る上に、他の脳疾患への活用も期待されています。

続きを読む…

Googleドライブの各種データを自動処理できる「GAS」で作業自動化の第一歩を踏み出してみた

Googleドライブの各種データを自動処理できる「GAS」で作業自動化の第一歩を踏み出してみた

Googleが提供するスクリプト実行環境「Google Apps Script」(以下GAS)を使うと、簡単にJavaScriptを実行することができます。Google ドキュメントやGmailなどのGoogle提供の各種アプリを簡単に操作することができるとのことで、今回は試しにGoogle スプレッドシートを操作してみました。

続きを読む…

ロボットと人間が共に音楽の高みに達するNigel StanfordのPV「AUTOMATICA 4k」

ロボットと人間が共に音楽の高みに達するNigel StanfordのPV「AUTOMATICA 4k」

プログラムされたとおり動くロボットが楽器を演奏し、人間とプレイするうちに自我を得たかのように行動し始め、最後には共に絶頂に達する……ニューヨークで活動するアンビエント・ダブ/トランス/ブレイクビーツのクリエーター、ナイジェル・スタンフォードが発表したPV「AUTOMATICA 4k」は、そんなロボットと人間のインタラクションを描いた作品に仕上がっています。

続きを読む…

安納芋アイスの上に蜜漬けの紅はるかびっしりでさつまいもづくしなミニストップ「贅沢なお芋アイス」試食レビュー

安納芋アイスの上に蜜漬けの紅はるかびっしりでさつまいもづくしなミニストップ「贅沢なお芋アイス」試食レビュー

秋のスイーツとして人気の「安納芋」と「紅はるか」の2種類のさつまいもをこれでもかと使用したアイスバー「贅沢なお芋アイス」が2017年9月19日(火)からミニストップに登場しています。安納芋のペーストを練り込んだアイスクリームの上に、蜜漬けにした紅はるかのダイスカットを立体的にこんもり盛ったデザートになっているとのことなので、実際に購入して食べてみました。

続きを読む…

「もしも人がアリの探索能力を手に入れたら?」を物理エンジンを使って検証するムービーが面白い

「もしも人がアリの探索能力を手に入れたら?」を物理エンジンを使って検証するムービーが面白い

「蟻コロニー最適化」という蟻(アリ)がコロニー(群れ)から食べ物までの経路を見つける際の挙動を再現するアルゴリズムを用い、「もしも人がアリの探索能力を手に入れたら?」を物理エンジンで検証したムービーが公開されています。両手と両足を地面についてアリのように歩くシュールな見た目の人間が、アリの探索能力の高さを一発でわかるようにさまざまなチャレンジに挑むムービーとなっており、一見の価値ありです。

続きを読む…

W3CがEMEを勧告・標準化も反対意見の封殺があったとEFFがW3Cを脱退する事態へ

W3CがEMEを勧告・標準化も反対意見の封殺があったとEFFがW3Cを脱退する事態へ

2017年9月18日にWorld Wide Web Consortium(W3C)がウェブでのムービーコンテンツ再生の著作権保護を実現するAPI「Encrypted Media Extensions(EME)」を勧告し標準化することを正式に決定しました。EMEの導入にあたっては反対意見があり議論が紛糾していましたが、EMEに正式なゴーサインが出たことになります。しかし、EME導入に反対していた電子フロンティア財団(EFF)は、オープンな議論がされていないと痛烈に批判して、W3Cから脱退しました。

続きを読む…

なぜ睡眠不足でも「うつ」になりにくい人がいるのか?

なぜ睡眠不足でも「うつ」になりにくい人がいるのか?

睡眠とうつ病の間には関連性があると過去に行われた研究で報告されていますが、たとえ睡眠不足の状態であってもうつ症状が出にくい人が存在するのも事実。では、なぜ同じ睡眠不足の状態であってもうつ症状が出やすい人と出にくい人がいるのか?ということが、約1100人の脳をスキャンした研究によって示されました。

続きを読む…

2017年9月19日のヘッドラインニュース

2017年9月19日のヘッドラインニュース

エイサーがSwitch 3シリーズとして12型2in1PC「SW312-31-A14Q」を2017年9月21日(木)から新発売することを発表しました。

続きを読む…

「モンスターハンター:ワールド」の発売日は1月26日に決定、パッケージモンスターも公開

「モンスターハンター:ワールド」の発売日は1月26日に決定、パッケージモンスターも公開

ついにPS4で登場するモンスターハンターシリーズ最新作「モンスターハンター:ワールド」の発売日が決定しました。狩猟解禁日は2018年1月26日(金)で、パッケージ版が税別8980円、ダウンロード版が税別8315円です。

続きを読む…

PlayStation VRが国内でも値下げ、カメラ同梱版が4万4980円に

PlayStation VRが国内でも値下げ、カメラ同梱版が4万4980円に

2017年9月19日に開催された「2017 PlayStation Press Conference in Japan」の中で、日本国内でもPlayStation VR(PS VR)が値下げすることが発表されました。2017年10月14日(土)から「PlayStation VR PlayStation Camera同梱版」が税別4万4980円となります。

続きを読む…

【リアルタイム更新中】PS4の新作タイトルやPSVRの値下げが発表される?「2017 PlayStation Press Conference in Japan」開催中

【リアルタイム更新中】PS4の新作タイトルやPSVRの値下げが発表される?「2017 PlayStation Press Conference in Japan」開催中

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIEJA)が、日本国内のプレイステーションビジネスにおける販売戦略を発表する「2017 PlayStation Press Conference in Japan」を2017年9月19日16時からスタートします。新作ゲームタイトルの発表や発表済みタイトルの続報、さらにはPlayStation VRが北米で値下げされたことを受けて日本でも値下げされるのではなどともウワサされているので、今回もGIGAZINEで発表会の内容をリアルタイム更新します。なお、記事を更新する度にGIGAZINE公式のTwitter・Facebook・Google+アカウントにて通知を行うので、フォローしておくと最新状況がいち早くわかってオトクです。

続きを読む…

CCleanerの公式ファイルが改ざんされマルウェア入りの状態でダウンロード配布される

CCleanerの公式ファイルが改ざんされマルウェア入りの状態でダウンロード配布される

PC内の不要なレジストリ項目や一時ファイルなどのデータを削除できるシステムクリーナーソフトの「CCleaner」が、マルウェア入りの実行ファイルを正規のダウンロードサーバーで配布していたことが明らかになりました。CCleanerの開発元のPiriformは、直近1カ月にCCleanerをダウンロード・インストールしたユーザーは、速やかに最新版に更新するよう求めています。

続きを読む…

制御不能状態の中国の宇宙ステーション「天宮1号」は2018年1月前後に「地球のどこか」に落ちると予測

制御不能状態の中国の宇宙ステーション「天宮1号」は2018年1月前後に「地球のどこか」に落ちると予測

中国が運用してきた宇宙ステーション試験機「天宮1号」が、2018年1月の前後1カ月の範囲内に地球の大気圏に突入するという最新の予測が発表されました。天宮1号は2016年に中国政府によって「制御不能」が公表されて以来、徐々に高度を落としてきており、その最終落下地点はまだ「予測できない」という状況です。

続きを読む…

ホームボタンのないiPhone Xではどうやってスクリーンショットを撮影するのか?

ホームボタンのないiPhone Xではどうやってスクリーンショットを撮影するのか?

2017年9月13日(水)に行われたAppleのイベントで発表された新型のプレミアムiPhone「iPhone X」は顔認証機能・全面スクリーンなど、既存のiPhoneとは大きく異なる特徴を備えています。これまで、iPhoneで画面のスクリーンショットを取るには「電源ボタン」「ホームボタン」を同時に押す必要がありましたが、ホームボタンが端末の前面から消えたiPhone Xでは別の方法がとられているようです。

続きを読む…